DAWN OVER THE CLOVER FIELD

炎上供養の国上寺で物議を醸している本堂壁画「偉人空想絵図」

「久しぶりにお参りして来ようか。」と私が話しを持ちかけると、「本堂に問題になっている日本画があるから、ついでに見て来よう。」と言う旦那。 おぉ、確かに…。これは賛否両論ありそうだ。 話の舞台は越後最古の古刹「国上寺」 国上寺境内の様子 元明天皇和銅2年(709年)の頃、越後一の宮弥彦大神の託宣により建立されたのがはじまりとつたわる「国上寺(こくじょうじ)」。燕市内の国上山(くがみやま)中腹...

有明山将軍塚古墳と科野のムラ ~森将軍塚古墳周辺地にて~

先に訪れた、長野県下最大級の前方後円墳「森将軍塚古墳」一帯は歴史公園となり、その麓には出土品などが展示されている「森将軍塚古墳館」や、古墳時代中頃の「ムラ」が復元されています。 また、森将軍塚古墳が築かれている丘陵を数百m上ったところ(写真右の山中)には、また別の前方後円墳「有明山将軍塚古墳」があり、森将軍塚古墳と同じく「埴科古墳群」のひとつであるので、そちらも合わせて見学してきました。 ...

歴史も山歩きも両方たのしめる千曲市の史跡「森将軍塚古墳」を訪ねました

そこに「山」があるから登りたくなる。そこに「歴史」があるから訪ねたくなる。 この日、あんずを購入するために訪れた「あんずの里物産館」の駐車場目の前に見つけてしまい、これは歴史に呼ばれているに違いない(笑)と、あんず旅の締め括りに、史跡「埴科古墳群」の一つである「森将軍塚古墳」に立ち寄ってみました。 善光寺平(長野盆地)には「将軍塚」と呼ばれる古墳が11基ほどあるそうです。約1,600年前に築かれ...

東北のパワースポット「羽黒山」人生二度目の東の奥参り体験記

今年のGW「こどもの日」は、かねがね再訪したいと思っていた羽黒山へ行ってきました。 前回訪ねたのは、旦那の大学時代の友人たちと年に一度開催される大人旅行の時。当時一歳の誕生日を迎えて間もない長女を連れて行った年だったので、彼是29年近くも前ということにあります。...

名胡桃城址

週末になるとお天気崩れる我が県を脱出し、オフ会に向かう度に目の前を素通りばかりで、いつか見学してみたいと思っていた念願の城跡にようやくお邪魔してきました。名胡桃城址はNHK大河「真田丸」の放映に伴い、平成27年(2015年)に土塁などの一部を復元する保存整備工事が行われています。現在も真田家イラスト入り幟旗などが見られ、時折あられの舞う寒い中、良く整備された史跡公園の主要部を見学してきました。...

雁子浜にある人魚塚伝説の碑と人魚の家

車を停めるスペースもあって広い砂浜を持つ海岸なので、上越まで行った帰りに度々お邪魔し、Dawn太を解放する大潟区の「鵜の浜海水浴場」この日もポツポツと雨が落ちてきましたが、人が来ないという条件が増えるだけなので、かまわずに遊ばせました。...

戌年にちなみ忠犬タマ公に会ってきました!

この日の旅で、一番最初に立ち寄った早出川ダム早出川ダム久しぶりにお天気に恵まれた日曜日。紅葉には少し間に合いませんでしたが、開放的な景色を求め、山奥へと向かいました。早出川ダム阿賀野川水系早出川の上流に位置する早出川ダムは ...orion121sophia115.blog.fc2.comそこから早出川沿いに少し下った五泉市中川原集落に「忠犬タマ公のふるさと」の案内があり、犬飼いとても気になったので、タマ公に会ってから帰ることにし...

ジオパーク発祥の地へ

これ、何だ!...

国指定史跡 古津八幡山遺跡

「水と土の芸術祭」参加作品である ▲水の声 があるということで訪ねた新潟市新津美術館。 そのお隣には、旧石器時代から平安時代までの生きた歴史が学べるというガイダンス施設「弥生の丘展示館」があります。...

牛方宿 ~千国街道・塩の道③~

塩の道に現存する 唯一の牛方宿 ▲県宝 旧千國家住宅この沓掛の牛方宿(千國正幸家旧宅)は、江戸時代の千国街道(糸魚川街道・塩の道)沿いの輸送に携わった、牛方(うしかた)や歩荷(ぼっか)が寝泊まりした宿です。明治20年頃に新しく国道が開かれると、街道は次第に役目を終え、今では唯一、この建物だけが塩の道の貴重な証となっています。...

千国の庄史料館 ~千国街道・塩の道②~

前記事の千国番所と同じ敷地内には、かつての小谷村の暮らしぶりを知ることのできる史料館があります。...

千国番所 ~千国街道・塩の道~

糸魚川で、塩の道に関する勉強を少しはじめたこともあり、県境越えた小谷村にも関連施設が残されていることを知って気になっていたので、時間のあったこの日に立ち寄ってみました。 ▲復元された 千国番所...

津川城跡

【津川城】津川城は、別名を「狐戻城」「麒麟山城」ともいい、麒麟山(通称:城山)の阿賀野川と常浪川の合流部に半島状に突き出た山稜の先端部(標高140m地点)に築かれています。津川城の始まりは、建長4年(1252年)会津守護芦名氏が、一門の藤倉盛弘に会津領の西端防備のために築かせたと伝わります。藤倉盛弘の次の盛仁の代から金上姓を名乗り、芦名家の重臣として代々津川城主を勤めました。以来、代々金上氏の居城となった...

釜蓋遺跡

前記事の1枚目写真。。。商業施設 FURUSATTO の遠景は、こちらの施設前から撮りました!FURUSATTOが北陸新幹線の上越妙高駅西口より徒歩1分という立地なら、こちらはその西口から徒歩3分という、新幹線最寄り駅に一番近い場所にある史跡。なんでも、北陸新幹線の工事に伴って発見されたという話。。。北陸新幹線開業に合わせて史跡公園として整備が進められ、発掘された遺跡部分は釜蓋遺跡公園 として、出土品の一部を 釜蓋遺跡...

諏訪高島城址

この日は蓑輪町で赤そばを愛で、そして食し。。。その後の予定は未定だったので、午後からはブラブラと諏訪湖見物をして帰ろうか!という話になりました。諏訪湖にナビを入れて車を走らせていると、湖の手前でお城を発見!見事な天守閣も目に留まり、これは是非立ち寄らないと。。。と。【高島城】日本三大湖城のひとつ高島城は、天正18年(1590年)豊臣秀吉の家臣・日根野織部正高吉により、諏訪湖畔に築かれた城です。(文禄元...