DAWN OVER THE CLOVER FIELD

蒼柴神社周辺にて

戊辰戦争関連  0

悠久山 蒼柴神社        三代長岡藩主・牧野忠辰公を祀った蒼柴神社のある悠久山内には牧野家ゆかりの墓所ならびに戊辰戦争関連者を祀った場所などが点在しています。小林病翁の碑 三の鳥居潜ってすぐの場所には、「米百俵」でも有名な小林虎三郎の碑があります。病弱だったため、虎三郎は自らを病翁(へいおう)と号しました。佐久間象山(しょうざん)門下の二虎といわれ、吉田松陰とともに寄世の学識と大胆な行動力によっ...

READ MORE

長興寺にて

戊辰戦争関連  0

曹洞宗のお寺 普嶽山 長興寺にお邪魔しました。元和4年(1618年)牧野忠成公の越後長岡藩移封に伴い、上野国大胡藩の有鷲山長興寺が随行し、長岡城下稽古町に建立したお寺です。地名のとおり、以前この付近は武士が武道の稽古に励んだ場所だったそうです。長岡藩家老家の稲垣氏 、山本氏などの重臣諸家の代々の菩提寺であり、良寛の愛弟子・孝室貞心尼の生家、奥村家の菩提寺でもあります。先に訪れたお寺でも触れていますが、この...

READ MORE

柏崎招魂碑及び戊辰墓石群

戊辰戦争関連  0

柏崎ふるさと人物館の敷地内で見つけた北陸道(三国街道)の道標。左側に見える補強された1本は多面に渡り『左 奥州通 新潟 長岡道 右 東京 西京通』などと書かれ、かなり朽ちて読めない部分も。。。一方、右側に見える1本には嘉永四年秋八月の文字が刻まれていることから、幕末期の1851年に建てられた?『右 三国道 小千谷十日町道』と記されていました。街道筋にあたるこの地。。。標柱から道路を挟んで向いには柏崎小学校が...

READ MORE

妙行寺

戊辰戦争関連  0

----- Sunday, February 2, 2014 ----------先に訪れた「日本三大番神」のひとつ柏崎番神堂は、妙行寺の境外御堂ということで、そんなご縁から、日蓮宗・海岸山妙行寺にお邪魔しました。妙行寺は文永11年(1274年)3月の創立。宗祖である日蓮聖人が佐渡流罪を赦免され寺泊に着くべきところ、大嵐により番神岬に辿り着いたことにより、この地に法華堂を営み法修山妙行寺としたことに始まります。また、日蓮聖人の下宿先となった真...

READ MORE

三根山藩址

戊辰戦争関連  0

【米百俵のふるさと 越後・三根山藩】三根山藩は、長岡藩牧野家の創主・牧野忠成公が、寛永11年(1634年)に四男・定成公に6千石を分け与えたことに始まります。つまり、長岡藩の分家という立場でした。当時は6千石ではまだ大名ではなく、正式に大名になったのは第11代・忠泰公の時、文久3年(1863年) 江戸末期のことです。当時、忠泰公は江戸で幕府の職務にも携わっていましたが、慶應3年(1867年)の大政...

READ MORE

村上城と戊辰戦争

戊辰戦争関連  0

藤基(ふじもと)神社享保2年(1717年)創建という藤基神社です。ここには村上の鮭産業に貢献した、青砥武平治に関する石碑が建てられているというので出掛けてみましたが、戊辰戦争に関する石碑もありましたので、記事を分けてみました。  藤基神社社殿は総欅造りで、日光東照宮と同じ権現造りの建物です。嘉永2年(1849年)に、当時の工匠がその技を結集し、8年の歳月を費やして造り上げたものです。村上の生ん...

READ MORE

牧野忠成公墓所(普済寺)

戊辰戦争関連  0

先日の、栖吉城址記事でも登場した、古志長尾氏の菩提寺である普済寺です。謙信公の母親である虎御前は、古志長尾氏の娘である人物で、その居城・栖吉城は、虎御前のふるさとともいうべき城でありました。長尾氏の菩提寺である普済寺は、同時に長岡藩主であった牧野氏の菩提寺でもあるお寺です。長岡市という土地は、戊辰戦争当時“北越戦争”が繰り広げられた場所であり、ゆかりの地が数多く点在しているところでもあります。たまた...

READ MORE

長岡城址

戊辰戦争関連  0

慶長3年(1598年) 上杉景勝の会津移封に伴い、坂戸城に入部した堀直竒。その堀直竒が築城を始めた城が “長岡城” でした。長岡の地名の由来は、信濃川左岸から見ると長い丘陵があったから。。。といいます。堀直竒と同じく、上杉の会津移封に伴い春日山城に入部したのが堀秀治でした。その、秀治の弟・親良が中越の要衝 蔵王堂城へ入部して来ますが、親良の隠退後、その子鶴千代が蔵王堂城主となると、直竒はその後見役となり...

READ MORE