DAWN OVER THE CLOVER FIELD

【羽黒山】出羽三山神社の見開き御朱印と黄金に輝く五重塔御朱印 ほか

この度の羽黒山参拝旅で、私が頂戴してきた御朱印の数々です。 今現在、羽黒山への参拝において、「羽黒山合祭殿御朱印所」と「随身門授与所」の二ヵ所にて、合計6種類の御朱印を頂戴することができます。 初めていただいた見開きページいっぱいに書かれた御朱印、この日が初領布だったという特別な御朱印も含まれます。...

ペットと一緒にお参りできる長岡の新スポット「忠犬しろ神社」

普段、動物を連れて神社仏閣に入るべきでないと考えている私も、最寄り駐車場の利用が制限などされてしまう特殊な条件下では、止む終えず、Dawn太を連れて境内を通過しなければならない場合も無いわけではありません。 お花見時期に長岡市の悠久山公園に向かう際、どうしてもそうならざるを得ないのが、同じ悠久山内に鎮座している蒼紫神社。今年、緑色の桜「御衣黄」を見に行った日もそうだったのですが、そこでペット飼い...

善光寺御開帳

今年は、6年に1度(数えで7年)の善光寺前立本尊さまの御開帳年でした。6年前の今時期、ようやく遠出が出来るようになった私。。。当然のように善光寺御開帳にも行ってみたいと思いました。しかし、たまたま朝6時過ぎに点けたTVの画面に、回向柱に並ぶ行列の様子が生中継で映し出されていて、その様子を見て、一気に行く気が失せました。。。。なのに、今年はチャレンジした!その行列に並んでも、お参りして来たかったので...

日蓮宗大本山 池上本門寺

日蓮宗の我が家。。。上京した際に行ってみたかったのが、池上本門寺でした。池上本門寺は、日蓮大聖人が61歳で御入滅された場所です。日蓮大聖人は病の悪化により、弘安5年(1282年)9月、9年間住み慣れた身延山(山梨県)を出発し、常陸(茨城)へ湯治療養のため向かわれます。しかし、その途中の10月13日、武蔵国池上の郷主であった池上宗仲公の館で亡くなってしまいます。日蓮大聖人御入滅の後、池上宗仲公は法華経の...

榛名神社 いよいよ参拝

----- Sunday, May 3, 2015 ----------矢立杉を過ぎ、神幸殿前の石段を登りきり、岩塊に挟まれるように建つ神門を潜ればその先はまさに聖域。。。まるで、城郭の中に迷い込んだような感じにさえ感じます。この神門も、神仏習合時代の名残りになるそうです。双龍門(国指定重文) 鉾岩と織り成すこの景観。。。榛名神社の真骨頂ですね。竣工は安政2年(1855年)間口十尺、奥行き九尺の総欅造りの四脚門です。全体に彫刻が施された...

榛名神社

----- Sunday, May 3, 2015 ----------伊香保グリーン牧場を出発し、25~6年ぶりに見る伊香保の街を抜け、国道33号線は次第に山道へと。日光の「いろは坂」を彷彿とさせるような、カーブごとに番号のついたヘアピンカーブの山道を上って行くと。。。23番カーブにある、とても見晴らしの良いこの場所は「高根展望台」。展望台には展望デッキが設置され、伊香保の街並みや、遠くの山々が望めます。標高1,029mからの眺め...

オリオン供養の旅 宝登山神社奥宮

----- Sunday, May 3, 2015 ----------先輩方は大会。。。新入部員である1年生だけ、GW中の部活動が休みだったこの日、私たちは再び、長瀞の地を訪れました。今回は「天然氷」の旅。。。ではなく、オリオン供養を目的とする神社参拝。やって来たのは、今年3月にも一度訪れている 宝登山神社です。前回、芸術的な拝殿を参拝し、境内をぐるっと巡って神札所にて御朱印を頂戴すると、酷く痩せた大口真神(=日本狼)が描かれた神札...

水澤観世音

----- Saturday, March 21, 2015 ----------昨年秋、時間が無くて見られなかった2県巡り・その2は、水澤観世音。予想外だったイベント開催のアクシデントと、群馬の人の熱心な解説により、予定地全てが1日で回り切れず、観音様のお膝元でお昼だけは食べたのに、お参りすらしないまま帰ったので。。。石段途中に見られる仁王門は、江戸時代の天明7年(1787年)完成の三間一戸の楼門。彫刻に彩色を施し、色鮮やかな印象の中に阿...

宝登山神社

----- Saturday, March 21, 2015 ----------雪の状態も落ち着き、県境の山越えも心配が無くなったので、いよいよ県外脱出!今年最初の県外遠征は、昨年秋、時間が無くて見られなかった2県数箇所巡りから。目的のお店も開店前という9時前到着だったこともあり、まずは宝登山神社参拝から。参拝者も少なく、梅の咲き始めた朝の参道を進むのは、気持ち良いものでした。その創建は西暦110年、第12代景行天皇の時代と伝わり、皇...

秩父お礼参り@善光寺

----- Sunday, November 23, 2014 ----------片手で数えるには足りなくなるくらい、幾度となくお参りに訪れている善光寺。御朱印を頂戴しただけでも、今回で3度目になります。秩父札所巡りが無事に結願したので、時期が遅くならぬうちに。。。と、善光寺にお礼参りに行ってきました。善光寺は、西国、坂東、秩父の各観音霊場の番外札所となっているのです。善光寺御本尊の前でお参りし、本堂下の「お戒壇めぐり」で極楽浄土の錠前...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その12

----- Monday, November 3, 2014 ----------33番 延命山 菊水寺(曹洞宗)32番札所から一山越えると、その景色は一変して穏やかな里山の風景に。。。赤平川に沿った田んぼ道を気持ちよく走ると、やがて大きな寺標が見え札所到着を知ります。寺標には大きく「大櫻山長福寺」とあり、その側面に「延命山菊水寺」と書かれています。菊水寺を管理していた別当が長福寺であり、500m程離れた場所に菊水寺の旧跡が残ります。永禄...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その11

----- Monday, November 3, 2014 ----------32番 般若山 法性寺(曹洞宗) 奈良時代、行基によって開創されたといわれる法性寺は、岩船山を背後にある山寺です。寺標を越えるとすぐ、参拝者が集まり見ているのは「秋海棠(しゅうかいどう)」の花。別名を「遥珞草(ようらくそう)」ともいい、『遥珞=仏様が纏う宝石を繋いだ髪飾りや胸飾り』つまり、仏様を飾る花なのだそうです。(花言葉:慈しみの心)もう少し早い時期です...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その10

----- Monday, November 3, 2014 ----------31番 鷲窟山 観音院(曹洞宗)秋晴れの青空が広がり、気持ちよくドライブしながら、今回の札所巡りでは最後の(多分・・・)秩父入り。R299から山道へと入り進むと、手前にあるお寺の斜面いっぱいの水子地蔵に圧倒されつつ駐車場へ到着。ここにも桁外れに大きな石の仁王様を安置する山門があり、寝ぼけ眼もパッチリでした。一本石造りの仁王像は、その高さ4mという日本一大きなも...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その9

----- Sunday, November 2, 2014 ----------28番 石龍山 橋立堂(曹洞宗)背後には、その高さ80mにもなる石灰岩の直立した岩壁。その直下に建つのが、28番札所の橋立堂です。明治以前は14番札所・今宮坊の末寺で、修験者の道場でしたが、明治5年(1872年)の修験道禁止令に伴い、曹洞宗の寺院になっています。写真の石段上り始めには文昭院(6代将軍・徳川家宣)/ 増上寺の石灯籠があります。お堂は江戸中期の建立。 三...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その8

----- Sunday, November 2, 2014 ----------良い天気に恵まれての旅だと思っていたのですが、お昼を済ませお寺に到着すると、こちら周辺はどうも雨だったようですね。。。ちょっと足元が心配だ。26番 万松山 円融寺(臨済宗建長寺派)圓融寺の本尊は、恵心僧都の作といわれる像高26cmの聖観世音菩薩です。現在は圓融寺の本堂に安置されていますが、かつては奥の院ともいうべき「岩井堂」に安置されていました。本堂には、高さ...