DAWN OVER THE CLOVER FIELD

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その12

----- Monday, November 3, 2014 ----------33番 延命山 菊水寺(曹洞宗)32番札所から一山越えると、その景色は一変して穏やかな里山の風景に。。。赤平川に沿った田んぼ道を気持ちよく走ると、やがて大きな寺標が見え札所到着を知ります。寺標には大きく「大櫻山長福寺」とあり、その側面に「延命山菊水寺」と書かれています。菊水寺を管理していた別当が長福寺であり、500m程離れた場所に菊水寺の旧跡が残ります。永禄...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その11

----- Monday, November 3, 2014 ----------32番 般若山 法性寺(曹洞宗) 奈良時代、行基によって開創されたといわれる法性寺は、岩船山を背後にある山寺です。寺標を越えるとすぐ、参拝者が集まり見ているのは「秋海棠(しゅうかいどう)」の花。別名を「遥珞草(ようらくそう)」ともいい、『遥珞=仏様が纏う宝石を繋いだ髪飾りや胸飾り』 つまり、仏様を飾る花なのだそうです。(花言葉:慈しみの心)もう少し早い時期ですと...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その10

----- Monday, November 3, 2014 ----------31番 鷲窟山 観音院(曹洞宗)秋晴れの青空が広がり、気持ちよくドライブしながら、今回の札所巡りでは最後の(多分・・・)秩父入り。R299から山道へと入り進むと、手前にあるお寺の斜面いっぱいの水子地蔵に圧倒されつつ駐車場へ到着。ここにも桁外れに大きな石の仁王様を安置する山門があり寝ぼけ眼もぱっちりでした。一本石造りの仁王像は、その高さ4mという日本一大きなもの...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その9

----- Sunday, November 2, 2014 ----------28番 石龍山 橋立堂(曹洞宗)背後には、その高さ80mにもなる石灰岩の直立した岩壁。その直下に建つのが、28番札所の橋立堂です。明治以前は14番札所・今宮坊の末寺で、修験者の道場でしたが、明治5年(1872年)の修験道禁止令に伴い、曹洞宗の寺院になっています。写真の石段上り始めには文昭院(6代将軍・徳川家宣)/ 増上寺の石灯籠があります。お堂は江戸中期の建立。 三...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その8

----- Sunday, November 2, 2014 ----------良い天気に恵まれての旅だと思っていたのですが、お昼を済ませお寺に到着するとこちら周辺はどうも雨だったようですね。。。 ちょっと足元が心配だ。26番 万松山 円融寺(臨済宗建長寺派)圓融寺の本尊は、恵心僧都の作といわれる像高26cmの聖観世音菩薩です。現在は圓融寺の本堂に安置されていますがかつては奥の院ともいうべき「岩井堂」に安置されていました。本堂には、高さ1...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その7

----- Sunday, October 26, 2014 ----------この日の予報は、夕方にかけてお天気下り坂。。。お昼を済ませ山へ向かうと、大きな雲が出始めていました。23番 松風山 音楽寺(臨済宗南禅寺)秩父市街地や武甲山を望む景勝地、小鹿坂峠の中腹に位置する音楽寺。その名のとおり、駐車場には音楽流れ、心地よく上った先に建物が見えますがここは納経所で、途中のお稲荷さんで手を合わせ、さらに上に観音堂があります。観音堂は三間四...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その6

----- Sunday, October 26, 2014 ----------19番 飛淵山 龍石寺(曹洞宗)参道を入ると、身代わり地蔵や六地蔵が出迎えてくれます。地蔵左の石灯籠は文昭院(6代将軍・徳川家宣)/ 増上寺ご覧のように、この辺りには起伏のある岩盤が露出していて、お堂はその大きな岩盤の上に建てられています。以前のお堂は七間半四面表流れの向拝をふした宝形造りでしたが、屋根が傷み雨漏りも酷く、地元観光協会の青年部が中心となり、浄財...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その5

----- Sunday, October 26, 2014 ----------秩父札所巡り。。。前週の続きからです。この日は地元で選挙の投票日だったため、朝イチで投票を済ませてから秩父入り。ここまで来たら天然氷は外せない我が家なので、先にかき氷を食べ、11時に霊場巡り開始でした。 今回は少し数を稼いで帰りたいが。。。さて、どうなるかな?!15番 母巣山 少林寺(臨済宗南禅寺派)市街を秩父神社に向かって番場通りを進むと、やがて札所の石碑...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その4

----- Sunday, October 19, 2014 ----------美味しいお昼で活力を得て、再び札所巡りの再開です。まずは、お昼をいただいたお店と同じ名前の寺院から。。。12番 仏道山 野坂寺(臨済宗南禅寺派)両脇に桜並木の、緩い上り坂の参道の向こうに、重層楼門造りの黒塗りの山門が見えてきます。明治末期の火災で寺は焼失していますが幸いにも、寛保元年(1741年)建立という山門は残りました。山門前にある石灯籠2基は文昭院(6代将...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その3

----- Sunday, October 19, 2014 ----------2度目の秩父天然かき氷で癒された後は、再び散策開始です。8番 清泰山 西善寺(臨済宗南禅寺派)山門を潜ると、その眼下には六地蔵や片足を垂れてる石の上に座るおびんずる様そして本堂向かって右手には、天然記念物というコミネモミジの巨大な老木が生い茂っている様子がみられます。本堂は間口七間、奥行六間軒唐破風の向拝を配した寄棟造り。外陣は土間になっていて、内陣の欄間彫...

秩父札所めぐり 甲午歳総開帳・その2

----- Sunday, October 19, 2014 ----------今年6月始め、天然氷のため初めて訪れた秩父の地。そこで、今年行われている「総開帳」に遭遇し、少しだけ齧りかけのままだったこと、僅かに巡った寺院に感銘を受けたこともあり、気候も良くなったので再びお邪魔し本格的に札所巡りをしてみることにしました。前回は1番、3番、4番札所の3箇所にお邪魔しています。今回は、山頂にあることから前回スキップした2番札所からのスター...

秩父札所総開帳

----- Sunday, June 1, 2014 ----------この日の目的はかき氷。 開店前から並び、食べ終えたのが10時半だったのでその後は少しだけ、秩父のお寺巡りをしました。今年は、ちび子年女の「午年」。馬は観音様の眷属(けんぞく=神の使者)であることから、今年は日本百番観音秩父34ヶ所観音霊場の総開帳の年にあたり、3月1日~11月18日まで普段は秘仏としてある観音様を、目の当たりに参拝できます。秩父の地理に詳しくは無...