漁師飯と波しぶきコーヒー

そふぃあ

2018-06-20
食べ歩記
2 COMMENTS
海から上がって山形入り。すでに時刻は午後2時を過ぎ。。。最初にある道の駅あつみ「しゃりん」で、この日の遅めな昼食です。
道の駅あつみは、日本海に浮かぶ舟をモチーフとした、とてもユニークな造り。
道の駅あつみ しゃりん
この時間の到着だと、いつもなら同駅内にある「屋外バザール」で簡単に済ませてしまうのですが、この日は気になるメニューを見つけ、これまで利用したことの無かった、道の駅に隣接のお食事処 早磯ドライブイン にお邪魔してみました。

早磯ドライブインはまだまだ大盛況の時間帯。空いていた窓際小上がりに陣取りますが、大窓からは日本海が望めて良い眺めでした。
道の駅内 早磯ドライブイン

外壁に貼ってあった「紅海老を練り込んだ」という、山形名物の「麦切り」が食べたくて入店したものの、いざメニューを開いてみてもそれが無い!店員さんに訪ねてみると、それは「平日ランチ限定メニュー」だとのこと。(あちゃ~!あの貼り紙、そこまでしっかり確認しなかったわ!)
「無いなら、はい!さようなら」。。。というわけにも行かず、用意されたメニューの中から、それぞれに好きなものを選びました。

10分と待たずに供される我が家の注文品。旦那が頼んだ、庄内豚を使っているという「焼肉定食(900円)」の盛りの良さに驚いていると、私の注文品も運ばれてきて、同じようにビックリ!
刺身定食(1,400円)
道の駅内 早磯ドライブイン
庄内米を炊いたご飯も、南蛮海老の頭で出汁を取った味噌汁も、どちらも丼サイズでたっぷり!そこに漬物と、もずく・フキの春を感じる小鉢2品。

メインのお刺身が、また盛りだくさんなこと!
道の駅内 早磯ドライブイン
新鮮な魚は、地元・鼠ヶ関漁港で水揚げされたものが使われているそうです。一部、正体不明のままいただきましたが、身がモッチリしていて美味しかった!

魚に詳しい旦那に聞いてみても、命をいただいた▼この子の名前が分からず。。。
道の駅内 早磯ドライブイン
後に店内の入荷案内で知ると、メバルの一種で、我が県では「ガンゾ」や「アカラバチメ」
東北では「アカラ」や「ヤナギノマイ」と呼ばれる魚であると判明しました。傷みやすい魚だそうですが、生でいただけるのも、漁港直結のドライブインならではですね。ご馳走様でした!

ようやくお腹が満たされて外に出ると、ここに来ればもう何度も利用している、屋外バザールのアイス販売所で食後のアイスを物色。
道の駅内 アイス売り場

何にしようか?悩んでいると、買い物に行った飼い主さんを待ち中の可愛い子に遭遇。和犬に豆絞り柄は良く似合う!
道の駅内 アイス売り場
きっとDawn太が巻いたら、信楽焼タヌキにしか見えないでしょう…。

さて、こちらのアイス販売所。。。アイスとソフトクリームが各種取り揃っていて、地元食材を用いたここだけ限定の珍しいものも多いのです。食堂で紅海老の麦切りが食べられなかったから。。。というわけではないですが、この日のチョイスは、以前に食べて美味しかった 紅えびソフトクリーム(330円)
道の駅内 アイス売り場
スマホの液晶が日光で見辛く、モタモタしてたらDawn太の鼻に食べさせてました。(;^ω^)

山形のこの地では「紅海老」の名で呼ばれているようですが、我が県では「甘エビ」や「南蛮海老」で呼ばれるホッコクアカエビのことです。少し塩気のある海老の味は、ミルクの味ともよく合って美味しいのです。
先にインスタにアップした際、お友達から「海老ソフトをかっ○えびせんで掬って食べたい!」とのコメントを頂戴しましたが、確かに!かっ○えびせんに牛乳も良く合いますよね。そんな感じを想像してもらうと、ソフトの美味しさも身近に感じてもらえるのでは!?と。こちらもご馳走様でした♡

道の駅あつみ しゃりん
住所 山形県鶴岡市早田戸ノ浦606  地図
URL http://www.at-syarin.com/



そして、せっかくここにいるのなら、やっぱり立ち寄りたいのが県境線。
Dawn太の左足は新潟県、右足は山形県。。。という「キカイダー状態」

自分の足で県境線を越えられる場所は意外と少なくて、結構貴重だったりします。
県境線にて
以前に来た時は、オレンジ色のラインがくっきりしていたのに、ボヤけて分かりづらくなっていたのがちょっと残念でした。



我が県におかえり~!
ここでちょっと寄り道したのは 笹川流れ塩工房
工房は無料で見学できるよう開放されていますので、ドライブの途中、休憩を兼ねて気楽に立ち寄ることが出来ます。
笹川流れ塩工房

目の前の海から汲んだ笹川流れの海水を、薪を使ってグツグツ煮てつくる昔ながらの製法。
笹川流れ塩工房

こちらは、ニガリを取り除くための藁筒です。
笹川流れ塩工房

そして、近年併設されたカフェ。
Salt & Café
塩工房裏手にも席があり、海を眺めつつ、そこでも休憩ができますが、我が家は犬連れなので、お店前に設けられた席をお願いしました。

元気に泳ぐこいのぼりと記念撮影。。。と、思いましたが、白黒が逆光では難しくて。撮りきれないうちに、お店の方が注文品を運んで来られました。
Salt & Café

波しぶきアイスコーヒー(400円)
Salt & Café
名前とは違って塩の味はしません。極々普通の美味しいアイスコーヒーでした。

海遊びで疲れ、この時間、もう目が一点を見つめて動かないDawn太。(*´艸`)
Salt & Café

塩工房では、藻塩のかかった「塩ソフト」もおススメです。
あの日、藻塩を振ってくれたおじいちゃんの姿は、もう数年お店にはありませんが、お元気にしてくれているといいな。。。と、毎回こちらにお邪魔するたびに思います。(Saturday, June 2, 2018  / Dawn太 生後1,195日)
Salt & Café
笹川流れ塩工房 Salt&Cafe
住所 村上市脇川1008-1  地図
URL http://www.isosio.com/
関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

さいさん  

No title

お刺身がプリプリしてて美味しそう!
えびソフトも食べてみたい(´๑•_•๑)

2018/06/24 (Sun) 08:32
そふぃあ

そふぃあ  

Re: さいさんへ

漁港ならではの料理でした。
ご飯も美味しいから、お刺身もドンドンいけちゃいます。

2018/06/25 (Mon) 07:07

Leave a reply