スイーツde部

第三の朱雀♪

0 0
----- Saturday, September 30, 2017 ----------
我が家の秋は、毎年決まって2度の小布施入り!
小布施の新栗を楽しみにしているちび子と、一緒に出掛けられそうな日が、この土曜日だけのようなので、2日続けてお邪魔しました!


ウチに来た年から数えて、今回で6度目の小布施入りだったDawn太。
毎回、毎回、テラス広場にある大きなメタセコイアの下で長い時間一緒に待ち、大勢の人の流れ行く様子を見ながら、たくさんの人に声を掛けられ、撫でられ。。。それら全てが、Dawn太にとっての大きな社会勉強になって来たのだと思います。


2日続けて。。。ですが、今日の「小布施堂」は、この大きなメタセコイアのすぐ下にあるこちら!


小布施堂が展開するイタリアンレストラン 傘風楼


仙人が傘に乗って天の河を渡るという、ちょっとユニークな北斎画「傘風子図」


小布施堂工場「傘風舎」入り口には、3m角の大きな信楽焼に色彩のある美術陶板が掲げられ、小布施堂のシンボルともなっている作品です。

この「傘風子図」から店名をもらったのが、この日お邪魔した傘風楼です。

昨年の「朱雀」時期には、すっかりお休みしていた傘風楼でしたが。。。
今年の8月末には「第三の朱雀」が新作メニューとして登場!


小布施の街が一番賑わう新栗の時期限定で、「第三の朱雀」のみ提供になる、スイーツ専門店となっています。
blog_import_5b3c9dc098747.jpeg 

blog_import_5b3c9dc289fa4.jpeg 

午後の喫茶タイム限定のデザートとして登場し、もうすでに1ヶ月が経つというメニューですが、やっぱり新栗の朱雀時期は特別なのか⁉
受付30分前(11:00)に到着すると、軽く行列ができていました。(平日だった前日にも、同じ時間帯に、同じ光景がみられました。)

開店30分前(11:30)になるとスタッフが対応にあたり、到着順に受付用のボードに記名します。
我が家は10組目の入店。
5組ずつ区切って順次入店する方法らしく、予め「12時30分以降のお呼び出しになります。」との案内が添えられました。

受付を済ませ、さらに小一時間。。。
傘風楼前のメタセコイアの木陰で、のんびりと時間潰ししました。

傘風楼にはテラス席もあり、テラス席ならワンコ同伴もOKですが、スイーツを食べない旦那は入店する必要が無いので、この度もDawn太は旦那に預け、母娘で入店することにしました。

いやぁ~、そんな顔しないで。(;^ω^) すぐに戻って来るから!

こちらも時間が正確ですね!我が家が席に案内されたのが12時35分。
私たちは2巡目最後の客のはずですから、思う以上にスムーズに入れたと思います。

蔵を改装した「えんとつ」もお洒落でしたが、傘風楼店内の方が落ち着きもあって、店の雰囲気的にはこちらの方が好きだったりします。

2年ぶりの傘風楼に感動していると、5分も待たずして提供される待望の。。。
朱雀パルフェ(ドリンクつき / ¥1,250)

2種類のアイスクリームに拘り、お店ご自慢の「栗あん」と、小布施の食材がギュッ!とコンパクトに詰まった逸品。

上から。。。栗鹿ノ子・栗あん・小布施牛乳のアイスクリーム・くりのみ園の卵使用のスポンジ・自家製クルトン・季節のフルーツ・ベリーファームのベリーソース・栗のアイスクリーム・チョコレートクッキー・小布施牛乳のパンナコッタ。

季節のフルーツにはメロンとブルーベリー。
今だけフランス産のイチゴソースに変更になっていて、そのソースが添付でもサービスされていました。

栗あんに、この甘酸っぱいソースも合うのですが、私は、一番下にある小布施牛乳を使ったパンナコッタとイチゴソースの相性抜群に感じました。

栗あんが、「モンブラン朱雀」で食べたのと同じ味!
「今年はモンブランまでは食べられない!」と思っていたので、パルフェでも同じ味が楽しめるのだと知って、とてもお得な気分になれました。

次々に変化する味と食感!
フルーツも新鮮で、瑞々しく味が濃く。。。
「第三の朱雀」も、なかなか魅力的な商品です!
ご馳走様でした。


朱雀パルフェの提供は、新栗の時期が終わっても、傘風楼にて午後からの喫茶タイムに通年で行われています。

≪これまでの 傘風楼 関連記事≫
2015年9月27日 Dawn太初小布施と2度目のモンブラン朱雀
2014年9月28日 傘風楼にて初・モンブラン朱雀
2013年10月14日 栗アイスと栗おこわ(傘風楼がお食事処だった頃)
2009年8月29日 初小布施で栗アイス


----- Dawn太 2歳7ヶ月(生後950日)-----

© 2005-2017 四季*おり*オリ*の散歩道で♪. All Rights Reserved.
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply