attention admin about comments trackbacks you may also like

【チロル】ほくほく安納芋♪

2017年09月14日
チロル書庫
-
商品名 チロルチョコ ほくほく安納芋

  • 商品概要 安納芋の焼き芋を再現したようなチロル
  • 発売日 2017年9月4日(月)
  • 規格 1袋(7個入り)
  • 価格 108円(100円+税)
  • 販売ルート コンビニ ・ スーパー etc・・・

まだまだ残暑厳しい日もありますが。。。
9月に入ってすぐ、また「芋栗南瓜」の、この季節が巡ってきましたね!

チロル・秋の味覚第一弾が登場しています。(第二弾の保証は何も無いけど…)

今回は、秋の味覚「サツマイモ」から、安納芋を再現したようなチロル。

安納芋というと。。。とろけるように甘くて、しっとりとした食感が特徴のはずですが
パッケージには何故か「ほくほく」と。
「サツマイモ=ほくほく」のイメージが根強く定着しちゃっている感じですが、ちょっと矛盾を感じながらも開封。

1袋の中には10円サイズのチロルが7個入り。

実の黄色、皮の紫色を表したような2色のパッケージ。
黄色パッケージの裏面にはカエデの葉が描かれ、より一層の秋を感じます。

サツマイモ風味チョコの中には サツマイモ餡入り
開封した瞬間から、某さつまいもスナックか?と思うような、香料特有のサツマイモの香りが広がります。

今回、チロルさんががんばったのは、真ん中に入れたサツマイモ餡の部分!
パン粉を用い「ザラッ!」とした舌ざわりも表現し
リアルなサツマイモを食べているような食感に仕上げてあります。
しかも原料には、本場・種子島産安納芋を使用しているというこだわりよう。


安納芋は普通のサツマイモに比べ、ショ糖の含有量が二倍以上。
それが特有の甘さにつながるわけですが、今回のチロルもかなりの甘さ!
久々に餡子玉食べたかのようなチロルですが、それも安納芋を再現したからゆえ。。。
甘くても許されるのが、今回のチロルでしょう。

そして。。。これも久々ですね!
オーブントースターで焼いても、美味しく食べることができます。

私も焼いてみましたが、説明書きよりも大きめワット数のオーブントースターながら、いつも指定時間以上に焼かないと焦げ目がつかない。(;^ω^)
今回も、ちょっと失敗気味な焼き上がりです。

焼いても、「ほくほく」よりは「しっとりめ」な印象。
そして。。。あら不思議!食べた後味に、しっかりと安納芋のような風味が感じられる。
しっとり食感も相まって、なるほど!これは良く出来た「安納芋」

このひと手間が面倒だけど。。。
今回のチロル、焼いて食べる方が断然!安納芋感あって美味しいですよ。


一足早い秋の味覚。。。
気になる人は、是非どうぞ!
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※