attention admin about comments trackbacks you may also like

名犬牧場・プール編♪

2017年09月08日
Dawn太_0-2歳
-
昼過ぎて、ようやく到着した世界の名犬牧場。
ランより先にプールに寄りたがるので、Dawn太に引かれるように向かってみると、この時は貸し切りの状態!

「どうせまた、右往左往しながらおっかなびっくり入水するのだろう。」
。。。そう思って、とりあえず、1投目のおもちゃを手前側に放り込むと

あら!? 普通にスロープから、何のためらいも無く入水!

ここで遊ぶのも、これでもう3度目。
毎回地形の変わる川遊びと違って、何も考えることなく遊べる場所になったようです。

オンシーズンになって初めてのプール使用でしたが(7月1日~9月30日までが正式なプールシーズン)、これまで利用したプレオープン時と同じだけの水量で、Dawn太の背が立って、楽しく涼める深さなので、それも安心感に繋がったのでしょう。
この日は日差しもあって気温も上がったことから、この後も、ランで走って暑くなるとまたプールに入ってクールダウン。。。と、交互に遊びました。

2度目に入った時にはお友達も程よくいて、一番楽しい回でした。

Dawn太も楽しそうに、いつもの自分の遊びができていました。



この▼シベリアンハスキーの小春ちゃんが来るまでは。。。ね!

この子も「わんわん50m走」の常連さん!
陸上も走るなら、水の中も大好きな子でした。

旦那が投げたDawn太のおもちゃだって。。。

丼:と、取られた…。

Dawn太は自分のおもちゃ意識の強い子。
パピーの時から「水遊びの友」にしているお気に入りなので、結構ショックだったと思いますよ。(;^ω^)

丼:これ、ボクの…。

「小春ちゃんの、こっちだよ!」と、近くにいた人が差しだしてくれますが

噛みどころによっては「ピコピコ」鳴る、Dawn太のおもちゃが楽しかったようです。

いつの間にか旦那が「犬使い」になり、Dawn太も適度に遊べるよう、時間差でおもちゃ出しの役。

こんな風に飛び込みも平気!

水の中をザンザンと走って行くような子には、到底Dawn太は勝てません。(;^ω^)


旦那が投げる、小春ちゃんのボールに反応し

Dawn太も一緒に走り出してみますが

丼:あれ、ボクのじゃないかも

あっという間に戦線離脱!

小春ちゃんがどうしてもコングウァバを譲らないので、後半は仕方なく、Dawn太が小春ちゃんのおもちゃを借りて遊んでいました。

丼:このイボイボボール、ボクちょっと苦手なんだけどなぁ~
楽しい思いも、悔しい思いも。。。全て、お友達がいるからこそ出来る経験。
犬同士の関わり方を見ながら、飼い主も大いに楽しませてもらいました。

最後の回に入った時、さっきまでランで一緒だった女の子が入水中でした。
ランで挨拶した時には大人しい子だったのに、プールで会ったら怖かった!
口の周りに、泡々がいっぱい付いているのが見えますか?
この子、水が苦手で、強制的にプールに入れられたこともあり、半分パニック、半分怒っているような状態で。。。
そこに馴染みの薄い私たちがやって来たので、誰彼構わず「ワンワン」と吠えかかっていたようでした。

そんな状況の中、Dawn太が平気な顔で楽しそうに遊んでいるので

プールサイドをすれ違う際、なかなかの剣幕でDawn太に吠え掛かってきたのです。

プールに入ってからずっと、吠えられても相手にしなかったDawn太も、この時ばかりは我慢しきれず、女の子に対して吠え返していました。
。。。当然、そばにいた旦那に一喝されましたが!

この時は気づかなかったのですが、あとでパソコンに取り込んで写真を見てみると、つけている鑑札は「平成29年度」に交付されたもの。。。引っ越しでもしていない限り、相手はまだ1歳に満たない犬だったようです。
Dawn太と同じくらいの体格だったこともあり、「若いんだろうな」とは思ったもののそこまでの若犬とは思わず。。。
Dawn太はDawn太なりに、犬社会のルールを教えていたのかも知れません。


丼:ボク、何も悪くないもん!

私たちも叱りながら、理不尽なことは良くわかっていました。
。。。でも、やっぱり怒られるよね。。。喧嘩両成敗だもん。

そんなこと1つ1つも、お互いに勉強できる貴重な場所です。
毎回いろんな犬種の子と遊べて、毎回違った経験が増えて。。。
今、Dawn太が一番楽しみにしている遊び場が、この「名犬牧場」かも知れません。

また遊びに来ようね!

----- Sunday, August 27, 2017 (Dawn太 2歳6ヶ月 / 生後916日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※