attention admin about comments trackbacks you may also like

つけていますか?ドッグタグ(迷子札)

2017年08月30日
Dawn太_0-2歳
-
先日、動物愛護センターが管理するドッグランの会員になるにあたり、犬の鑑札と狂犬病予防接種済票を必ず身に着けていないと、ランの利用はできません!と指導されました。これは、震災の折、犬鑑札がついていない事で迷子になる犬が多かったので、常に身に着けることを定着化させたいからだそうです。

厚生労働省のサイトを見ても、犬の登録、毎年の狂犬病予防接種に加え、犬鑑札と狂犬病予防接種済票の装着が、法律により義務付けられているとあります。

そうは言っても。。。
そう思う飼い主さんも、多いのではないでしょうか?

ちなみに、Dawn太の犬鑑札と狂犬病予防接種済票はこんな感じ!

進んだ自治体では、犬種によって犬鑑札の大きさを変えたり、デザインも可愛いものにして、つけて欲しいという、行政なりの努力をされている様子もみられます。
。。。しかし田舎町では、いまだに昔ながらの大きめなステンレス製の犬鑑札と、下手に触ったら手が切れそうな、ペラッペラなアルミ製の狂犬病予防接種済票です。この二つが擦れた時に出る音は実に安っぽく、それが動く度、耳の近くで1日中鳴って聞こえているというのも、犬にとってはストレスになる気がします。

ならば、直に首輪に付けたら。。。

Dawn太の首輪は、がっちりと丈夫なベルト式。
首に当たる部分には厚めなクッション材と、外した時にも首に沿う形を維持する、形状記憶板の入った特殊な首輪です。
blog_import_5b3d1041d1435.jpeg
一生に一度しか発行されない犬鑑札を、無理にこの曲線に沿わせて装着した場合、首輪を買い替えた際、また違った曲線に変形できるのか?。。。それもまた疑問です。

動きが激しく、運動量の多い犬種が、遊びに行った先で無くして来てしまう場合も!
その都度市役所へ出向き、頭を下げ、交付手数料を払って再発行してもらう作業もまたいちいち負担に感じ。。。
付けたくない理由なら、次々に見つかります。(;^ω^)

首輪に直接名前は入っているけれど、あまりにも特殊な名前の子ゆえ、このままで読める人は無いでしょう。
犬鑑札を装着していたなら、保健所まで行けば連絡が来るとは思うけれど(誰が触っても平気な子、大人しく首輪の鑑札を見せてくれる子の場合)一般の人が保護してくれた場合は、やっぱり保健所まで送らなければ連絡取れず⁉。。。

犬鑑札や狂犬病予防接種済票の装着も去ることながら、万が一の際、誰が保護した場合でもすぐに連絡がもらえるような「ドッグタグ」が必要なのかな⁉と今更ながら考え始め、幾つかのサイトを見比べながら、アレコレと検討しつつお盆時期を迎えました。

そんな矢先に起こったドッキリ事件。。。

お墓参りに訪れた親戚も、数日間のお盆休みで帰省していた息子も帰って行き、ようやく実家の墓参りに行った日のこと。敷地全体をグルッと塀で囲った家なので、いつものようにフリーにし、家の中には入れないDawn太と一緒に、庭で遊んでいました。
もともと甘えっ子な性格もあり、普段から飼い主と大きく離れては遊ばない子。
この時も、私にじゃれつくように、近くでまとわりつきながら遊んでいました。
家の中から父も、そんな姿を確認していたと思います。

そろそろ本格的に。。。と思い、手にしていたカメラを家の中に置き、Dawn太のテンションを目いっぱい上げて駆けっこを初めて間もなく。。。Dawn太が、家の狭い裏手側へと回り込んで行きました。
「どうせ行き止まりだし、また表側に戻って来るだろう。」。。。そう思い、一人で庭にいる私の姿を見た父が一言
「犬、裏に行ったろっか?小屋が無くなったっけ、道路に出っろ!」と。

つい先日、古くなった小屋を解体したので、これまで塞がれていた箇所が通路となり、屋敷外へと出られるようになってしまっていたのです。
「エ~ッ!早く言ってよ!」と思ったものの、この家は囲ってあって大丈夫との長年の思い込みで、何も確認せずに遊び始めた私が悪い!
急いで裏手に回ってみるも、もうすでにDawn太の姿は無く。。。
「大変!迷子になっちゃう!」

覗いた塀の向こうには、住宅地の袋小路になった場所に、郵便屋さんの配達バイクの姿が見えました。郵便バイクに敵対心を持っていたOrionなら、絶対そちらに走って行ったでしょうが、幸いDawn太は郵便屋さんのバイクに興味の無い子。そちらに向かった様子はありませんでした。

玄関側に戻ると、事情を察したちび子がいち早く、リードを持って待っていてくれました。そのリードを受け取り、門扉を出て前の道路を見てみると。。。まだ遠くへは行かず、案の定、郵便バイクとは反対側。。。3本向こうの電柱に、クンクンとマーキング中のDawn太を発見!
名前を呼びながら近づいていくと、追いかけっこの途中だと思ったのか?私の姿を見て反対方向へと走り出しそうになりましたが、もう一度名前を呼びながら私がしゃがんだ姿を確認し、こちらへと走り寄って来ました。

。。。ところが、僅かに数m手前まで来ると、カキッ!と90度ステップを踏み、方向転換して走って行こうとして!
一瞬焦った私に、一部始終を見守って下さっていたご近所さんが
「そこ、行き止まりだから大丈夫ですよ!」と。
その一言で、私も緊張が和らいで表情も変わったのか?不思議とDawn太が自分から、手の中に戻って来てくれました。
古い住宅地なので、家の前の道路は車がすれ違え無いほど狭い道。
大通りへ出るにはかなりの距離が必要で、この時、車が一台も無いのが幸いしました。

その時も焦りましたが、後になって思い出し、悪い方に悪い方にと考えると、本当にゾッとする出来事でした。
改めて呼び戻しの大切さを思い知らされ、知らない地へ連れて行く回数の多い子なのでやはりドッグタグの必要性も感じました。

翌日になり、マークしていたサイトさんを訪ねますが、やはり需要はあるのですね!
気に入っていた骨型の商品は品切れとなり、入荷も未定とか。。。
次の入荷までは待てないので、とてもシンプルなドッグタグをポチしました。

1週間後に完成して届いたドッグタグ。
普段の首輪にはチタン製を!
川や海で泳ぐ際は、水遊び用の首輪になるので、そちらはクローバー型のステンレス製を!

表面には、犬種シルエットと名前。
裏面には飼い主の苗字のほか、3行分フリーで文字入れ可能とのことで、私の携帯番号と犬鑑札番号を入れてもらいました。

現在では、マイクロチップの入っている子も多いと思います。しかし、読み取り機の無い場所では、何の役にも立ちませんよね。
一番最初に保護するのは、一般人が大多数のケースであると考えると、マイクロチップが入っているという情報も含め、昔ながらのアナログ方法でも、情報発信していくのが最善なのかも知れません。

このご時世に、個人情報たれ流し⁉
迷子札、どう思いますか?
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※