attention admin about comments trackbacks you may also like

女子大生のかき氷♪

2017年08月05日
スイーツde部
-
我が県、今年は梅雨明けが非常に遅く、8月初旬にズレ込むという。しかし、梅雨明け前から続く暑さ。
「今年も夏休みが来たなぁ。ネギ氷食べたいなぁ!」と、思い出される期間限定営業のあのお店!

出掛ける前にネットで調べてみると、昨年までの秋葉区の店舗ではなく、今年は新潟市内の2箇所に出店しているとのこと。
犬同伴もフリーな店舗と、犬の同伴制限があるものの一緒に他用も足せる店舗の2つを天秤にかけ、この度は後者の営業場所を選んで出掛けてみました。

お邪魔したのは「いくとぴあ食花」
施設建物を繋ぐ通路脇に、かき氷のお店が出ているという案内を見つけました。

広いスペースを持つ第一駐車場のきらきらレストラン前側に車を停め、芝生の緑も鮮やかな「集いの広場」に見える白いテント。
その左脇にあるプレハブ小屋が Sweets Labo(スイーツラボ)、今年の出店場所の1つになります。

スイーツラボは、新潟市秋葉区にある新潟薬科大学の生命産業創造学科の学生たちと、同じ秋葉区にある企業とが協働するお店。
自作スイーツの販売を通して店舗経営を学ぼうと、「スイーツ研究会」というサークルに所属の学生たちが運営している、とてもフレッシュなお店です。
我が家がお邪魔した時には先客が4~5人あり、2店舗になって客が分散されても、相変わらずの人気ぶりが伺えました。

注文品が完成するのを待つ間、一人の学生さんが「何処から来られたんですか?」と。
私が「〇市からです!」と答えると
「えっ!〇市からですか? ねぇ、〇市からわざわざ来てくれたんだって!」と、若者らしい素直で明るい対応も、本職の接客業とはまた違った学生さんらしさがあって、何とも可愛かったです。

ここまでだと、学園祭の模擬店の延長のように感じますが。。。
氷を準備する様子をみていると、ちゃんと専門家の指導を受け、プロ顔負けなのが見えてきますよ。

学生さんたち手作りのシロップ蜜。。。この日は4種類が用意されていました。
昨年までと違うのは、露店のため、容器がプラスチックになったこと。
盛りが少なめになり、価格もワンコインに統一されたことでした。

ルレクチェ
(¥500)
県産洋ナシのル・レクチエ!毎年11月末に一斉解禁になり、生産量も限られるため、1ヶ月もすると完売になってしまう人気の洋ナシです。
その特徴は、芳醇な香りと滑らかな舌触り!そのフレッシュな味が、シロップ蜜でも見事に表現されていました。

使われているのは、南区(旧白根市)にある和泉果樹園さんのル・レクチエ。
冬にしか出会えないあの味が、真夏に出会えるという幸せ♡口いっぱい、芳醇な味に包まれました。

マンゴーラッシー(¥500)
南国を感じさせるマンゴーに、ヨーグルトソースを合わせた甘酸っぱいかき氷。
両者のシロップが喧嘩することなく、上手に引き立て合っていて、こちらも美味しかったです。

削る前に、ちゃんと氷をゆるめてから削っていました。
ふわふわを目指して、氷の粒が細かい削り方なので、気温が高くて外でしか食べられないと、どうしてもすぐに融け出してしまって残念ですが、シロップの味はプロの味にも負けませんよ!


食花はワンコの入場規制が厳しくて、イートインスペースになっている広場はワンコNGゾーン。
通路の上はワンコ同伴OKゾーン!
Dawn太が座っているのは、エリアギリギリのお店の裏側になっている場所なんです。

昨年食べた「ネギ氷」が、今回はメニューに無くて。。。
学生さんとの会話の中で「またメニューにのせますね!」と仰っていたので、今度はワンコ同伴も自由な、水辺の店舗で体験してみようと思います。
ご馳走様でした。

----- Saturday, July 29, 2017(Dawn太 2歳5ヵ月 / 生後887日)-----

Sweets Labo(スイーツラボ)  (2015年8月9日~)
2017年度はやすらぎ堤といくとぴあ食花にて営業
営業時間 11:00~16:00
営業日 土・日・祝日(営業期間内)
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※