attention admin about comments trackbacks you may also like

雪アジサイの森2017♪

2017年07月27日
Dawn太_0-2歳
-
麓のブルーベリー農園で美味しいソフトクリームを堪能したあとは、この日の本命!初夏の信州・黒姫高原に咲く、可憐な花を見に行きました。
雪アジサイの森2017♪

朝晩と日中の寒暖の差が大きい地らしく、センターハウス前の花壇にはポツポツとコスモスが咲き始めていて綺麗でした。

歩き始めてすぐ。。。大きな栗の木の下で!

こんな風に花が咲いている時期か、実の成っている時期でもないと、栗の木だとは気づかずに通り過ぎてしまうでしょう。(私は…)

この辺りは、子どもたちが気軽にアスレチックを楽しめる場になっています。
栗の木の向こうには、完成したばかりのツリーデッキも!

気付けばちび子が、ブランコに揺られて楽しそうでした。

ちび姉ちゃん、まだまだお子ちゃまだね!

あっという間に逆転して、年齢的にはDawn太のほうが上になっていたもんね。

さらに、遊歩道をテクテク上の方へ。

この辺りの標高は850mほど。眼下に野尻湖がくっきりと見える日でした。

そして、5月末には「菜の花黄金リフト」が運行していたリフト方向。
ここから菜の花と残雪の妙高山を見たのは、ついこの前のような気がしますが、駆け足で季節が移り替わっているのが見て取れます。

7月15日~17日までの3日間、黒姫高原ダリア・コスモス園が入園無料のプレオープン中だったので、この日もパノラマリフトが運行されていました。前回、ここからもくっきりと見えた妙高山は、この日は生憎雲の中で、ここから眺めることは出来ませんでした。

山頂付近のコスモスは、まだまだこれから。。。

雲の中の黒姫山と、晩夏に楽しみなコスモス畑。

そして、この山頂コスモス畑の脇にひっそりと咲くのが「雪アジサイ」と呼ばれる涼し気な色合いをした額アジサイたち。


「雪アジサイ」は、一般的に見られる額アジサイよりも、ちょっと小ぶりな花を咲かせます。

いや、額アジサイは、花のように見えるところが額で、中央の粒々が本来の花なので、小ぶりな額のアジサイです。。。と言うのが正確な表現なのかな⁉


咲き方や花色も、個体によって様々です。


先ほどご紹介のパノラマリフトとは別の、もう一方のスノーパークリフトに沿うように、1万株もの雪アジサイが咲いています。

自生する山アジサイとしては、「日本最大級」の群生地だそうです。

2年前の同じ時期、まだ生後4ヶ月後半だったパピーDawn太を連れて訪れている、懐かしの場所でもあります。
丁度歯の生え変わり期だったので、ここに来る途中にも大きな歯の下側2本が同時に抜けちゃっていたので、当時の写真を見るにつけ歯茎が痛々しそうです。
。。。ついでに、左下の犬歯の永久歯が生えてきても、まだ灰色になってしまった乳歯が残ったままで、心配だった時期でもあったな。。。と、懐かしく思い出されます。

清楚な初夏の花を満喫したあとは、またゆっくりと山道を下り。。。

現在アスレチックが設けてある辺りに、以前のドッグランがあったのですが、ここまで徒歩で上がって来なければならないことを考慮したのか?近年になって、童話館への道との分岐付近に新しくドッグランが設けられていました。

5月に来た時は素通りしてしまったけど、今回は利用して来ましたよ!
まずは入口で、利用についての注意書きを一読。

ランは無料で使えますが、全てにおいて自己責任。広さも十分!傾斜もあって楽しそうでした。

到着時には数頭遊んでいたランも、雪アジサイを愛で終わり、丁度昼時になってしまったので貸し切りでした。

ランにお友達がいないのは残念だけど、心置きなくDISCで遊べました。



今度はアミアミボールで!


大外のアミアミボールが新品で良い匂いがするらしく、この日はアミアミと交互で走りました。

またDISCで走っていたけど。。。やっぱりこの時期なので、走ると暑~い!

ランの周辺には水道が完備されていないので、旦那が水の調達に行ってくれました。

その間に、軽くトレーニング!
ド:エッ!

せっかくある傾斜だから、ここを使ってボール遊びだよ!

ド:と~さん、早く帰って来ないかぁ~

こんなところでトレーニングなんてゴメンな子は、水が届くまで坂の上から動きませんでした。(;^ω^)

----- Monday, July 17, 2017 (Dawn太 2歳4ヶ月 / 生後875日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※