attention admin about comments trackbacks you may also like

リベンジ山塩ラーメン♪

2017年07月08日
イケ麺パラダイス
-
3週間ほど前、猪苗代にあるハーブ園へと向かった日は、Dawn太を遊ばせるのが本来の目的だったので、とりあず私たちのお昼は後回し。当てにしていたお店に着いたのは午後2時のことで、その日はすでに ▼この状態!
仕方ないので、近くにある 道の駅裏磐梯 で類似ラーメンをいただいて帰りましたが、後になってもやはり、食べられなかったラーメンが気になる!

この日、我が家地方は1日雨予報だったこともあり、地元でのアウトドアは完全に諦め、再び目的のラーメン屋さんへと向かいました。

お邪魔したのは、裏磐梯の景勝地の一つである「桧原湖」目の前にある、歴史街道の駅の中にあります 奥裏磐梯らぁめんや さん。

丁度、昼時の12時だったので、お店は大混雑!
ウェイティングボードには15組ほどの待ち客があるので、我が家も記名し、順番近くになるまでDawn太を車から降ろし、桧原湖を眺めながら散歩することにしました。

この頃、ウチの方では1時間に56ミリとかいう大雨が降っていて、家を離れた私のもとにも防災メールが届いていましたが、裏磐梯はまだ雨が落ちていない時間でした。

我が家と同じように、待ち時間に散歩している先輩♂ワンコに出会いました。
13歳と仰っていたと思いますが、ノーリード散歩でも平気な子で、久しぶりにワンコ同士触れ合えて、Dawn太も嬉しそうでした。

さて。。。桧原湖目の前を通るこの道は、米沢と会津を結ぶ「会津街道」(別名:若松街道、桧原街道)
江戸時代に主な宿駅として整備され、宿には検断(宿駅関係の一切を取り締まり、統括する重要な職務)が配置されました。
会津街道はその後も明治時代まで賑わい、桧原も宿場町として栄えたそうです。

歴史街道の駅建物は、その検断役を務めた松本家の屋敷を改修したものだそうです。
リベンジ山塩ラーメン♪

入って右側にはラーメン店があり、反対の左側には村営の「会津米澤街道桧原歴史館」があります。
入り口にある箱に入館料100円を払えば、誰でも自由に出入りできるので、順番待ちの時間潰しにもピッタリな場所でした。

我が家もお邪魔してみましたが、桧原宿、金山、米沢街道の資料、地元で使われた古民具などが展示されていました。

歴史館前のスペースには、地元特産の「会津山塩」製品も販売されていました。
山塩とは、太古の海水が高温の地下水に溶け出して源泉になったもの。
その温泉水を煮詰めて作った塩のことです!

古くから、北塩原村の大塩裏磐梯温泉の源泉からは塩が採れ、江戸時代には会津藩に、明治期には皇室にも献上された記録が残っているそうです。その後、塩の専売化によって60年余り途絶えていましたが、地元の人たちの力によって「会津山塩」として復活しています。

泉質は「ナトリウム」塩化物強食塩泉。100Lの温泉水から、およそ1kgの山塩ができるそうです。
30gで540円。。。なかなか高価な山塩です。

ラーメン店のスペースは、座敷に大きめなテーブルが4つ。2人ずつの相席になっているところも多かったです。
あとは、店と資料館間の床張りホール奥にテーブルが2つ。

店の回転は良く、皆さん食べ終えると速やかに席を立たれるので、40分も待つと席へと案内されました。
検断屋敷の面影を残し、座敷中央には囲炉裏もある、趣のある店内でした。

我が家はTV前の窓側席だったので、食事をしながらも桧原湖が眺められました。
リベンジ山塩ラーメン♪

注文から10分もすると、我が家の料理が運ばれてきました!
会津山塩ラーメン(¥700)

奥側の旦那の丼は、150円増しの大盛りです。
丼が同じなので大盛りな感じが分かりませんが、麺はたっぷり入っていました。

メニューに「醤油」や「味噌」もありますが、やはり皆さんお目当ては「会津山塩」のようです。
透き通ったスープも綺麗で、良い香りに食欲も増します!

海水塩よりも塩分マイルドで、ミネラルたっぷり。塩の香りと優しさが口いっぱいに広がります。
たっぷり乗ったバラチャーシューも、塩で味付けされているのでスープを汚さず、肉質も柔らかで美味しかったです。
中太縮れ麺にもよく絡み、すっかり飲み干せるほど美味しいスープでした。

リベンジ大成功!
ご馳走様でした。

----- Sunday, July 2, 2017 -----

奥裏磐梯らぁめんや
住所 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字苧畑沢1034-19
営業時間 10:00~15:00(L.O.)/ スープが無くなり次第終了
定休日 火曜日
駐車場 完備
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※