attention admin about comments trackbacks you may also like

パンとジェラートと週末限定プリンと♪(一部生産終了品あり)

2017年06月14日
美味しいもの
-
雨だった前週、売っているのを見ながらも、購入しなかったジェラートがあったのが気になり、かなり遠回りになってしまうのを承知で、再び津川まで足を延ばしました。
また今週も、同じように雨。

目的のお店は。。。津川に来れば、もう何度となくお邪魔し、パンを購入している
奥阿賀グロッサリー combirie(コンビリー)さん!
地域おこし協力隊の制度を利用し、東京からこの地に移り住んできた若いご夫妻が作る焼き菓子とパンのお店です。
阿賀町の方言で「おやつ」の意味をもつ「こんびり」という意味合いを込めた、お洒落だけど親しみやすい店名になっています。

店内に一歩入れば、いつも焼けたパンの香ばしい匂いに包まれ、それだけで幸せな気持ちになれる、雰囲気の良いお店です。
カウンターに並ぶのは、見るからに素朴で、真っ直ぐな顔をしたパンたち。
阿賀野産の小麦や食材に拘り、その優しさにホッとする味わい深いパンです。
パティシエである奥様の作る、奥阿賀フィナンシェも人気で、最近はパンだけでなく、スイーツにも力を入れているお店でもあります。

さて。。。今回お邪魔した目的は
開店から1周年を迎えた今年5月から、こちらのお店で発売されているという、阿賀野ブランドのオリジナルジェラートです。

「買ったら店内で食べられますか?」「ジェラートケースを写真に撮っても良いですか?」というこちらの質問にも、優しくお返事して下さった奥様。「鬼ぐるみ」の店内ポスターが見えますが、ご夫婦がこの地に移住を決めたのは、この山の幸に惚れ込んだからだそうです。

コーヒーや紅茶と共に、購入したパンやフィナンシェが食べられるよう、店内にはイートインスペースも設けてあります。
ジェラート2個でも、手拭きやナプキン、スプーンまで用意してもらえました。

購入したパン袋も一緒に!

商品にはとても長い名前がついていますが、この日購入したのは
(左)バニラアイス(¥250)と(右)フランボワーズソルベ(¥350)です。

この他にもう2種類のジェラートがあるのですが、この日は上の2種類のみ販売されていました。

食べようと思ったら、スプーンまで可愛いかたちで驚き!
パンとジェラートと週末限定プリンと♪
地元産の完熟ラズベリーを使ったソルベは、ピューレもたっぷり!
爽やかな甘酸っぱさとフルーティーさがありました。
そう!やっぱりフランボワーズのアイスといったら、こういう姿を想像しますよね。

一方のバニラビーンズのたっぷり入ったバニラアイスには、五泉市にあるキムラファームの赤卵の卵黄が使われていました。
旦那の分として買ったのですが、食べ始めてすぐ「子どもの頃に食べたバニラアイスみいな懐かしい味がする。」。。。と。
どれどれ?と思って交換して食べてみると、確かにどこか懐かしく、上品なカスタードクリームを冷たく凍らせたような、卵のコクと生クリーム感。

どちらもそれぞれに美味しいのですが、両者交互に食べるのも、また美味しい!
後半は、旦那のバニラまで私のものにして、Wジェラート気分で、両者ミックスにして楽しみました。

残り2種類のジェラートも気になる!
パンを買う機会も増えるかも知れないので、登場を心待ちにしています。

奥阿賀グロッサリー combirie(コンビリー)  (2016年5月OPEN)
住所 東蒲原郡阿賀町津川3668
営業時間 10:00~17:00
定休日 火・水・木曜日
駐車場 無し



帰りに国道49号を走っていると、トイレ休憩で立ち寄ったはずの道の駅に「とうふ」の文字が目に留まり、何故か気になって、トイレよりも先に立ち寄っていました。
何処かで聞き覚えのあった「三川とうふ」
宣伝などは一切せず、口コミだけで評判が広がったという豆腐です。

入り口に「桑の葉とうふあります」と書かれていて「これは買わなきゃ!」。。。と。
ショーケースを覗くと、ついさっきcombirieさんのカウンターで見たのと同じ「豆乳プリン」が並んで売られているのを発見し。。。
そこで初めて、三川とうふ × combirie の共同鵜開発品であると気が付いた次第です。

combirieさんで見つけた時には、ジェラート目的だったので購入を見合わせましたが、こちらで見つけたからには、お豆腐2丁と一緒に豆乳プリンもお買い上げ!
土・日限定販売 三川とうふの 豆乳プリン(¥200)

パッケージの裏面には、combirieさんの店舗紹介が書かれていました。

お母さんが子どものために手作りするように、丁寧に作られた豆乳プリンは、最初はお豆腐を食べているようなしっかりした大豆の風味あり。
次第に卵のコクで、軽やかな滑らかプリンのようであり。
全体的に甘過ぎず、カラメルシロップの最後の一滴まで飲み干せる、美味しい豆乳プリンに出会いました。

この時、一緒に買った 桑の葉とうふ(¥180)
パンとジェラートと週末限定プリンと♪
石臼を使って丁寧にすり潰して作る豆腐は、密度の濃い、豆本来の味と甘みを感じるものでした。
桑の葉の粉末入りなので、後味に苦みがあって、これまた大人な味の絶品豆腐。

大豆が美味しいのは勿論のこと、国道49号にある五十島トンネル工事の際に湧き出したという、県の名水百選にも指定されている「薬師清水」が仕込み水の豆腐だそう。
やっぱり、水の力は大きいのですね。

----- Saturday, June 10, 2017 -----



翌日、また同じ場所にいました!

プリン苦手なはずの私が、あまりに美味しくてまた買いに来てしまいました。

開店して間もないお店に入ると、売り場には手付かずの豆乳プリンが山積み!
昨日は無かった「本日最終日」の赤文字が見えたので、レジのお兄さんに撮影しても良いか尋ねると「はい、どうぞ!宣伝してください。」と快い返事。
インスタでもブログでも宣伝しますよ!

三川とうふさんの新鮮な豆乳、五泉のキムラファームの卵黄、生クリーム、砂糖のみで作られた豆乳プリンなので、日持ちせずに土・日限定販売なのです。

昨年夏から発売になっている豆乳プリン。ずっと三川とうふさんのみでの販売でしたが、現在はcombirieさんでも、同じく週末限定で購入できます。
(※2017年秋をもって、豆乳プリンは生産終了しています。)

道の駅には、combirieさんのパンやジェラート、焼き菓子などの販売もありました。
レジのお兄さんに「パンも美味しいですよ!」と勧められましたが、この日もパンはcombirieさんまで行って購入しました。
早い時間に入店できたので、鬼ぐるみのパンや、また食べいとずっと思っていて再会出来なかったかったいちじくパンもあって、良い1日の始まりになりました!

三川とうふ
住所 東蒲原郡阿賀町岩谷2865(道の駅みかわ内)
営業時間 10:00~17:00
駐車場 完備


ここは会津街道(国道49号)脇。。。この日はこのまま福島へ。
行って来ま~す!

----- Sunday, June 11, 2017 -----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※