attention admin about comments trackbacks you may also like

平石亭・2017春♪

2017年05月25日
イケ麺パラダイス
-
春の美味しい山菜が食べたくて、冬期閉鎖中だった福島側の道路が全線開通した最初の休日に、春まだ遅い「山菜共和国」にお邪魔してきました。

開店すれば、1時間待ちは当たり前になってしまう人気店なので、開店する1時間以上も前に到着!
いつものように、用意されていたウェイティングボードに一番乗りで記名し、開店までの小一時間、Dawn太をつれて川遊びを。。。と思っていました。

ところが。。。去年見つけた絶景の川遊び場は、水量が非常に多く、遊んだポイントにすら辿り着けない状態!

それもそのはず。。。周辺地には、まだこんなにたくさんの雪が残った状態でした。

久々の残雪に嬉しくなり、思いがけず雪遊び!

過去記事をめくってみると、昨年春に訪れた日とたった1日しか違わないのに、全く別の季節感の広がる光景でした。

さらにもう一箇所、川辺に下りられそうな場所を見つけて行ってみましたが。。。同じように、雪解け水で川は増水中!

流れのごく弱い浅瀬に、少し足を浸しただけで終わりました。

当てが外れ、お店開店時間の15分ほど前に戻ってきました。
お邪魔したのは、県内で一番美味しいお蕎麦屋さん(。。。と、私は思っています。)
そば処 平石亭さん

JR只見線・大白川駅の2階にお店を構え、期間限定・週末と祝日限定営業という、とても珍しいスタイルのお店です。

店前を走るR252に除雪が入らないため、冬期間は完全休業になってしまうというお店ですが、今年もGW初日だった4月29日から営業が始まったという知らせを受けてこの日お邪魔しました。

一番乗りで駅の2階へ行く頃、丁度、開店前の中休みで、店内テーブルには従業員さんたちの姿があります。
ショーウィンドーの中には、地元で採れる山菜の見本や、「あら、こんなところにもDawn狸!」(今まであまり気に留めていなかった。)
平石亭2017

やがて開店時刻になり、一番最初に呼ばれる優越感!
好きな場所が選べますが、3回行って3回とも、一番奥にある小上がりに陣取ります。
平石亭2017
出されるお冷が名水で、冷たくて美味しいんです。
この水で、丁寧に蕎麦打ちされるので、美味しいと評判のお蕎麦になるのも頷けます。

席に着いてすぐに注文したので、蕎麦が茹で上がればすぐ運ばれてきます。
ちび子の 春の山菜ぶっかけ(¥1,000)
昨年は旦那が食べていたメニューですが、今年はまだあれだけの雪があるので、ヒメタケの姿は無いようです。

私は 源流ざるそば(¥600)

お蕎麦は、地元魚沼産そば粉100%使用。
石臼挽きの自家製粉したものを、丁寧に手打ち、手切りして提供されます。

1口目からしっかり蕎麦の味がするのは、蕎麦好きにはたまらない至福の時間です。
弾力のある十割蕎麦で、何度食べてもNo1!

天ぷら盛り合わせ(¥400)
苦みの強い山菜が好きなので、ここで食べたフキノトウがホロ苦で美味しかった!

何度来ても、何度味わっても、安定の美味しさがある人気店です。
ご馳走様でした。

そば処 平石亭  
住所 魚沼市大白川 JR只見線 大白川駅 2F
営業時間 11:00~15:00(そばが無くなり次第終了)
営業日 土・日・祝日(11月末~4月下旬頃までは冬季休業)
駐車場 完備



開店早々にお昼を済ませると、今年は5月10日の正午に開通したばかりという
国道252号線の「六十里越雪わり街道」を抜け、福島の奥会津へと向かいます。


六十里越えといったら、毎回ここで記念撮影するのですが。。。
これまた今回初めてのことで、山頂は虫が多くてビックリ!

Dawn太の顔にも見えていますが、景色を撮ろうとして構えたレンズの前にもブンブンと邪魔する、邪魔する!

虫さえ邪魔しなければ、お天気も良くて最高の眺めでした!

この日はさらに奥会津にて、ずっと楽しみにしてきたあれやこれや。。。楽しみます!

----- Sunday, May 14, 2017 (Dawn太 2歳2ヶ月 / 生後811日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※