attention admin about comments trackbacks you may also like

大峰山桜公園2017♪

2017年04月30日
お出掛け
-
山形から県内へと戻ると、我が県の方が断然お天気も良かったので、もう一箇所、桜の名所にもなっている、思い出の公園を散策してから帰宅することにしました。

日本で最も小さいと言われる櫛形山脈の中に、標高399.5mの大峰山があります。
その麓近くに広がる大峰山桜公園。

ブログ記事をめくってみると、先にここを訪れたのは2011年5月4日のこと。。。
つい数年前のような気がしていたのに、もう6年も前のことでした。

駐車場付近から、すでに桜満開!
同じように見える淡いピンクの桜も、1本1本違う種類で、見ても、撮影しても飽きません。

マタギの里である山形県の小国町は、山深く、まだ残雪もあって熊も冬眠中でしたが、大峰山は前日の朝、登山口付近で熊の目撃があったそう。。。

リュックに熊鈴をつけた登山者とも多くすれ違いましたし、後ろから上って来る子どもには「熊だ!熊だ!」と言われました。

園内には、栽培種の桜109種類300本あまりの桜が植栽されています。

開花期も異なるので、すでに花びらの散っているものから、冬咲きのものまで様々。

数か所に眺望所もあり、ベンチに腰掛け、のんびりと休憩しつつ景色を楽しむ人の姿があります。

背後には櫛形山脈、目の前には田園風景。。。長閑で良い休日の午後です。

飼い主さんと一緒に、お花見中だったお友達も!

萌黄色の花を咲かせる「鬱金桜」

同じ時期に咲く桜でも、色も形も様々で、その種類の多さに驚きます。
大峰山桜公園2017♪

こんもり咲いた八重桜の木!


さらに一段高い場所から、花見広場が見渡せます。

そういえば。。。以前、花見広場で見た「御衣黄」が無い!と思って、再び花見広場をウロウロ。。。
最初から案内看板で確認すれば良かったんですよね。

案内板を見たら、以前来た時とは全く違う奥まった場所に移植された(⁉) らしくて、山道を下りたり上ったりを繰り返しながら、ようやく見つけました。

また蕾の状態。。。しかも、かなりの大木なので花芽が遠い。
これは、立派な望遠レンズでも無いと撮影難しそうですね。

多少起伏のある階段道を、小一時間ほど散策。。。今日もたくさん歩いたね。


山を下りて来ると、一羽のヒヨドリが花の蜜を吸っていました。
花の時期は、人だけでなく、鳥たちにとってもパラダイスになるのでしょう。

我が家のボクちゃんは。。。やっぱりここがパラダイス(⁉)
山歩きのクールダウンは、終わりそうな水芭蕉を見ながら。。。でした。

----- Sunday, April 23, 2017 (Dawn太 2歳2ヶ月 / 生後790日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※