attention admin about comments trackbacks you may also like

初桜@前橋公園♪

2017年04月18日
Dawn太_0-2歳
-
すっかり脱線してしまいましたが。。。雨だったこの日の群馬旅、話は こちら からの続きになります。

我が県よりも降水確率高く、1日中雨予報だった群馬県。しかし、焼きまんじゅうを堪能するころにはすっかり雨も止み、お邪魔したお店からほど近い前橋公園の桜満開だったので、今年の初桜をここで楽しんで行こうと、ちょっと立ち寄ってみました。

前橋公園。。。その昔は前橋城址だった場所なので、道路挟んで向こう側にある県庁付近にも、見事な高い土塁が残されていました。
初桜@前橋公園♪

運良く停められた駐車場から歩き出すと、眼下に桜が広がり、まるで「空中庭園」のようでした。



公園内にも高土塁が残り、その上に咲く様子が何とも見事でした。

右も左も分からぬ公園内を歩き出すと、同じくボーダーを連れたご婦人が声を掛けて下さり、お互いに歩み寄って「こんにちは!」
お話を聞くと、13歳になるという♀犬さんでした。
全く歳を感じさせず、元気に楽しくお花見散歩。。。あやかりたいものです。

柳原放水路   公園に隣接する「柳原発電所」から流れる放水路です。

雲の橋上より   水路に沿って咲く様子が綺麗です。

ウチの方の桜はまだこれからの頃、前橋の桜はもう散り始めでした。

さちの池


冬と春が同居したような景色。   奥に前橋市役所(市議会)と群馬県庁舎

土塁上より
初桜@前橋公園♪

今、通って来た芝生広場には、露店もいっぱい。
お天気が回復し、たくさんの人たちが花見に訪れていました。

上から見ると、さちの池が、群馬県のかたちをしているのが分かりますね。


「からっ風」の洗礼を受けています。



土塁下の広場にあった、初代県令・楫取素彦(かとりもとひこ)を顕彰する銅像「楫取素彦と松陰の短刀」
銅像は、楫取素彦と楫取の最初の妻・寿(ひさ)、実業家の新井領一郎、新井の兄で製糸家の星野長太郎の4人。
生糸を直輸出するため渡米する新井領一郎に、寿が、渡米の夢が叶わなかった兄・吉田松陰の形見の短刀を託す場面を表したものだそうです。

旅先で思いがけず、良い花見散歩ができました。

----- Sunday, April 9, 2017 (Dawn太 2歳1ヶ月 / 生後769日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※