attention admin about comments trackbacks you may also like

氷見散策♪

2017年03月18日
Dawn太_0-2歳
-
富山城址公園の散策を終え、次になって来たのは、実に3年ぶりの氷見漁港!

まずは、潮の香りも心地よく、気持ち良い芝生広場が広がる 比美乃江公園 へ。


Dawn太の背後に浮かぶ白いモクモク。。。これ、雲じゃないんですよ!

富山湾に浮かぶ唐島の背後に見えるのは、雪の立山連峰なんです!
この日、富山に訪れた本当の目的は、この絶景が見たかったから!
3年前の春に訪れた日も、同じように好天に恵まれた日でしたが、同じ場所から立山が見えなくて残念だったので、2度目にしてこの景色が見られて何よりでした。

公園内には、モニュメント兼展望台が設けてあります。

転倒防止のガラス越しでは、ちょっと残念ですね。(;^ω^)

展望台の高い場所からは、富山湾の様子が一望できます。

がんばって抱っこしてもらったけど、風のある日は揺れるんですよ。。。この上。

ポカポカ陽気の昼下がり。。。潮風に吹かれながら、念願の眺めは最高でした!





お昼の時間はとっくに過ぎ、そろそろ1時半になろうという頃。
お腹も空いたので、この度も、氷見漁港場外市場 ひみ番屋街 でお昼にします。
時間が外れて良かったか?。。。といわれると、観光客が多い場所なので、海鮮ものを扱う飲食店内は、まだまだ待ち客もいる状態!
前回食べて当てにしていた浜焼きコーナーは、今は 番屋亭 という飲食店が建っていてこちらも超満員!数量限定の春の味覚はすでに完売のはず。。。
お手軽なフードコートも、海鮮ものは完売している状態でした。

全く方向転換で。。。
精肉問屋直営という 氷見牛GYU-YA 番屋店で、氷見ブランドをいただくことに!
氷見散策♪
売店も完備していて、手軽に氷見牛の握り寿司を購入して食べることも可能でしたが、せっかくなので店内へ!
店内入口脇には、扱っている牛の等級などが表記されていました。
B級ランク肉ではありますが、ちゃんと氷見牛使ってますよ!
以前、屋外のワゴン販売で食べた氷見牛コロッケやカレーパンも、こちらのお店のものだったのかも知れません。

店内はテーブル席が7つほど。。。意外とこじんまりしています。
運よく、今空いたばかりの席に座れましたが、我が家のすぐ後から来られたご夫婦は次の席が空くまで、若干、立ち待ちされていました。
氷見散策♪
メニューは氷見牛のステーキ・ステーキ丼・ハンバーグ・カレー etc…
観光地の飲食店にしては接客慣れしていない感じで、どの客を先に案内したのかもあやふやで、お冷を運ぶ順番、注文を取る順番など、親切な客に指摘されて気づくような場面も見られました。

注文してから10分ほどで、我が家の料理が届けられました。
氷見牛ステーキ丼(¥1,480)

味が足りないようなら、ステーキソースをかけて下さい。。。と。
氷見産コシヒカリの上に炒め玉ねぎがのり、その上に、ミディアムレアなステーキが盛られていました。 
付け合わせのサラダもたっぷりです。

ステーキ自体の味は塩コショウで薄めなので、ご飯と一緒に食べるには、やはりソースは欠かせなかったです。
しかも、ご飯と肉の分量がアンバランスなので、どうしてもご飯が余り気味に。。。
肉質は柔らかで、これが氷見の牛肉なんだな。。。と。

食後には、コーヒーゼリーが出されます。
ご馳走様でした。


以前来た時と時期的に似通っているので、前回ここへ来る目的となったジェラート店は当時のメニューとほぼ一緒だったので今回はスルーしました。
変わりに、ランチ先を探しながら見つけた 箔一 氷見店 で、ここを逃したら、次は加賀まで行かなきゃ食べられそうにないこちらに挑戦!
氷見散策♪
注文すると、ソフトクリームを絞る前に、何やら小道具の用意!
白木のカウンターも、何処か高級感が漂います。

絞り出されたソフトクリームに、パラパラと金粉を振りかけたあと、金箔1枚をそのままソフトクリームの上に貼り付けるという。。。
氷見散策♪

金箔のかがやきソフトクリーム(¥891)
blog_import_5b3cbd7c3cb4a.jpeg 
箔一にちなんだお値段設定になっていますが、端数の1円は受け取りません。

blog_import_5b3cbd7dd049e.jpeg 
春のこの時期限定で、可愛らしい桜チョコ付きになっています。

フードコートのイートインスペースは熱気でアツアツ!
屋外に持ち出せば。。。潮風に吹かれて一気に金箔がソフトクリームに密着。 
太陽光の下だと、より一層ピッカピカですね。

加賀400年の伝統も、一瞬でお腹の中へ!
味はごく一般的な観光地のソフトクリームなのにゴージャスな気分が味わえます。



食後は、再び外散歩♪
ひみ番屋街にある足湯脇には「ひみぼうずくん」という、藤子不二雄A先生デザインのオリジナルキャラクターが見られます。

近くの遊具も、漁港らしく、魚をかたどった大きなもの。
そして、ここの天辺にも「ひみぼうずくん」
この遊具には滑り台もあって、スライド部分には「忍者ハットリくん」のキャラクターたちと一緒に「ひみぼうずくん」も描かれているんですよ。

ここ氷見は、藤子不二雄A先生の出身地!
市内中心部には、先生ゆかりのアニメキャラたちが点在しているんです。

まずは。。。氷見をイメージして富山湾の魚を擬人化した「氷見のサカナ紳士録」から氷見を代表するブリのプリンス!  
氷見散策♪
その道路向こうには忍者ハットリくん!
子どもと記念撮影するには程よい高さなのでしょうが、体高50cmセンチばかりのDawn太との記念撮影はなかなか難しく。。。

次に見つけたシンちゃんとは、抱っこで撮ってみましたが。。。
生命体で無いヒト形は苦手で、顔が拒否してるという。。。(;^ω^)

犬同士のコラボ♪ 伊賀流の忍者犬の獅子丸と!

このモニュメントが置かれているのは「氷見まんがロード」

ちょうど中間地点にあたる比美町商店街アーケード下に、案内板が設けてあります。

郵便ポストの上にも、ハットリくんとシンちゃんが!


氷見市潮風ギャラリーもこのとおり!さっき見た立山連峰と富山湾の景色が描かれています。
買い物も楽しくなりそうな商店街でした。

----- Sunday, March 12, 2017(Dawn太 2歳 / 生後748日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※