attention admin about comments trackbacks you may also like

続・十日町雪まつり2017♪

2017年02月28日
お出掛け
-
お昼を済ませ、再び雪まつりの雪像見学!

■山本町1丁目村山石油隣り■ 審査員賞 大宇宙


地元の土建屋さんの作品です。

■関浅ひろば■ 十日町市文化協会連合会長賞 妖怪大集合!

青空に真っ白な雪像が映える!人気者の妖怪たちが、見事に再現されていました。

この会場、少し斜面を上ったところに、大きなかまくらとスノーチュービングが楽しめました。

家の庭でもかまくらはつくりましたが、こんなに大きなかまくらにはなかなか入る機会もないですから、Dawn太と一緒に遠慮なく!
続・十日町雪まつり2017♪

■雪ん子ひろば■
関浅ひろばを出る頃、丁度3時だったのですが、イベント終了1時間前のこの頃から、順次その準備がすすめられ、案内用の幟旗などの目印も撤去されてしまいます。
その目標物を失い、ちょっと迷いそうになりつつ到着した会場。。。
すでに団体の方々が集合され、Dawn太の目線はその方々に向いています。(;^ω^)

十日町ロータリークラブ賞 輝  希望への夜明け

キリン賞 どき土器わく輪く
野首遺跡は、この作品を作成した地域周辺にて、平成8年(1996年)に発掘調査された縄文時代中~後期の集落跡です。

反対側にも作品が続いているというので、裏手に回る途中。。。
遺跡を発掘している雪像越しに、先ほどの雪像が垣間見えるのも素敵ですね。

裏面は、縄文土器を聖火台とした2020年の東京五輪仕様になっていました。


十日町雪まつりのイメージキャラクター、雪の妖精「ネージュ」と、トッキッキやレルヒさんなど、県のゆるキャラたちの雪像もありました。
続・十日町雪まつり2017♪
さぁさぁ急がないと!。。。あともう1箇所見られるかな⁉

■田舎のひろば■ エフエムとおかまち賞 ここはどこ?こびとの国?

閉幕30分前に到着し、急いで車から降りた途端、再び遠くから手を振るP氏に遭遇!
あとで知ると、僅か数分前、P氏が同じように記念撮影してた手のひらの上。
この作品、大きくて可愛くて分かり易くて。。。今年一番のお気に入りでした♪
犬の前の犬。。。撮影していると、周囲で見ている人たちも微笑んでくれます♪

十日町青年会議所理事長賞 喝!

特別養護老人ホームの中庭につくられた雪像は、巷で流行る病魔を、道元禅師が神通力で追い払っているお姿とか。。。
写真を撮っていると、ホーム内から職員さんにしきりに話し掛けるお婆さんの声が!
きっと「あんげとこ犬が入って、ぼっこしたらど~しょば!」って話していたのかも⁉

Dawn太と一緒に懺悔!

※方言訳「あんなところに犬が入って、壊したらどうしよう!」
お婆さんの話し声は明るくて、好意的にみていてくれたと思います。

この会場、まだまだたくさんの雪像がありました!
次の雪の芸術作品へ向かう間には、地元の子どもたち作成の雪像も。。。

学童部門 PPAP

十日町農業協同組合経営管理委員会長賞
 十日町の、おくりもの

十日町と言えば、全日本女子レスリングチームが毎年強化合宿を行うために訪れる地。
伊調馨選手が国民栄誉賞受賞されたお祝いに、十日町織物の着物を贈ったエピソードがモチーフになっている雪像だそうです。

ほくほく線賞
 魔法使いの弟子

閉幕15分前に拝見した最後の作品。。。製作者は東京から参加の方々でした。

イベントで制作された雪像は、閉幕の4時ピッタリになると取り壊されてしまいます。
15分前の見学だったので「中に入って、もっと近くで見ても良いですよ!」と。
ボクちゃんだけ行く気満々でしたが、入っちゃいけない場所は、やっぱり入らず見ましょう。
雪像が取り壊される姿は見るに忍びないので、この後すぐに立ち去りました。

同じ日とは思えないほど、1日の中でもコロコロとお天気変わりやすい日でしたが、今年は早めに会場入りしたので、昨年よりもたくさん楽しめました。

----- Sunday, February 19, 2017 (Dawn太 1歳11ヶ月 / 生後727日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※