attention admin about comments trackbacks you may also like

2017ショコラモード♪

2017年02月14日
美味しいもの
-

新潟伊勢丹で開催中のショコラ―モード2017にて

今日はバレンタインデーですね!
伊勢丹で開催中の チョコレートの祭典「2017ショコラモード」に行って来ました。
※開催期間 2017年1月26日(木)~2月17日(金)まで

今年も世界各国から、選りすぐりのブランドが大集結!
その数、なんと100以上とか‼

ショコラモード限定ソフトクリーム

だけど私の目的は、誰かに贈るためのチョコレートではなく、ここでもやっぱりソフトクリーム。
あれも、これもスッ飛ばして、売り場探してまっしぐら!
今年のソフトは2種類出ていましたが、この度はこちらの行列の最後尾に!

イタリア シルヴィオ・ベッソーネ

ソフトジェラート・MIX(¥540)

シルヴィオ・ベッソーネ_ソフトジェラート

イタリア・ピエモンテ州のショコラティエであるシルヴィオ・ベッソーネ氏。
数々の受賞歴を誇り、2001年に最優秀ヨーロッパチョコレート工房賞を受賞。
2009年にはイタリアのプラリネコンテストで優勝しているという実力の持ち主です。
こちらのブースでは、チョコレート、グラニータ、ソフトジェラートが販売されていて程よい行列ができていました。

シルヴィオ・ベッソーネ氏が、日本の為に手掛けたというソフトジェラート。
「フレッシュ&濃厚な現地の味をたのしめます!」との謳い文句。

グラニータの上にソフトジェラートのスタイルでも販売されていましたが、私はソフトのみで、ヘーゼルナッツチョコレート、ホワイトチョコレート、ミックスの3種類の中から、欲張りMIX盛りにしました!
シルヴィオ・ベッソーネ_ソフトジェラート

イタリア・トリノ地方の名産であるヘーゼルナッツとカカオを合わせたヘーゼルナッツ風味チョコレート(Gianduja Chocolate)に、ホワイトチョコレート(Chocolate bianco)が一緒にグルグル!
きめ細かで滑らかなソフトに仕上がっていて、両者共に甘さ控えめで食べ易い!

イベント限定でしか出会えない味!
ご馳走様でした。

ショコラモード限定カフェで、チョコとコーヒーのフードペアリングをたのしむ

昨年のような実演販売は無いのか?…と、さらに会場内を巡って興味を持ったのが新潟バリスタ協会提供の、ショコラモード限定カフェ。
県内で活躍するバリスタが集結し、この時期ならではのコーヒーとチョコレートの世界を展開していました。

ここで私が注文したのが
フードペアリング(¥1,026)

3種類のチョコレートと、ハンドドリップコーヒーの相性を楽しむというものです。
ショコラモード_フードペアリング

ハンドドリップコーヒーは、ケニア産のレッドマウンテンをはじめ、レモングラスのような華やかですっきりとした味わい・エチオピア産のイルガチェフ、東南アジア特有のハーブのようなエキゾチックな香味・トラジャ…と、3種類用意されていて、どれを選んでもチョコレートとの相性は良いとこのこと。

私は、オレンジやトマトを連想させるという、ジューシーな果実味が特徴の、ケニア産コーヒー豆の「レッドマウンテン」を。
用意されたチョコレートは、特徴の全く違う3ヵ国のもの。
どれもカカオ豆に砂糖が加えられただけの、本物の味が楽しめます。
ショコラモード_フードペアリング

チョコレートは、プレートの左側から順に食べてみました。
  • 【NUTTY】
    ナッツのようなコクと甘い風味 ハイチ(カカオ73%)
    茹でアーモンドのような風味
    甘酒のような醸造香と、茹でたアーモンドのような甘みが特徴
  • 【SAVORY】
    ハーブや木の香のような風味 トリニダードトバコ(カカオ71%)
    フレッシュな杉の樽のような香りと、ドライミントやタイムのような印象が特徴
  • 【FRUITY】
    ベリーのような複雑な風味 ベトナム(カカオ68%)
    カシスのようなジューシーな風味
    ワインビネガーのような爽やかな香りと、カシスのようなキレの良い酸味が特徴

先にチョコプレートが届き、遅れて淹れたてコーヒーが届けられました。
届いたコーヒーをまず一口飲み、一番左のハイチチョコを口に放り込んですぐ、届けられたコーヒーが「ハウスブレンド」であったとのことで、私がお願いした本来の「レッドマウンテン」が ▼こちらでした。
ショコラモード_フードペアリング

すっかり写真を撮り終え、いただき始めたところだったので、ちょっとがっかり!
先のコーヒーが届けられた際、はっきりと「フードペアリングのレッドマウンテンです」と言って持って来たので、客は違うモノが届けられているとは気づくわけがないですもんね。
提供するセットが揃ったところで届ければ良いものを…。

遅ればせながら届いた「レッドマウンテン」は、酸味と苦みのバランスが良くて、とても飲み易いコーヒーでした。
肝心のチョコレートとの相性も良かったのですが、2番目に食べたチョコレートがあまりにも特徴的で、印象的で!
両者が引き立ちあうというよりも、チョコレートの味を引き立たせるためのコーヒーのような印象が強かったです。
トリニダードトバコ最強!

普段食べられないような、特徴的なチョコレートに出会えたこと。
意図せず、ハウスブレンドとレッドマウンテンの飲み比べまで出来てしまったことで、ちょっとお腹チャプチャプになって会場を後にしました。

おしまいに

あと数日、イベントは楽しめますよ♪
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※