attention admin about comments trackbacks you may also like

あんこうつるし切り2017♪~がんばれ糸魚川~

2017年01月27日
お出掛け
-

糸魚川あんこう祭りの目玉イベント「あんこう吊るし切り」

あんこう汁を堪能した後、糸魚川駅前に設けられたお祭り会場へと向かうと、もうすでに、この日1回目の「あんこうのつるし切り」が始まっていました。
あんこうのつるし切り

当然、つるし切りが行われているステージ前は人垣ができ…。しかも、この日は冷たい雨が降る日だったため、傘の山で殆ど見えず…。仕方ないので、2度目の実演を待つことにしました。
15キロのあんこう

この日2回目の吊るし切りを見学

2度目の実演は11時半から。
相変わらず、冷たい雨が落ちたままの1日になりました。
あんこうのつるし切り

結局、雨だなんだで2回目実演にもまた少し出遅れ、この度はステージ真正面ではなく、斜め後方からの位置取りで見学しました。

最前列にいるおじいちゃん、恵比寿様のような笑顔を浮かべて見学されていました。
地元TV局や報道カメラマンさんと並ぶこの位置、観客たちの楽しそうな表情が垣間見えて、また違う意味で良い場所でした。
あんこうのつるし切り

糸魚川会場の実演者、この会場ではお馴染みのセリ人さんです!
糸魚川_あんこうのつるし切り

2回目の実演では、15キロと少し小ぶりなあんこうが使われましたが、フレームのおさまりも良い感じ(⁉)だったと思います。
糸魚川_あんこうのつるし切り

口の周りから包丁を入れ
糸魚川_あんこうのつるし切り

一気に皮を剥ぎます。
糸魚川_あんこうのつるし切り

糸魚川_あんこうのつるし切り

女のコですけど、いい感じで筋肉質!
糸魚川_あんこうのつるし切り

このコの胃袋の中からは、カレイのような魚が出てきました。
糸魚川_あんこうのつるし切り

すっかり内臓が外されると、お腹の中は真っ白です。
糸魚川_あんこうのつるし切り

あんこうは顎と心臓以外は全て食べられますが、あんこう汁などでみる大きな切身は、この細くなった辺りに付いている肉です。
糸魚川_あんこうのつるし切り

ちなみに、一番美味しいのは、唯一運動している頬肉だそうです。
糸魚川_あんこうのつるし切り

最後の一太刀!
糸魚川_あんこうのつるし切り

自然と会場内から、拍手が起こっていました。
糸魚川_あんこうのつるし切り
※解体ショーの様子は、過去記事に詳細があります。

つるし切りの実演後、顎だけが残されていました。
残ったあんこうの顎骨

上は1回目の実演で使われた23キロのあんこう。下が私も見た2回目、15キロのあんこうの顎の骨です。かなり個体差がありますが、味に違いはないそうです。
そして、大きくなれるのあんこうはメスだけなのだそうです。

屋台のあんこうグルメも

あんこう汁の他にも、屋外会場にはあんこうグルメがありました!
あんこう唐揚げ

昨年の能生会場では有り付けなかったから揚げ! しかも待ち行列無しで買えました。

あんこうから揚げ(¥500)

あんこうから揚げ

揚げたて旨い!((美^~^味)) 身がふわっふわでした。
日本酒飲みたいなぁ~と思いましたが、今年は酒蔵の競演は設けられませんでした。

地元の一印かまぼこ屋さん、今年も出店されていました!

一印かまぼこ屋

かまぼこメンチ(¥200)

かまぼこメンチ

魚のすり身とお肉が出会ったメンチカツは、2016年3月に行われた「国際ご当地グルメグランプリ 選抜特別大会 in 上越」で第4位に輝いた商品とか。魚のすり身のフワッ!とした口当たりに、玉ねぎの食感と甘みもプラスされた新感覚の揚げ物で美味しかったです。

糸魚川会場を後にし、親不知ピアパーク レストピアへ

…だけど、一印かまぼこ屋さんといったら、やっぱり私はこちらも好き!
あんこう祭りの会場では販売されていなかったので、イベントがすっかり終わった後、さらに足を延ばして親不知のレストピアまで。
親不知のレストピア_めぎす団子とアイス

ここでなら常時販売されている
一印かまぼこ屋さんの めぎす団子(¥200)

こっちも大好物です!
メンチも団子も、お店まで行けばいつでも揚げたてでいただけますよ。


ついでに、ほんのり塩味のする ヒスイアイス(¥150)までいただきました。

おしまいに

忘れてはいけない現状…。糸魚川記事、明日も続きます。
もう少しお付き合いください。

----- Sunday, January 22, 2017 -----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※