attention admin about comments trackbacks you may also like

二年詣りと初詣♪

2017年01月06日
Dawn太_0-2歳
-
雪も無く、比較的暖かな年末年始を過ごしました。

二年詣り

ご近所の神社仏閣は二年詣り専門(!?)で、元旦にはひっそりとしてしまうので、Dawn太の夜のトイレ出しを兼ね、9時を少し回った時点で、競争率の高い(!?)破魔矢購入のため、一度旦那と一緒に外出。
二年詣り

年越しそばを食べ、紅白がすっかり終わった頃になり、今度は子どもたちも一緒に氏神様を含む三社、一寺を巡っての二年詣りでした。
いつもお世話になっているお寺さんで、63番→66番目の除夜の鐘を、家族それぞれに突かせていただきました。
上の子たちが小さい頃から、もうすでに20年近くも続けている、大晦日恒例の我が家の過ごし方です。

----- Saturday, December 31, 2016(Dawn太 1歳10ヶ月|生後678日)-----

明けまして元旦

昨年のように、朝の5時になるとDawn太が鼻鳴きして起こしてくれるようなことは無くなりましたが(最近は6時半ころまで静かにしてくれるようになりました。)元日早々、義母がデイサービスの日に当たっていて、平時同様に出掛けたいとの希望だったので、いつもと変わらぬ時間に起き、お雑煮を用意しました。

二年詣りもしているけれど、義母が出掛けて行ったあとは、みんなで越後一ノ宮へ初詣に!

まずは、彌彦神社の境外末社である祓戸神社に立ち寄りました。
祓戸神社

その昔の弥彦への本街道入り口となっていた場所に位置していて、彌彦神社境内全体を見回し、この地に不浄が侵入するのを防ぐ役割を担い、訪れる人の罪・けがれ・過ちを祓い除くと伝えられている神社です。
祓戸神社初詣

祓戸神社を拝んで身を清めた後で一の鳥居を潜るのが、彌彦神社参拝の正式ルートらしいです。
彌彦神社

ボクはここで失礼します!


失礼しますのDawn太

境内にペット連れで入られている方も見受けられますが、ペット同伴が明確に許可されている神社仏閣でない限り、我が家は境内へのペット同伴を避けています。なので、神域である鳥居内に、Dawn太を連れて行くことはありません。

神様だけが渡れる「玉の橋」
玉の橋

「御神馬」を拝み。
御神馬

例年ですと、御神馬を過ぎた辺りから参拝の長い列ができているのですが、今年は参道に行列が無い!
彌彦神社参道

しかも参道が一方通行でなく、こちらに向かって帰られる人の姿もあるではありませんか!
これは早起きして参拝に来た甲斐があった!

…と思って境内に入ると
あら!いつも以上にギュウギュウ詰め。
彌彦神社境内

例年より中途半端に早く着いたら、通行規制のかからない時間帯だっただけで、拝殿前はふつ~ぅに大混雑していました。

私たちが境内に入ってしばらくした頃、一方通行の通行規制がかかり、随神門から境内への入場規制もかかるようになりました。この人混みの中、40分ももみくちゃになっているのは、結構ツライ作業でした。

出雲大社と同じく「二礼、四拍手、一礼」での参拝です。
本年も良い年でありますように…。

時間を改め

夕方の買い物に出た際、Orionのいるお山のお寺にも初詣に立ち寄りました。
実は、年末の30日にもOrionのお参りは済ませているのですが、これから雪が降ればしばらくお山には行けない事も多くなるので、雪の無いうち、時間のある時に、せっせと通います。

ペット本堂とOrionのお墓に参りを済ませたあと、その後はさらに山の上に位置するお寺の御本堂も参拝。
御本堂と並んであるのは、私にとっては最強の縁結びの神様!弘法大師さまを祀った大師堂も参拝しました。
Orionのお山へ

Orionが亡くなった直後、毎週のように供養に通っていた時、本堂脇にあるこのお堂も一緒にお参りしたことで、早い時期にDawn太と出会え、さらに昨年は、Dawn太を通じてのお仲間とたくさんの出会いがありました。
全てはこのお堂からの御利益と信じているので、お礼参りと、今年のさらなるご縁を願って。

---- Sunday, January 1, 2017 -----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※