attention admin about comments trackbacks you may also like

越後長岡小嶋屋♪

2016年12月20日
イケ麺パラダイス
-
この日は長岡市内で買い物をしていたので、お昼に小嶋屋さんでお蕎麦にしました。
雁木の雰囲気も良い店構えの本店です。
越後長岡小嶋屋本店

県内には3つの異なる小嶋屋がある

小嶋屋さんといえば、へぎそばを考案した老舗として、あまりにも有名ですね。
同じように「小嶋屋」と付く店舗が、県内各所に数多く展開しているので、みんな同じ「小嶋屋」さんだと思っていたら大間違い!大正11年(1922年)に、へぎそばを考案したというお店の流れを受け継ぐのは十日町市(旧・川西町)に本社を置く「小嶋屋総本店」さんです。

同じく十日町市に本社を置く「越後十日町小嶋屋」さんは、昭和30年(1955年)に十日町に出した分店であり、今回お邪魔した「越後長岡小嶋屋」さんは、昭和40年に長岡市に出した分店が元になっています。その後、前者の ㈱小嶋屋は創業者の三男が、後者の ㈱長岡小嶋屋は創業者の五男が独立経営して今日に至るという、全く別の会社組織になります。

越後長岡 小嶋屋 本店でランチ

実際に行かれた人の話では、「総本店」と「越後十日町」「越後長岡」とでは、味が全く違うのだという評価もあります。
食べ比べの手始めに、越後長岡小嶋屋本店さんでいただいてみることにしました。

お邪魔したのは、昼食難民になりかけていた午後2時半。
お昼のピークは過ぎていましたが、店内奥のテーブル席3つには、まだ食事中のお客さんの姿がありました。
越後長岡小嶋屋本店

テーブル席は6~7つほど。入り口に近い側に小上がりがあり、我が家は小上がりの1つに着きました。
越後長岡小嶋屋本店

卓上には 塩、ゆず七味、すりごま など。
注文後に運ばれて来た猪口とツユ徳利、敷いていた座布団にも、「小」の字をモチーフとしたロゴマーク入りでした。

20分ほどしたところで、我が家の料理が次々に運ばれてきました。

ちび子|へぎそばミニ丼セット(¥1,280)

ミニ野菜天丼、ミニネギトロ丼、ミニ鳥そぼろ丼の3種類から好きな1つが選べます。
へぎそばミニ丼セットとへぎそばとタレかつ丼(小)のセット

旦那|へぎそばとタレかつ丼(小)のセット(¥1,566)

お米は県産コシヒカリが使われています。
そばつゆベースの特性甘辛タレにくぐらせた、ご当地B級グルメ「タレかつ」が一緒に味わえます。

私|野菜天へぎ(¥1,523)

野菜天へぎ

へぎそばといえば、大人数で大きなへぎを囲んで味わうのが醍醐味でもありますが、一人前からへぎで味わえるメニューが充実していました。

海藻の色合いが透けたような、綺麗で透明感のあるそばは、そば粉100%を布海苔で繋いだ、越後名物「布海苔そば」
均等な太さで切られ、エッジの立った、特有の歯応えと喉越しの良いそばです。
私的には、海苔はそばの味を邪魔するので不要かな…と。
越後長岡小嶋屋本店_布海苔そば

麺ツユは、キリッと醤油の立ったタイプ。
歯応えの良いそばを、この麺ツユにどっぷりと付けてから食べるのが越後流!

ゴマ油で揚げた天ぷらは、かき揚げと季節の野菜の天ぷら5品。(ナス、蓮根、しし唐 2本、舞茸、サツマイモ)
しし唐 → 舞茸 → サツマイモ と食べ進んで行くと、衣が薄くて上手に揚げられ、ゴマ油の香りも良く残っているので、非常に美味しかったのです。

ただ、最後に食べたかき揚げの上に、油を吸い易いナスが立てかけてあったことでかき揚げがナスの油を吸い込んで、かなり油っぽく、重くなってしまったころに出会ってしまいました。半紙も、油の吸収の良くないタイプ。
これは、食べる順番を間違えたな!と、それだけが残念でした。
越後長岡小嶋屋本店_天ぷら

〆の蕎麦湯。底の方に行くほど、トロミがありました。
越後長岡小嶋屋本店_蕎麦湯

おしまいに

長岡駅からも近い立地にあり、お一人様のメニューも充実しているので、グループでも、ブラッと一人でも、入り易いお店だと思いました。料理も充実していますし、蕎麦は布海苔そばの優等生!
県外からのお客様をもてなすにも、きっと満足してもらえることと思います。

接客も丁寧で、長年働いている慣れのようなものを感じました。
料理の到着を待つ間も、その後も、ずっと聞こえてくる会話は、奥のテーブル席のお客さんたちのもの…とばかり思っていました。しかし、そのお客さんたちがすっかり帰られ、店内の客が私たち家族だけになると、食事中の私たちの耳に届く話し声は相変わらずで、あらら!と少し残念に思ったのも事実です。

私を含め、同名の看板を背負っているお店なので、みんな同じと混同している人も多いことでしょう。
老舗から分岐したお店にお邪魔したので、次回は是非、へぎそば発祥の本家へも行ってみないとですね。

ご馳走様でした。(Saturday, December 17, 2016)

越後長岡 小嶋屋 本店

  • 住所 新潟県長岡市殿町2-2-9
  • 営業時間 11:00~22:00(21:30.L.O)
  • 定休日 元日
  • 創業1965年
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※