attention admin about comments trackbacks you may also like

【閉店】赤そばバイキング2016♪

2016年10月16日
美味しいもの
-
赤そばの花を愛でた後は、舌でも赤そばを楽しみましょう!

今年もお邪魔したのは、にこりこキッチン たべりこ

お店前のバス停の名前も「たべりこ」という、箕輪町営のビュッフェスタイルのレストランです。
にこりこキッチン たべりこ

お蕎麦を提供するレストランならではで、隣接して製粉室まで完備。
レストランの窓からは南アルプスの仙丈ヶ岳が望め、長閑な景色が広がっています。
にこりこキッチン たべりこ

レストランの裏手は、蕎麦をはじめとした農作物の畑が広がっていて、これまた長閑!
レストランからの眺め

赤そばの里を散策のあとは、天然酵母の美味しいパン屋さん「ハルハナ堂」さんで朝飯用のパンを調達し、そしてこちらへ。
開店時刻の11時までまだ45分もあるので、裏手の畑を眺めながら、の~んびりとこの日3度目の散歩です。
Dawn太とたべりこ周辺散歩

農道の脇に、白い蕎麦の花が咲いていました。
白いそばの花

今が盛りのものは、かなり晩生ですよね!本来ならば、写真右のように▼なっているはず。
白いそばの花

白い花の普通の種は、間もなく新蕎麦の時期を迎えますね!
白いそば畑

軽く散策した後はDawn太を車に待機させ、農産物直売所の「にこりこ」を物色。
新米に旬のフルーツや野菜。今年も立派なマツタケが販売されていました。

ビュッフェレストラン開店時刻 今年も一番乗り!

開店15分前には、レストラン前で待機。当然のように、今年のこの日も一番のりでした!
たべりこオープン時刻

開店の挨拶と共に、気持ち良~く1番で入店後、レジで料金前払い。アルコールメニューだけは別料金になりますが、赤そばも料理もドリンクバーも全て料金内で食べ放題、飲み放題です。

案内された席を確認後、好きな料理を好きなだけ盛って戻る頃に、最初の赤そばが運ばれてきて食事開始です!
ビュッフェ料理

嬉しい赤そば食べ放題

こちらのビュッフェの大きなウリは、箕輪町特産の「高嶺ルビー2011」を使った「赤そば」が食べ放題なこと!
そば職人さんが丹精込めた、打ちたて、茹でたての赤そばを、人数分ずつ運んできてくださいます。
赤蕎麦食べ放題

白花のそばに比べると、その収量は3分の1程度ですが、赤そばだってちゃんと食用になるんですよ。
赤そばはルチンが豊富で健康にも良く、コシが強いというのが特徴。これが、もっちりとした歯応えで美味しいんです。

店内の配置替えで後客からの視線痛し

今年は料理テーブルの位置が、厨房から出て真っ直ぐの場所に変更されていました。
この場所、働く人たちには厨房からも近くて良い動線なのかも知れませんが、利用者は毎回料理を取りに行く度、入店できずに順番待ち中のお客さんたちの「痛~い視線」に耐えながら取りに行かなければいけない場所で、何だか気まずい気がしました。

料理の品が数が激減していました~

変化していた料理

昨年は、地元野菜をふんだんに使い、お蕎麦に合う「和」を意識したおかずが所せましズラッ!と並んでいましたが、今回は炒めもの系中心で、味も中華っぽいものが多かったです。これがまた、私には塩気が強過ぎて、量がまったく食べられないという。
野菜メニューといったら、生サラダか、マリネ、5種類も用意されたピクルス。鶏のから揚げ、トンカツ、サバの竜田揚げ、サーモンフライ、天ぷら…と、揚げ物だけは充実していました。

赤そばお替わり~♪

完食した時点で、また次を頼む方式なので、いつでも茹でたてがいただけます。
赤蕎麦お替り


赤そば、さらにお替わり~♪ 麺ツユもお替わり~♪
赤蕎麦お替り

昨年は、食べ切れないくらいにおかずが充実していたので、赤そばは1度お替わりしただけでしたが、今回はお替わりしたおかずが少なかったので、その分、赤そばを多くいただきました!
とろろがあったので、それに麺ツユをいれて「とろろそば」にして食べても美味しかったです。

料理人さんが変わったでしょうか?

とうとうトンカツが間に合わなくなって、何故か代わりに出てきた棒棒鶏。やはり中華メニュー…。
昨年と、料理人さんが変わったのでしょうかね!?

昨年に比べ、半分程度になってしまった料理の中、美味しくてお替わりしていただいたのが、「サーモンフライ」と「木の実和え」「ずいきの炒め煮」の3種類でした。
信州はサーモンの獲れる場所ですし、身の上にタルタルソースが付いた状態で揚げてあるので、何もかけず、そのままで十分美味しく食べられる工夫がされていました。あとの2品は、お蕎麦にも合うおふくろの味!
ちび子は山盛りで「肉じゃが」を食べていましたが、ホッ!とする味が、赤そばには合う気がします。

デザート数も激減

そして、あんなに充実していたデザートも、フルーツ類一切無しで、僅か4種類になっていました。
バイキング_デザート

わらび餅が黄色みがかっているのは、中がリンゴ風味になっていたから!寒天の町が近いこともあり、あんみつやババロアには寒天が使われているのだと思いますが、ドーナッツだけ地域性が感じられず、ちょっと残念でした。

おしまいに

食事を終えて店を出る時には、さらに入店待ちの人々は増え、待ち時間も1時間程度になっていました。

昨年の、地産地消をウリにし、盛大に始まった時期を知っているので、今年の規模縮小や、当初のコンセプトを貫けない姿勢には、残念な部分も多々ありました。しかし、お腹いっぱい赤そばが堪能できるというお店は少なく、町ぐるみで頑張っていって欲しいお店に変わりありません。

ご馳走様でした。----- Sunday, October 2, 2016(Dawn太 1歳7ヵ月|生後587日)-----

にこりこキッチン たべりこ

  • 住所 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪3730-156
  • 営業時間 11:00~15:00(14:00L.O.)
  • 料金 大人¥1,300|シニア(70歳以上)¥1,150|小学生¥850|小学生未満¥500|3歳以下 無料
  • 定休日 火曜日(8月~11月は無休)|年末年始
  • 2014年7月20日OPEN

にこりこキッチンたべりこは、2019年10月31日をもって閉店しています。
赤そばの食べ放題はとても魅力的でしたが、非常に残念です。

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※