attention admin about comments trackbacks you may also like

中野屋・湯沢本店♪

2016年09月17日
イケ麺パラダイス
-
この日のお昼は、越後湯沢駅東口を出てすぐにあるへぎそばの老舗、中野屋 湯沢本店にお邪魔しました。

昨年冬に塩沢にある支店にお邪魔していて、その際の調べで、こちらの塩沢本店は昭和45年の創業当初からの建物だと記憶していたのですが、いざ行ってみるとその情報はかなり古く、古民家の趣を残したモダンで綺麗な建物で驚きました。
なんでも、3年前の平成25年に建て替えられたらしいです。
中野屋 湯沢本店

お昼時間を少し外し、午後1時半に訪問。
しかし、さすが人気店だけあって、中待合のウェイティングボードにはまだ5組ほどの待ち客がありました。

待ち客は暗黙の了解のように、先のお客さんが進むと順に、中待合の椅子へと移動して行かれます。
我が家もそれに従い、外待ち席から店内の待ち席へと。

外扉からの内側と、店内入って真正面には、支店である塩沢店と思われる絵画の額が飾られていました。
中野屋 湯沢本店

17~8分待ったところで、いよいよ我が家の順番になったのですが、「お座敷で相席になりますが、大丈夫ですか?」と。
「大丈夫です。」と答え、通された席は4~6人掛けのテーブルでしたが、上手に半分間仕切りされたかたちの相席テーブルでした。

改めて店内を見渡してみると、表の道路に面した窓側にテーブル席が設けてあり、通路を挟んだこちら側がお座敷席になっていました。
お座敷の中には座卓のほか、掘りごたつ式に腰掛けられるカウンター席も。また、囲炉裏を囲むようなかたちで10名ほどが座れる椅子席もあってお洒落。バリアフリーになっているので、車椅子でお越しの年配客もいらっしゃいました。

メニューは本店、支店ともに共通のようです。
店前にメニューがあったので、すでに決めてあり、席に着いてすぐにお願いしました。
中野屋 湯沢本店

卓上にはごま、七味、塩、そばふりかけ。そして、塩沢店では珍しい「かえし」が用意されていましたが、本店は「天かす」が置かれていました。
そばだけでなく、うどんメニューも美味しいお店ならではです。

しばらくすると、注文したそばと天ぷらの付属品など運ばれてきます。
ここで一気にテンション上がりました! これは支店には無かったサービス。
左側半分はお蕎麦用、右側半分は天ぷら用です!
中野屋 湯沢本店

同じお蕎麦屋さんでも、卓上に塩すら用意されておらず、そばツユを天ぷらの揚げ油で汚しながら食べなければいけないお店も少なくありません。
中野屋さんの本店では、卓上に塩も用意されながら、天ぷら用の天つゆが温かいままで提供されます。しかも、天つゆで食べても、塩で食べても良いように、その分の小皿が人数分が用意され、薬味に大根おろしまで!
こういった、至れり尽くせりなサービスも、並んでまで食べたいお店にする要因の一つなのだと感じます。

注文から10分ほどしたところで、先に天ぷらが運ばれてきました。

天ぷら盛り合わせ(¥800)

天ぷら盛り合わせ

仲居さん、両手に天ぷらの皿を持って運んで来られたので、フル稼働の厨房内では数組分の天ぷらを、同時に揚げていると思われます。

県民がそばを食べる際、決まって頼むという天ぷら。海老天といんげんは2つずつ、舞茸、カボチャ、ナス、ピーマン など。サクッと揚がってそばのお供にもピッタリ!

二人盛り へぎそば(¥1,460)

へぎそば

そばの入った容器のことを「へぎ」といいますが、まだ新しいへぎでした。

魚沼地方ではお馴染み、布海苔繋ぎのそば。
シコシコとした歯触りと、ツルッ!と滑らかなのど越しが特徴です。
へぎそば

良く冷えた状態で提供される中野屋さんのそばツユは、味醂とダシのバランスの良いそばの引き立て役。
そのツユにどっぷりとつけて、そばを啜るのが越後流です。
取り立てて悪いところがなく、いつ食べても同じように、良くまとまった布海苔そばの優等生を感じます。

私の席からは見えなかったのですが、近くのお座敷には小さい子連れのお客様があり、突然大きな音がして驚きましたが、どうもお子さんが徳利を倒してツユを溢してしまったようでした。
フロアの店員さんもすぐに気づき、対応に当たっていたのですが、「お怪我は無かったですか?大丈夫でしたか?」という言葉が真っ先に出てきて、その接客態度に、ますます好感の持てるお店でした。

ご馳走さまでした。----- Sunday, September 11, 2016 -----

中野屋 湯沢本店

  • 住所 南魚沼郡湯沢町湯沢2-1-5
  • 営業時間 11:00~20:00
  • 定休日 木曜日
  • 駐車場 完備 中野屋湯沢本店駐車場
  • 創業 昭和45年
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※