attention admin about comments trackbacks you may also like

一緒に苗名滝♪

2016年08月26日
Dawn太_0-2歳
-
笹ヶ峰高原にはキャンプ場もあり、川遊びの出来そうな箇所もあるとのことで向かってみましたが、実際に行ってみると、犬が安全に泳げそうな場所ではなく、まだ時間もあったので予定変更で「苗名滝」へ!

至る道路が新しく、広くなって整備されていて驚き!
着いた駐車場も拡大され、こちらもアスファルトで綺麗に整備されてまたまた驚きでした。
リニューアルされた苗名滝駐車場

Dawn太 初めての苗名滝へ

過去記事をめくってみると、私たちは3年ぶりの苗名滝。Dawn太は、初めて一緒に来た場所です。

歩き出してすぐにある吊り橋。揺れて歩かなくなるかな?と思っていましたが、意外と平気みたいです。
Dawn太_545日_苗名滝

吊り橋を渡った先の砂防堰堤。渇水期で水量は三分の一以下ですが、それでも結構な水音がします。
苦手だと思っていた水音も、あまり苦にしないようで、平然としていました。
Dawn太_545日_苗名滝

滝に至るまでの遊歩道も、新たに石が配置され、歩きやすいようになっていました。
Dawn太_545日_苗名滝

一茶句碑も健在!
小林一茶は、文化14年4月に野尻の門人・関之と共に苗名滝を訪れ、「瀧けぶり 側で見てさへ 花の雲」という句を詠んでいます。
Dawn太_545日_苗名滝

この句碑前から望む苗名滝と、手前に架かる2つ目の吊り橋。
Dawn太_545日_苗名滝

渇水期なので、やっぱり滝の水量も三分の一以下。

2つ目の吊り橋を渡ろうとしたら、犬連れの外国人さんが、橋の中央部に立ち止まり滝の姿を撮影中。
逃げ場も無く、大きく揺れる橋の上で犬同士の相性が悪いと目も当てられないので、Dawn太と旦那はその場に待機し、私だけ先に進みました。
Dawn太_545日_苗名滝

水量は少なくても、大自然を感じるこの景色は最高!
苗名滝

犬が苦手な人もいるので、人の波が切れたところで、ようやくDawn太もこちらに渡って来ました。
Dawn太_545日_苗名滝

吊り橋も平気みたいだし、かなり音はしますが、滝からも距離があるので怖いことは無いようです。
Dawn太_545日_苗名滝

玄武岩の断層に、落差55mという迫力の苗名滝。
苗名滝

春の雪解け時は、「落ちる水音が地震のようだ」ということから「地震滝」の異名を持ちます。
Dawn太_545日_苗名滝

復路の吊り橋。
Dawn太_545日_苗名滝

吊り橋を渡って、ここからさらに奥を目指し、ちょっと涼んできます!
苗名滝

最後の丸太橋の辺りでモタモタしていたら、先に到着したDawn太は、もう水に入って遊んでいました。
Dawn太_545日_苗名滝

この場所、私たちが初めて来た日に、同じように大型犬が泳いでいた場所なんです。
Dawn太_545日_苗名滝

苗名滝の流れ込む辺りは鉄分の多い水らしく、岩も茶褐色に見えますが…

あっ、丼ちゃん。今、水飲んでたでしょ!


Dawn太_545日_苗名滝

やっぱり!
Dawn太_545日_苗名滝

濁っているように見えても、水は美味しいみたいです。

水がこの色なのを知っているので、飼い主は泳がせるつもりは無かったのですが、岩同士の隙間に足が落ちちゃった弾みに、胸まで浸かって涼しそうでした(!?)
Dawn太_545日_苗名滝

大きな音がすることでも有名な苗名滝に、Dawn太と一緒に来るとは思わなかった!
Dawn太_545日_苗名滝

しかも、滝を見ながら川遊びができるなんてね。
雪解け時期に来ても、こんな風に尻尾上げて楽しそうにしてくれるかな⁉
Dawn太_545日_苗名滝

苗名滝

復路の丸木橋付近で、のった石が動いて片足が滑り、左足だけ軽く水に浸かりました… σ(´∀`○)ァタシ

ドロドロ足を関川で洗う

川遊びのあと、駐車場まで粘土質の散策路を歩いたので、Dawn太の足はドロッドロ!
あんなに川遊びの好きな子ですが、水道から流れ出る水も、自分が好まない場所に流れる水も苦手なので、何処で足を洗おうか…と思案。
結局、苗名滝から続く関川の少し下流に河川公園を見つけ、そこで汚れた足を洗って行くことにしました。
関川に入るDawn太

Dawn太がお邪魔した対岸付近は、上手に流れが堰き止められ、水の溜まったプール状になっていて、小学生の女の子数名が楽しそうに川遊び中!
海から遠い地の子どもたちは、こういう場所で水遊びをしているんですね。
関川に入るDawn太

さて、足の泥もすっかり落ちたし、下道でのんびりと帰ろうか!

----- Sunday, August 21, 2016(Dawn太 1歳5ヶ月|生後545日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※