attention admin about comments trackbacks you may also like

紅エビ&早田うり♪

2016年06月08日
スイーツde部
-

道の駅あつみ しゃりんで休憩

念願だった美味しい麦切りでお昼を済ませ、県内へ戻る途中、トイレ休憩のために立ち寄ったのは、道の駅あつみ しゃりん。ここを通ればもう何度も利用したこともある、海に浮かぶ舟をモチーフに建てられた、独特な形状をした道の駅です。
道の駅あつみ しゃりん

リニューアルされた屋外バザールのアイス売り場で珍しいご当地アイス発見!

あら、外の販売所の前面が整備されて、以前よりもっと綺麗になっている!
道の駅あつみ しゃりん_屋外バザール

ここで食べる、地元のお米でつくったおにぎりや浜焼きも美味しいですが、私の目的は、この中の一角にあるいつも人気なアイス売り場。
道の駅あつみ しゃりん_屋外バザール_アイス売り場

最近は、ブログ記事が溜まって書ききれないこともあり、以前と変わらずコンスタントに食べていても、何度も食べたものや、あまり特徴的でないものは記事にしていなかったり、お出掛け記事の中に一緒に入れておしまいの事も多いです。
なのでアイス記事だけ探して見ていると、見逃していることも多いはず…。

この日も、以前食べた珍しい「あおさアイス」をリピするつもりで「売ってるかな?」と思いつつ立ち寄ってみたのですが…

おぉ、これは!
カメラ、カメラ…


慌てて車までカメラを取りに走りました。だって…

紅えびソフトクリーム(¥330)

紅えびソフトクリーム

庄内ブランドの紅エビ。ここ庄内浜は、全国的にも屈指の紅エビの産地なのだそうです。

紅エビと聞いても、私には???でしたが、あとで調べて「北国赤海老」と知り、こちらの名前の方が馴染みがありました。
だって、我が県で「甘海老」や「南蛮エビ」の呼び名で親しまれているエビと、同じわけですから。

1口目は、さっぱりしていて美味しいミルクの味が良くします。使われているのはあつみ牛乳で、お店のソフトクリーム人気のNo1も、このあつみ牛乳ソフトクリームだそうです。
食べ進むにつれ、次第にエビの風味が。ミルクの味に、少し塩気のあるエビの味が良くマッチして美味しいです。

ちなみに我が県は、北海道、石川県に次いで、全国第3位の北国赤海老漁獲高を誇ります。漁獲量は負けていなくても、アピール苦手な県民性もあり、お菓子や加工品の無難な商品はあっても、ここまで冒険した商品は、これまで県内では出会えなかったわけですね。

早田うりアイス(¥300)

早田うりアイス

注文する際、お店の人に向かって「はやたうりアイス下さい!」って言ってしまいましたが、正確には「わさだうり」なんですね。
この、あつみの道の駅の地名も早田集落ですが、この地域の在来作物が、この早田うりだそうです。

食べてみると、1口目からしっかりメロンの味がしますが、甘さがさっぱりしていてしつこく無いので美味しいんです!
それもそのはず、早田うりはどんなに頑張っても糖度は10度程度。
濃厚な甘さのメロンにはかないませんが、ウリとしての風味は抜群!((美^~^味))
嫌味の無い後味に、ずっと美味しいメロンの風味が残ります。

地のものを愛し、絶やさず生産し続け、観光客相手に製品として提供しアピールする。地産地消にもなり、とても良いことですね。
さっき麦切りのお店で食べた自家製漬物のウリも、この「早田うり」だったのかも。

期待せずとも、次々に珍しいソフトやアイスに出会えるこの道の駅。
またお邪魔したいと思います。

道の駅 あつみ しゃりん

  • 住所 山形県鶴岡市早田戸ノ浦606
  • 営業時間 9~4月 / 8:30~17:30|5~8月 / 8:00~18:00
  • 定休日 毎月最終水曜日 / 年末年始

山形と新潟の県境をまたぐDawn太

我が県に戻る際、こんな場所も面白スポットです。
Dawn太の視線の先は、新潟県のおじさんが玄関前で作業中でした。
山形-新潟の県境をまたぐDawn太

----- Sunday, May 29, 2016(Dawn太 1歳3ヵ月|生後461日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※