attention admin about comments trackbacks you may also like

月不見の池♪

2016年05月05日
お出掛け
-
この日の糸魚川小旅行。半分は予定通り、もう半分は予定全滅な感じでした。
もう一箇所飲みに行くはずだった名水は、それがあるはずの神社が春大祭だったため、交通規制がかかって立ち寄れず…。
もう一箇所予定していたわさび園は、日曜日なのに定休日…。

行く当てを失って、仕方なくわさび園から戻る途中、走行中の車窓から糸魚川市内にある酒造会社の代表銘柄と同じ名前の「月不見の池」の看板を見つけ、好奇心からちょっと立ち寄ってみることにしました。
糸魚川ジオサイト巡りコースのひとつのようです。

新潟県の森林浴100選にもなっている月不見の池

月不見の池

この池の北側背後には、標高1,451mの烏帽子岳、標高1,502mの阿弥陀山など1,000m級の山々が連なっています。周囲の山々の地質は2層になっていて、下部は約350万年前の海底にたまった柔らかい地質。上部は同時代に海底火山から噴き出した、硬くてゴツゴツした岩石です。およそ200万年前、海底が持ち上がって山となり、上部にあった海底火山の岩石が不安定になって地滑りをおこしました。
この月不見の池は、その時の巨大地滑りにより、大量に巨岩・奇岩が集まったところの窪地に湧き水が溜まった天然の池なのです。

池周辺地は藤の名所でもあり、時期になるとたくさんの藤が花を咲かせます。▼写真左に写るのも藤棚です。
月不見の池

樹木に絡みついて広がる紫の花弁によって、池に映る月が容易に見えなくなることから「月不見の池」と呼ばれています。
月不見の池

池の水位は季節によって上下します。雪解け水が流れ込むこの時期が、一番水位が上がっています。
周辺の湧き水は非常にきれいなので、住民の飲み水にも使われているそうです。
月不見の池

池には、安産祈願の弁財天が祀られていました。
月不見の池

藤の花…ではなく、山桜が散り落ちる池。
月不見の池

池の周りの遊歩道は1周約500m。15分ほどの手軽な散歩コースになっており、県の森林浴100選にも選ばれています。
月不見の池

池の周辺には、巨岩の間を縫うように歩く強羅めぐりや、四国霊場めぐりを模した越後八十八ヶ所めぐりがあります。
池から見える巨岩は、越後八十八ヶ所の一部でもあります。
月不見の池

歩きはじめてすぐにあった巨石。Dawn太が入ると、その大きさが分かりますか?
月不見の池

階段脇に見えるのは「大立岩」
月不見の池

一旦上がり、大立岩を過ぎると、道はすぐ下りになります。
散策路の休憩所も大岩。
月不見の池

「小立岩」展望台より。先ほどまでいた池の畔が眼下に広がります。
月不見の池

山桜が綺麗でした。
月不見の池

小立岩の脇を通過します。この辺はまだ、土で覆われていて分からなかったのですが
月不見の池

月不見の池散策中のDawn太

再び池が見えてくる辺りまで下りて来ると、見上げるような大岩でした。
月不見の池

グルッと1周。程よい起伏もあり、自然の驚異をも感じる散策路でした。
月不見の池

出口にあった弘法大師堂。町の裏に埋もれていたという、3体の石像が安置されていました。
月不見の池

狸さんに見送られ…
月不見の池

月不見の池

大岩のパワー感じる場所。今度は藤の季節にお邪魔してみよう。

----- Sunday, April 24, 2016(Dawn太 1歳2ヵ月|生後426日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※