attention admin about comments trackbacks you may also like

麺や ようか♪

2016年04月27日
イケ麺パラダイス
-
ちび子の「塩らーめんが食べたい!」のリクエストがあり、ネット検索でみつけた麺や ようかさん、初訪問です。

ラーメン激戦区の小千谷にありながら、食ログ上位の人気店でもあります。なんでも、東京の有名店・大喜で修業したご主人が腕を振っているお店とか。
麺や ようか

19:00入店。 まずは、入ってすぐ券売機で食券購入。
しお、醤油、味噌、つけ麺、油そば、担々麺、鶏だしカレーライス、餃子 etc…。種類もトッピングも豊富で目移りします。
麺やようか

店員さんに食券を手渡すと、カウンターならすぐに座れるということでしたが、ゆっくり食事のできるテーブル席を希望したので、空くまで少し中待合で待つことに。小千谷の土地柄らしく、店内は休日の夕食を楽しむ家族連れが多く見られ、BGMに洋楽が流れ、喫茶店を思わせるようなお洒落な店内は、9割方席が埋まった状態でした。

後から来られたお客さんを先に案内する際も、もう1度我が家に断ってから案内されていて、接客も丁寧で気持ち良かったです。
5~6分待ったところでテーブル席が空き、準備が整ったところで案内されました。
麺やようか

店内は、厨房前にL字型にカウンター席が10席、そこから通路をはさみ、同じようにL字型の配置で2人掛けのテーブル席1つと、4~6人掛けのテーブル席が5つ。有名店らしく、厨房前面上の壁には、たくさんのサイン色紙がみられました。

卓上には、各種調味料が綺麗に並べられ、割り箸とお箸の両方が用意された心遣い。
互いの席の間は、すだれカーテンで軽く目隠しがされていました。

店内大変混雑していたので、12分ほど待ち、我が家の丼が届けられました。

旦那、煮干し中華(800円)+大盛り(30円)

麺や ようか

鶏を中心に、トンコツを加えた動物系と魚介系を合わせたWスープ。背脂が浮き、燕三条系ラーメンを彷彿とさせます。
麺は、自家製手揉み縮れ麺。
大振りなチャーシュー2枚、味玉半分、メンマ、カイワレ大根、海苔、ネギ、糸唐辛子と、トッピングも充実。
大盛りが30円というのも、他店よりちょっとお得感がある気がします。

ちび子と私は、鶏しおらーめん(730円)

麺や ようか

「濃厚鶏しお」メニューもありましたが、今回はお店イチ押しメニューという、比較的あっさり系のこちらで!
鶏がらスープ、鶏チャーシュー、鶏そぼろと鶏三昧!この統一感が私好みで、着丼と共にテンションもUPでした。

麺は自家製のストレート麺。細麺と太麺から選択可能でしたので、私は太麺でお願いしました。
食べ始め硬めで、好みのモチモチ食感。結構たっぷり入っていますが、スープとも絡んでスルスル入って行きます。
麺や ようか

スープは嫌味が無く、鶏の旨味がギュッ!と出ています。塩味も角が無く、とてもマイルドで上品な印象。
後半からは、丼に添えられていた柚胡椒を溶かし入れながらの味変!
柚子の香りと、ピリッ!とした辛味が加わって、鶏しおスープならではの、また違った一面で味わえます。

ぶつ切りタイプの鶏チャーシュー、鶏そぼろ、味玉半分、メンマ、カイワレ大根、ネギのトッピング。
デフォルトで全部乗せになっていて、このお値段!この満足感!!!
さすが人気店の1杯だけありますね。((美^~^味))

私の食後のデザート 杏仁豆腐(200円)

麺や ようか

餃子やライスなどのサイドメニューと並び、デザートにあった1品。
(*≧m≦*) ラーメン屋さんらしく、スプーンがレンゲと同じ向きで置かれてるの。

食感がツルン!と柔らかく滑らかで、甘さも軽くてさっぱりとしていました。
上にのったフルーツが爽やかさと風味を増し、杏仁の味がさらにUP!
これもなかなか美味しかったんですよ。他店と比べてもかなり!

鶏は好きだが、濃厚白湯系はちょっと苦手。
だけどこのお店ならと、次回はあえて挑戦してみたくなりました。
ご馳走さまでした。

麺や ようか

  • 住所 小千谷市若葉1-114
  • 営業時間 平日11:00~15:00 / 17:00~22:00|土・日・祝日11:00~21:00 スープな無くなり次第終了
  • 定休日 火曜日
----- Sunday, April 17, 2016 -----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※