attention admin about comments trackbacks you may also like

青田川散策の道♪

2016年04月17日
Dawn太_0-2歳
-
この日ちび子は別件で、お友達と連れ立って、自転車で買い物&お花見昼食会。(これから段々と、ちび子抜きの週末になるんだろうな…。)ちび子抜きの週末お出掛けは、やっぱり今年も行ってみたかった高田城観桜会へ。

例年、大型駐車場からシャトルバスに乗って会場入りしますが、今年からはDawn太が一緒でシャトルバスは使えないため、まだ交通規制のかからない時間目掛け、会場から比較的近い駐車場が確保できそうな時間に向かいました。
高田到着は朝の8時20分。城址公園まで徒歩10分くらいの距離の、有料「第三駐車場」に停められましたが、この時間、もうすでに何台もの車が停まっていて、早朝お花見を楽しんでいる方々があったようです。

城址公園も気になるが、これまで見に行ったことの無かった青田川沿いの桜並木も綺麗だと聞いたことがあったので、今回はまず先にそちらを散策してみました。
青田川の桜とDawn太

高田市街地を流れる1級河川の青田川は、私たちが歩き始めたこの「新幸橋」から「南土橋」の少し先まで桜並木が続き、観桜会が行われる時期は一緒に提灯が下がり、お祭りの雰囲気を盛り上げています。
青田川の桜とDawn太

雪深い土地ながら、高田は県内で一番最初に桜が開花する場所。
我が家地方の桜が満開だったこの日、高田の桜はすでに散り始めていました。
青田川の桜とDawn太

残る桜と散った桜の絨毯。その両方を楽しみながらの散策です。
青田川の桜とDawn太

場所により、親水スペースのような箇所もありました。
青田川の桜とDawn太

朝早くの涼しいうちにと思ったものの、少し歩けば暑くなって、水を求めたくなる時期になりましたね。
青田川の桜とDawn太

休日の朝散歩を楽しむ人あり、設けられた休憩スペースでくつろぐ人あり。
青田川の桜とDawn太

見えてきたのは、高田城の大手道へと続く、現在の「市之橋」です。
青田川の桜

高田城が機能していた時代、市之橋は現在の場所ではなく、橋を越えて少し下流にある「お馬出し公園」▼の中に架かっていました。
お馬出し公園

市之橋は城と城下を結ぶ大切な橋で、この橋から城外へ出たところに「馬出し」があり、その周辺には町奉行所、領奉行所、時の鐘、四つ角役のお屋敷などがあり、藩政要の場所でした。そう考えると、青田川は天然の外濠の役目を担っていたのでしょうね。
お馬出し公園

公園の対岸にも、当時の土塁の形跡が残っています。
青田川の桜

お馬出し公園の土塁と水濠跡
お馬出し公園

「馬出し」とは、城郭の虎口に造られた、敵の侵入を防ぐための防御施設のことです。
高田城の馬出しも、大手門を守るための大切な場所で、慶長19年(1614年)の築城と共に造られたものと考えられます。
城の内と外を結ぶ接点であり、人馬が行き交う、城下で一番賑わいを見せる場所でもありました。
高田城址馬出し

周辺地よりも低くなっているのは、ここが昔、馬出しの濠だった名残りです。
Dawn太と馬だし

馬出しからさらに下流部の散策路には、古木の桜並木が続いて見事な風景でした。
青田川の桜とDawn太

程よくピンクに染まった道で撮影していると、風に舞った花びらが1枚Dawn太の口の中に。春の味がしたかな!?
青田川の桜とDawn太

まだまだ散策路は続きますが、目的の高田城址が遠くなってしまいますので、ここから観桜会会場へと向かいました。
お花見だけでなく、歴史の勉強もできる青田川沿いでした。

----- Sunday, April 10, 2016 (Dawn太 1歳1ヵ月|生後412日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※