attention admin about comments trackbacks you may also like

かき氷の名店・慈げん♪

2016年04月06日
スイーツde部
-
国内に現存する5か所の「天然氷」蔵元の食べ歩きも一段落したので、メディアにも度々登場する、有名店を訪ねてみることにしました。

かき氷の聖地「慈げん」 日本一暑い町で日本一おいしいかき氷!

やって来たのは、暑っい記録を持つ熊谷市にお店を構える慈げんさん。言わずと知れた、埼玉県内のかき氷食ログNo1のお店です。

こちらの人気店、かき氷の提供は通年で、真冬でも軽く行列ができるほど。
2月に訪問した人の話では、「開店15分前には25人待ちで、並んでから食べるまで2時間は掛かった。」ということだったので、どうせ待つなら開店前からだね…と思い、逆算して家を出発しました。
慈げん

お店到着は、開店1時間10分前(10時20分)
「あれっ、今日ってお店休みなの???」と思うくらい、行列も無くて静かでした。
慈げん

お店すぐ横にあるコインパーキングにも楽々駐車でき、まさかの一番乗り!我が家が並んで暫くした頃、次のお客さんが後ろにつきました。

開店15分前頃になると、店員さんが、並んでいる客のチェックに来られます。この時点で、私たちを含めて25人~30人弱が並ばれていました。
慈げん店前のDawn太

定時になり、暖簾が下げられていよいよ店内へ!真っ先に案内されるのは、優越感もあって気持ちが良いものですね。

店内は某有名処の蔵元のように広くはなく、程よく客が裁ける分しか入店させません。初回に入店できたのは、行列2番目のお客さんまででした。
慈げん_店舗入り口

氷提灯を持った招き猫。提灯が灯っている時は外に待ち客があるので、食べ終えたら早めに退散しましょう。
慈げん_店内

カウンター席が4席ほど。
慈げん_カウンター席

たくさんのかき氷機の後ろ側は、小あがり席になっています。窓際に、氷の器がいっぱい展示されていました。
慈げん_歴代かき氷機

我が家は、入口すぐのテーブル席に。卓上には、定番メニューが置かれていますが…。
慈げん_メニュー

それとは別に季節限定のメニューもあり、窓際にディスプレー付きで案内されています。
秋冬メニューと、春メニューが混在する感じですね。どれも美味しそう。
慈げん_メニューディスプレイ

注文の追加はNGないので、しっかり決めてからオーダーしないとです。
また、中学生以上は、1人1品注文しないといけない決まりになっています。

注文から5分もすると、この日の一番氷がテーブルに届けられました。

ちび子は通常メニューより、 黒みつ(680円+税)

慈げん_黒みつ

沖縄は波照間産の黒糖を使ったシロップです。
甘いだけの黒糖ではなく、ほのかな苦みもあるので、お子様なお口のちび子には思う味と違う大人な味だったようです。

旦那は、只今のかき氷より ザ・生いちご(850円+税)

慈げん_ザ・生いちご

長野県産のゆめのかと、栃木県産の紅ほっぺが使用されたシロップです。
液状になった部分はほのかな甘さを感じるシロップですが、粒はそのままイチゴです。
果肉感たっぷりで、注文した旦那はこのスタイルが好きなのですが、私的にはイチゴの酸っぱさが勝ってしまうかな…と。
こちらのお店はミルクが美味しいので、私だったら断然!「ミルクに生いちご」か、3つの味が一度に楽しめる欲張りな「いちご三昧」を注文したと思います。

私は、只今のかき氷より カラメル玄米ミルク(780円+税)

慈げん_カラメル玄米ミルク

こんもりとまぁるく盛られた氷には、香ばしく炒った玄米がたっぷりトッピングされていました。
慈げん_カラメル玄米ミルク

氷の削り方が絶妙で、口に運ぶとホロ~ッと、ふわ~っと消えて無くなります。

ジェラートもかき氷も、気温の上がった時期に食べたくなる人が大多数ですが、実は、美味しく食べられるのは冬場だと、私は個人的に強く思っています。
この繊細な口どけ、気温が上がり、湿度の高くなる真夏には感じられなくなる(かも知れない)ので、氷好きな人には特に、気温の上がりきらない早い時期に、是非、是非体験して欲しいです。

カラメルシロップはほろ苦くて、とても私好み。そこに嫌味の無いミルクが良く合うこと。((美^~^味))
噂に聞いてはいたけれど、このお店の甘さ控えめなミルクは絶品ですね!

氷とシロップが綺麗に層をなしているので、何処を掬って食べても、ちゃんとシロップの味がするんです。
これだけのシロップがかかりながら、氷がへたっていないところも、見事な職人技ですね。
慈げん_カラメル玄米ミルク

一緒に添えられているのは「岩塩」で、時折振りかけて食べると、そこだけ「塩キャラメル」な味に変身!

今回の自分のチョイスは大満足でした。
ここまで食べに来て良かった~♪

おしまいに

食べ終えて店を出ると、開店前と同じくらいの列ができたままでした。
慈げん_店前の行列

かなり個性的な創作シロップもありますが、ツボにハマれば、たまらなく美味しいお店間違いなしです。
ご馳走さまでした。----- Sunday, April 3, 2016 -----

慈げん

  • 住所 埼玉県熊谷市仲町45
  • 営業時間 11:30~18:00(17:30L.O. / 売り切れ次第終了)
  • 定休日 不定休
  • 2000年7月3日OPEN

熊谷市仲町にあった慈げんは、2018年6月28日に、同市宮町(市役所通り)に移転しています。

関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※