attention admin about comments trackbacks you may also like

美味しくなってる!

2016年04月03日
スイーツde部
-

マルショウ田沢農園ジェラートショップ再訪

Dawn太が我が家に来て最初の休日に出掛けた、完成間もなかったジェラート店。およそ10か月ぶりに訪ねてみました。

低農薬で大事に育てた果物を提供するマルショウ田沢農園さんが営むジェラート店。市場に卸すことのできなかった、農園のB級品を加工して提供するというコンセプトでオープンしたお店です。
ジェラートの他、ジャムなどの加工品やお米、一点物のグッズなども販売されています。
マルショウ田沢農園

気温が上がってくると、お客さんが一気に増えますね。
あまりにも良い時間帯にお邪魔したら、車が停められないくらいに繁盛していました。
マルショウ田沢農園

果樹園のジェラートは、ショーケースの中に5種類程度が用意されています。
ケースが空になると、また次のジェラートが補充されますが、次に出てくるのはこれまでと違う種類のもの。回転の良い日は、開店直後と閉店前と、全く違うメニューになっているのでしょうね。
  • ピッコロ 200円
  • シングル 350円
  • ダブル 450円
  • トリプル 550円
コーンかカップを選んでもりつけてもらえます。

アーモンド & バナナヨーグルト(450円)

マルショウ田沢農園_ジェラート

『アーモンド』 白っぽい方がそうです。
ありそうで、今までアーモンドだけのジェラートって出会ったことが無かったです。
粒々な感じが全くなく、とても滑らかなジェラートですが、食べ始めてすぐから、しっかりとアーモンドの風味がしてきます。
ミルクとの相性も良くて、美味しかったです。
マルショウ田沢農園_ジェラート

『バナナヨーグルト』
その色合いからも、粘りのあるジェラートからも、たっぷりとバナナが練り込まれているのが分かります。そして、香りも風味もしっかりバナナ。
程よいヨーグルトの酸味があるので、重たさを感じずに美味しくいただけました。

おしまいに

今回の2種類、私が思う「農園果実を使ったジェラート」というコンセプトとは、また違う商品でしたが、食材が惜しみなく使われていて、オープン当初よりも、さらに美味しくなっていると感じました。

ただ、店内の動線が非常に悪くて、食べているお客さんの膝先を通過しないと注文カウンターに辿り着けないとか、カウンターの中に従業員が3人も入っているのに、先に注文した人のジェラートが何分も待たないと出て来ないとか(盛り付けが遅すぎて、客数に対応できないんですね)
少し前のお客さんと、ある地点を境にサービスの仕方が違うとか…
見ていて「あれれ?」な部分が多いのも、まだまだ慣れない商売だからなのでしょうね。

ジェラートが格段に美味しくなって、お客さんが増えているだけに、ちょっと残念な部分が目についてしまいました。

マルショウ田沢農園

  • 住所 三条市代官島1252
  • 営業時間 10:00~18:00
  • (2015年5月30日OPEN| 前7日間はプレオープン期間)
----- Sunday, March 27, 2016 -----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※