attention admin about comments trackbacks you may also like

【チロル】焼きりんごチョコ♪

2016年03月16日
チロル書庫
-

チロルチョコ 焼きりんごチョコ

チロル_焼きりんご
  • 商品概要 焼いても美味しいもうひと手間のチロルチョコ
  • 発売日 2016年3月14日(月)
  • 規格 1袋(6個入り)
  • 価格 108円(100円+税)
  • 販売ルート コンビニ ・ スーパー etc・・・

本来ならば、3月7日が発売日だったのですが、発売予定日にお菓子売り場の陳列棚に値札がかかるものの、その後も一向に商品が並ばず、「???」 と思っていたら、なんと!製造トラブルで発売日に間に合わなかったらしいです。
一部、フライングで売り出した店舗で見つけて購入された人や、ネットのお菓子屋さんでも、初回購入状態のまま販売されていたようでしたので、どの辺がトラブルだったのかは不明です。

さて、焼いて食べるタイプのチロルチョコ
私の記憶が正しければ
2015年4月発売の「焼きメロンパンチョコ」、2016年2月発売の「ベイクドチーズケーキ」に続き、今回3度目の発売になる商品だと思います。

リンゴのイラストと、焼きリンゴの写真の外袋。
チロル_焼きりんご

小窓から覗くチロルのパッケージが「焼きりんご」を彷彿とさせます。
チロル_焼きりんご

袋の中には、10円サイズのチロルが6個入り。
チロル_焼きりんご

「焼きメロンパン」は同価格で7個入りでしたので、事実上の値上げを感じます。
フォントは違うのもの、デザイン的な共通点も感じますね。
チロル_焼きりんご

リンゴ風味のチョコの中には バター風味のパン粉とビスケット入り

チロル_焼きりんご

開封すると、フワァ~ッ!と香るバターとリンゴ香料。

実際に食べてみても、甘酸っぱいリンゴの風味が優先し、そのあとにしっかりバターの味。
この商品には、焼きリンゴに付きもののシナモンが一切入っていません。

フィアンティーヌと言っているパン粉部分はザクザクした食感の変化になってくれ、良いアクセントでした。

焼きりんごチロルを焼いてみる

チロル_焼きりんご

この「焼きシリーズ」。そのままでも十分に美味しく味わえますが、オーブントースターなどで焼くと、さらに違った表情で味わうことができます。
今回も チロルサイトを参考に、オーブントースターで焼いてみました。
チロル_焼きりんご

うちのオーブントースターは、上が1300Wと指定よりも高温設定なため、650Wの上火グリルだけで焼いてみました。
チロル_焼きりんご

指定よりも温度が低いため、先にチョコが溶け出し、随分してから焼き目が付きます。

加熱すると、りんご香料がさらに際立ってしまいますね。(汗)しかも、少し苦みをおびた感じで。
チョコの中の砂糖分が粒になって固まった感じで、食感も砂を噛んだような「ジャリジャリ」に変化してしまいました。
私は今回も、焼かずに食べたほうが好みでした。

おしまいに

チロルチョコではこの春から夏にかけ、応募券を集めると「沖縄産マンゴー」が合計1,000名に当たるというロングランキャンペーン企画も実施中!

その第一弾商品となるのが、今回の「焼きりんごチョコ」です。
チロル_焼きりんご

パッケージにも書かれていますが、「焼」➡「掛」➡「冷」➡「珍」と、これから順次発売になる「パパイヤレモン」「しゃり²みかん」「スネークフルーツとマキベリー」までチラ見せ予告な感じ。

4種類揃ったら、私も応募してみようと思います。
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※