attention admin about comments trackbacks you may also like

岩手三陸ホタテ♪

2016年02月10日
美味しいもの
-

第2回 岩手大槌 活ほたてフェアinとちお

平成28年1月15日~2月いっぱいまでの1ヵ月半にわたり、長岡市の栃尾地区では、第2回目となる『活ほたてフェア』が開催されています。

平成23年3月に発生した東日本大震災において、甚大な被害を受けた岩手県大槌町。平成25年になり、大槌町の震災がれきの受け入れを行ったのが、長岡市の栃尾地区でした。これがご縁となって両市民の交流が始まり、さらなる大槌町の復興支援活動として、昨年より行われるようになった食のイベントが、大槌町の特産物であるホタテを使った料理を提供する『活きほたてフェア』なのです。

料理のジャンルを問わず、今年は地区の16の飲食店が参加。大槌町から直送される新鮮な活ホタテを用い、各店それぞれに工夫を凝らした、独自のホタテ料理が楽しめる1ヵ月半となっています。

蘇った青い海をイメージしたような、幟旗のお店が目印です。
blog_import_5b3cf773757f1.jpeg

協賛店のひとつ、とちおの洋食屋さん espoir(エスポワール)にて

数ある参加店の中から、我が家が選んでお邪魔したのは、とちおの洋食屋さん espoir(エスポワール)さん。
フランス料理店で修業したシェフが、とちお道の駅近くにオープンした洋食屋です。
とちおの洋食屋さん espoir

普段なら、ランチタイムは午後2時までなのですが、この日は予定有で1時半がラストオーダー。
その5分前入店で、ギリギリ間に合いました。

店内の席数は20席ほどあるようですが、この日は直前まで予約の昼食会があったようで、店内の中央にはテーブルが寄せられ、後片付けもままらなない状態の時に飛び込んでしまったようでした。
岩手三陸ホタテ

お店奥の壁一面に、大槌町のほたて養殖の写真が貼られていました。(撮影は許可をいただいています)

数多くの魚を水揚げし、また、ワカメ、昆布をはじめ、牡蠣、ウニ、アワビなど、多くの海産物の養殖を行ってきた大槌町。親潮と黒潮のぶつかりあう大槌湾は、良質なプランクトンが豊富なため、そこで育ったホタテはぷっくりと大きく、弾力があって甘みもあり、国内トップクラスの高値で取引される良質なものでした。
ところが、震災により養殖施設は全流失。50名ほどいた養殖者は、震災後の現在、15名まで激減したそうです。
養殖施設も、いまだ当時の3分の1程度の復活面積ですが、壊滅的なダメージを受けてもなお立ち上がり、これだけの成果をもたらすまでに至ったことは、自分たちの海を愛する気持ちと、復興への強い意志が感じられます。

復興を遂げた三陸の海の幸、早速いただきます!

まずは、ホタテのソテー(480円+税)
エスポワール_ホタテのソテー

2粒のホタテが、バターと共に殻にのせられて出てきます。
殻の下には固形燃料が少々置かれていて、目の前で着火され、バターが溶けたころが食べ頃だと説明されました。

実際にホタテを包んでいた殻は、15cmもあろうかという大きなもの。貝柱の厚みが3cmはありそうなホタテ。火が入ってさらにぷっくりとしていました。
生でも十分に食べられるものなので、バターが溶けた頃合いで食べると、程よいミディアムレアな感じ。とろけるような生っぽい食感と甘み、少し火が入って味が凝縮された感じとが一緒に味わえて、これまで味わったことのない高級ホタテの旨さが、口いっぱいに占領していく。う~ん、最高!!!
旦那と1粒ずついただきましたが、一気にテンションが上がりました。

旦那と私は、期間限定 大槌町 活ホタテのクリームパスタ(1,350円+税|サラダ付き)

まずは前菜のサラダから
エスポワール_大槌町 活ホタテのクリームパスタ

サラダに使用している野菜など、無農薬の地元産に拘っています。

メインのホタテ入りパスタ
エスポワール_大槌町 活ホタテのクリームパスタ

こちらも実際のホタテの様子がわかるよう、殻までトッピングされて出てきます。
彩りに入れられているのはロマネスコ。味も香りも、ホタテを邪魔しない食材が用いられているように思いました。

そして、ホタテの味が活きるよう、ベースのクリームスープの味が淡い。
決して薄いのではなく、優しく、淡く、上品に仕上げてあるのがとても良かったです。
ついつい飲み干したくなる、あっさりと美味しいクリームスープでした。
エスポワール_大槌町 活ホタテのクリームパスタ

パスタには、大粒のホタテが2粒。厚みを半分にした状態で4切れ入っていました。
もともと厚みのあるホタテですから、半分の厚みでも、普段スーパーで見掛けるくらいの十分な厚さがありました。
エスポワール_大槌町 活ホタテのクリームパスタ

あまり火を入れ過ぎず、生とのギリギリぐらいで火入れされているので、とても柔らかく、甘く食べられました。
やっぱりホタテには、クリームスープが良く合いますよね。

食べるだけで震災復興に繋がるなら、こんなに容易く、どちらも笑顔になれることはないと思います。
今年の目標数は1万個といいますが、県内にいながらにして、普段なら出会うことさえないような、大粒、新鮮な高級ホタテが食べられる機会とあっては、それも軽くクリアできそうな気がします。

お店の定番メニュー

…そして、いまだに空気の読めないちび子は、自分の食べたかったメニューを。
オープンから定番の、オリジナルミートソースパスタ(1,150円) +大盛り(150円)+税|サラダ付き
エスポワール_オリジナルミートソースパスタ

こちらも美味しそうでした。150円増しで大盛りも可能です。

おしまいに

店頭では洋風お総菜も販売されていて、テイクアウトもOK。もちろん、店内で食べることも出来るそうです。
本来、お店の看板メニューは温野菜たっぷりのハンバーグやカレーらしいので、また機会をみて、今度はそちらのメニューも楽しんでみたいお店でした。
ご馳走さまでした。

----- Saturday, February 6, 2016 -----

とちおの洋食屋さん espoir

  • 住所 長岡市栃尾宮沢1705-18
  • 営業時間 ランチ 11:00~14:00 / ディナー 17:30~21:00 / 惣菜販売 11:00~21:00
  • 定休日 水曜日・第三火曜日
  • 2013年10月13日 OPEN
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※