attention admin about comments trackbacks you may also like

静かなジェラートタイム♪

2016年01月16日
スイーツde部
-
翌日の朝食用のパンの調達に、カーブドッチ内にある パンデパンへ 。
行事が済んでから向かったため、お店到着が4時近かったこともあり、パンは殆ど売り切れの状態でした。
カーブドッチ_パンデパン

ならば…と、矛先は同じマルシェ内にある ごとらってに変更です。

らって(Latte)=イタリア語で牛乳のことなので、「ごとらって」は「後藤さんちの牛乳」という意味。
岩室にある後藤牧場さんで搾乳された、濃厚なジャージーミルクを100%使用して作る、自然派ジェラートを提供しているお店が「ごとらって」です。
カーブドッチ_ごとらって

ジェラートケースの中にはご自慢の「ジャージーミルク」を始め、常時6~7種類が用意されています。
  • シングル 310円
  • ダブル 390円
  • トリプル 440円
カップかコーンを選んで盛り付けてもらえます。

焼きりんご & かぼちゃ(390円)
ごとらって_ジェラート

『焼きりんご』
少しシャリ感のあるりんご味のジェラートベースに、味のアクセントとして、キャラメルソースとシナモンが所どころに入っていました。
ベースが程よい酸味の爽やか系なので、キャラメルソースの甘さが引き立ち、焼きりんごには欠かせないシナモンのスパイシーさも美味しいのですが、カシアシナモン使用なので、後味までキツさが残ります。

シナモン大好きなので、メニューに名前があるとついつい選んでしまう私ですが、他の飲食店でも、カシアシナモン以外、出会ったことが無い気がします。自分でも日々摂取するので、「クマリン」の問題もあり、自分で選ぶなら断然セイロン派なのですけどね。以外と食に携わる人でも、こんな部分では無頓着なのでしょうか?
はっきりした味の方が、断然好まれるからなのかも知れませんね。

ごとらって_ジェラート

『かぼちゃ』
地元のかぼちゃを使っているのか?味が濃くて、舌触りも滑らか。ジャージーミルクとの相性も良くて、非常に美味しかったです。((美^~^味))

良い素材を使っているお店は、あれこれ手を掛けないストレートな品のほうが、自然の恵みらしくて美味しいのかも知れませんね。

ベーカリーカフェの窓辺の席で食べていると、旦那に連れられたDawn太が、外を散歩しながらゆっくりと通り過ぎて行きました。
季節が良いと、テラス席もたっぷり設けてあるのですが、雪が舞う季節になり、それも全て撤去されていました。
普段なら、大勢の人が食事を楽しむ姿があり、店内にカメラを向けることなどできないのですが、貸し切り状態の中、誰にも邪魔されることなく写真撮り放題で、の~んびりとジェラートを食べていると、人の無情をも感じます。

冬場はミルクの乳脂肪分UP
溶けずにゆっくり食べられるこんな時期が、私は大好きなのですが。(かなり少数派)

----- Monday, January 11, 2016 -----

ごとらって

  • 住所:新潟市西蒲区角田浜1661(カーブドッチ内)
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:不定休
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※