attention admin about comments trackbacks you may also like

2015〆ラーメン♪@つり吉

2015年12月30日
イケ麺パラダイス
-
お天気下り坂だった、今年最後の日曜日。季節限定の美味しいラーメンが食べたくて小千谷へと向かうと、長岡辺りから雪も本降りになっていました。(この時期にたったこれだけの雪って、信じられないほど少ないです。)

お邪魔したのは、小千谷市総合産業会館 サンプラザ内に店舗を構えるつり吉さん。
つり吉 小千谷店は、ラーメン店脇に釣り堀を持つ川口本店の2号店で、二代目である息子さんが、若い感性を活かしつつ日々腕をふるっていらっしゃいます。
私と同じ誕生日なので、今年の11月5日で4周年を迎えたお店です。
本年の〆ラーメン♪

午前中に別の場所で用事を足して来たので、お店到着は午後2時半。
いい具合に大きく昼時を外せたので、スムーズに入店。しかし、通し営業の店なので客は切れること無く、まだ席の半分は埋まっていました。
こちらのお店、小さいお子さんを連れたご家族の来店も多く見られます。
つり吉_小千谷店

先ずは、店内入ってすぐに食券購入。
食券を渡す際、油 多め・少なめ、味 濃い口・薄口を調節ができるのは本店同様ですが小千谷店ではさらに、麺の太さも太麺、細麺の選択が可能です。我が家は3人ともに「太麺」選択。

案内された席に座ると、すでにみなさんラーメンを啜っている状態だったので、10分も待つと、我が家の料理が運ばれて来ました。

ちび子は、小千谷店限定の しおラーメン・大盛り(800円 / 写真無しですが、チャーシューが1枚おまけしてありました。)
旦那は、人気No1の チャーシューメン(880円)
▼右側に写るのは、旦那の選んだ「魚沼ブラック」とも呼ばれる醤油ラーメン。あの川口の町に大ダメージを与えた震災にも負けず、20年以上も受け継がれている醤油ダレの「真っ黒だけど、何処か懐かしい昔ながらの味がする」つり吉さんならではの歴史が詰まった、本店と同じ醤油スープです。
つり吉_小千谷店_ラーメン

私は、期間限定メニュー ~冬の味噌~塩麹(850円)
「越後味噌はぁ~ ヤマサキみそぉ~ ポン!」の、懐かしのCMソングでもお馴染みの、地元・山崎醸造さんの塩麹を味噌スープに使ったという、二代目考案の小千谷店限定のメニューです。

塩麹を加えることで、味噌と塩の中間のような、マイルドで新しい味わいの軽い味噌スープに仕上がっています。
その中にはたっぷりの生姜入り。
生姜のピリピリだけでも結構辛いですが、ネギ好きには嬉しいくらいにたっぷりの白髪ネギの上に、自家製の食べるラー油状のものがかかっています。
ひげニンニク、干しエビ、白ゴマが、それぞれに揚げられてからラー油に合わせて仕上げてあるようです。
辛いものが苦手な人は、お願いすれば外してもらえるそうです。

お店のみそトーバンを食べた人ならお分かりと思いますが、そこまで辛くはないので、コクと旨みを増すこのラー油、冬場に是非体験してほしいと思います。

肉厚のでとろけるチャーシューが2枚。
キャベツとモヤシなどの野菜炒めもたっぷり入って、大満足の本年〆の1杯でした。
つり吉_冬の味噌

実は、店内入った時は寒くて、寒くて、上着が手放せないような状態でしたが、食べ終わる頃にはポッカポカ!
スープが冷めないよう、器は勿論のこと、チャーシューもちゃんと温めてからのせるという工夫が。さらに、生姜とラー油、揚げニンニクの自然の効果は絶大ですね。

さらに、さらに、小千谷店のみの限定メニューで、ずっと食べてみたかったのが
スープ餃子(450円)
つり吉_スープ餃子

茹で餃子が5個。秘伝の醤油スープに浮いています。
つり吉_スープ餃子

本店と同じく、肉と野菜が絶妙バランスな餡に、程よくニンニクの効いた餃子。
僅かに酸味を感じるスープ仕立てになっていて、さっぱりと美味しくいただきました。

ラーメン屋さんなのに、この1品だけでもご飯2杯くらい食べられそう。
お腹一杯、幸せなお昼でした。
ご馳走さまでした。

----- Sunday, December 27, 2015 ----- 29杯目

ラーメン つり吉 小千谷店

  • 住所 小千谷市城内1-8-25(小千谷サンプラザ1F)
  • 営業時間 11:00~22:00(21:30L.O.)
  • 定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 2011年11月5日OPEN
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※