attention admin about comments trackbacks you may also like

ニューイヤープロモと5年ぶりの真っ白ザッハトルテ♪

2015年12月29日
SirenのCafeTime
-

スタバのニューイヤープロモ開始

ホリデーも終わり、12月26日からのNew Yearプロモ(?)では、チョコ好きにはたまらないような、チョコ尽くしのビバレッジが登場しています。
スタバのチョコレートシロップが新しくなって、4種類の味で楽しめます。

季節のおすすめより

ちび子は、Chocolatey Crumble Cocoa(Tall / 460円+税)
スタバ_チョコラティ クランブル ココ

リニューアルのチョコレートシロップを使い、細かく砕いたビスコッティとカカオニブが混ぜ込まれています。
ホイップクリームの上には、シェイブチョコとのトッピング。
スタバ_チョコラティ クランブル ココ

日本ではまだ馴染みが無く、無知な私には聞き慣れないワードだった「カカオニブ」
ちょっと調べてみると、カカオの生豆をロースト、粉砕した後、外側の皮や胚芽を取り除いた、純度100%のカカオのこと。
たくさんの栄養素が含まれるというカカオニブ。そのカテキン含有率は緑茶の4倍、食物繊維、ポリフェノールなど、女性にも嬉しい効果をもたらす成分がたっぷり入り、「スーパーフード」と呼ばれるほど、高い栄養素を含む食べ物だそう。
今回、このカカオニブが良い仕事してます!

ちょっとだけ味見させてもらいましたが、見た目ほどの甘さはなく、チョコのコクはそのままに、甘さ的にはいつもよりも軽め。
自分ってチョコ好きかも!って錯覚してしまうくらい、大人味のチョコホットに仕上がっていました。

フラペチーノ®

一方の私は、寒いにも関わらず
Soy White Chocolatey Crumble Cocoa Frappuccino®(Tall / 560円+50円+税)
スタバ_ソイ_チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ

こちらは、ホワイトチョコVerのフラペチーノ®
一見して、チョコレートパフェのよう。真っ白で雪のようなクリームベースのフラペチーノ®に、細かく砕いたビスコッティとカカオニブ入りです。

ホワイトモカシロップが甘いため、ミルクから脂肪分が抑えられて軽めな飲み口のソイミルクにカスタマイズしました。
スタバ_ソイ_チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ

トッピングのシェイブチョコもホワイトチョコVer。黒一点な感じの、1口ガトーショコラキューブです。
スタバ_ソイ_チョコラティ クランブル ココ フラペチーノ

濃厚なチョコホットの中にあっては感じられなかった風味が、フラペチーノ®の中では感じることができました。
1つめはカカオニブ。
味や香りはチョコレートと同じですが、砂糖や乳製品が無添加なため甘みが無く、チョコというよりも、ほろ苦いコーヒー豆を食べているような感じなのがしました。

もう1つは、柑橘系のフレーバー。
ビスコッティの隠し味にレモンの風味が使われているのだと、店員のお兄さんが教えてくれましたが、ホワイトチョコになると隠し味ではなく、はっきりとした1つの味となって伝わってきます。
チョコにレモン風味の相性良く、最後まで飲み飽きず、さっぱりといただけました。

待望の真っ白スイーツが5年ぶりに発売されました

そして、ず~っと待ちに待ち続けていたフードが5年ぶりに復活!
また別の日の、おやつタイムにいただいてきました。(天気が最悪で外の様子が暗いですが、ちょっと遅いおやつ時です。)
スタバ_ホワイトザッハトルテ

この日のドリップコーヒー(Tall / 320円)はグアテマラ カシ シエロ
ストロベリー&クッキーチーズケーキの試食つきです。

White Sachertorte(420円+税)
スタバ_ホワイトザッハトルテ

2010年のホリデーに初めて出会い、ザッハトルテは毎年発表になるのに、以来5年間姿の無かったホワイトVer。「白」に拘った今年、ようやく復活してくれました。
スタバ_ホワイトザッハトルテ

コーヒー生地の中には、ほろ苦いチョコレートクリームがサンドしてあります。
その上を、ミルキーなホワイトチョコレートがコーティング。
雪のような粉砂糖が振りかけられて仕上げられています。

美味しいブラックコーヒーに、至福のスイーツがある姿。本来のコーヒーの楽しみ方だと思います。
ちょっとリッチ、ちょっと嬉しい時間でした。

おしまいに

あとでちび子に「置いて行ったな~」と言われました。
同じように、ホワイトザッハトルテの復活希望者が、身近にもう1人いました。(*≧ω≦*)
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※