attention admin about comments trackbacks you may also like

いも、芋ジェラート♪

2015年12月21日
スイーツde部
-
村上からの帰りは、方々で溜まった買い物などしながら帰宅。
ジャムが無くなりそうなので、ジャムにするための県特産の洋ナシ「ル・レクチエ」と、山崎糀屋さんのお味噌が欲しくて、その両方が一度に購入できる、JA新潟みらいのファーマーズ・マーケット いっぺこ~とにも立ち寄りました。

いっぺこ~とで秋のジェラート

すでに時刻は夕方で、閉店15分前に滑り込み。そそくさと買い物を済ませると、ちび子が珍しくジェラートショップで気になるメニューを見つけてウルサイので、一緒に食べて行くことにしました。

気温が下がってきたこともあり、最盛期ほどメニューは並んでいませんでしたが、それでもこの日は11種類のメニューが用意されていました。
自分でも購入したル・レクチエを使ったメニューもありましたが、やはり人気商品とあって売り切れ。これまで食べたことの無かった2種類を選びました。
  • シングル 300円
  • ダブル 350円
カップかコーンを選んで盛り付けてもらえます。

紫いも & やきいも(350円)
いっぺこ~と_ジェラート

「紫いも」
農家市場ということもあり、これまで、地元産の野菜や果物を使ったジェラートばかりに出合っていましたが、このお芋だけは茨城県産使用でした。
お芋そのままの味を損なわないよう、甘さ控えめでさっぱり仕上げ。粒々感もなく滑らかで、1口目から優しいサツマイモの味が広がります。好きなジェラート食べながら、アントシアニンが摂取できるのも嬉しいです。

いっぺこ~と_ジェラート

「やききも」
西区の砂丘地帯、特産はスイカだけじゃなかったんだ!
JA新潟みらいでイチオシの、新潟市西区特産「いもジェンヌ」を使った品。西区の海岸沿いに広がる新潟砂丘で育ったサツマイモです。
名前のとおり、一旦やきいもにしてからジェラートにしてあるので、芋の甘みは増し、皮目の焼けた味まで反映されています。
こちらには芋の粒感が残されていて、ベースのジェラートは、空気がたっぷり入った、絹のような軽い口当たりに仕上がっていました。

同じサツマイモを使ったジェラートですが、製法が違うので味も全く違って、食べ比べも楽しい2品でした。

----- Saturday, December 12, 2015 ----- 98個目

再訪にて、県産ブランドフルーツのジェラート

この日も市内に用事があったので、出掛けたついでに、また立ち寄ってみました。
到着時刻は午後4時。1週間しか経っていないので、メニューは前週見た時と殆ど同じ。
お目当てのシャーベットも残っていましたが、私が注文すると、即ネームプレートが外されたので、最後の1つ分だったようです。_( -"-)_セーフ!

ル・レクチェシャーベット(300円)
いっぺこ~と_ジェラート

毎回のことなから、他店のミルク入りジェラート同等くらいに濃いシャーベットです。
使われているル・レクチエの生産者は、私が前週にジャム用に購入した箱入りのものと同じ羽入農園さん。
ル・レクチエらしい芳醇な香りと甘さが、そのままシャーベットになった感じで、すっきりとした甘さで美味しかったです。

生食でも美味しいのは勿論ですが、加工品になってもその香りはそのまま。
11月末に一斉解禁になり、年内にはほぼ販売終了になってしまうという、販売期間の極短い果物なので、他県の方々には馴染みが無い洋ナシでしょうが、それが県民としては非常に悔しいところでもあり、この美味しさが独り占めなのは、県民の特権かも知れないとも思います。

----- Saturday, December 19, 2015 ----- 101個目

ジェラート いっぺこ~と

  • 住所 新潟市西区亀貝1252
  • 営業時間 9:30~18:00
  • 定休日 水曜日 / 正月三が日
  • 2015年6月12日OPEN
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※