attention admin about comments trackbacks you may also like

犬日和・松本にて♪

2015年12月15日
Dawn太_0-2歳
-

ご本人には内緒で、こっそり松本大会観戦

当ブログ開設当初からのボーダー友達。…いや、それ以前からの、某ブログペット時代からの未知の知人であるベル父さんが、4年ぶりにJKCの大会で松本まで来られるということで、こっそりと応援に出掛けました。
ベル父さんにお会いするのは、今回で3度目です。

前日まで、我が県内は警報出っ放しの大荒れの天気。県境に雪が降らなかったことなどを確認しつつ、朝6時に家を出発。8時半過ぎには会場隣の松本空港にいました。路面状況や当日の天候などによっては、応援に行かない可能性もあったので、ベル父さんご本人にも動向をお知らせしていなかったので、会場に着いてからメールしてみました。
しかし、すでに競技前なので携帯も不携帯の身軽な状態でらっしゃり、探しても見つけられず、連絡もつかず途方に暮れていたところ、競技出走直前の、あと10番目というところでようやく再会することが出来ました。

マーヤくん(5歳)のJP1

マーヤくん_松本大会JP1

マーヤくん_松本大会JP1

マーヤくん_松本大会JP1

マーヤくん_松本大会JP1

マーヤくん_松本大会JP1

マーヤくん_松本大会JP1

見事、完走されました~!
マーヤくん_松本大会JP1

実はこの日、泊まったホテルの部屋が乾燥していたそうで、ベル父さんの声が殆ど出ないくらいに、喉のコンディションが最悪の状態でした。「以心伝心」の神業的なハンドリングは、日頃の練習の賜物だと思いました。

競技の後、4年ぶりに再会したベルちゃん(10歳)。耳がぺったんこになっていますが、あの立ち耳美人のベルちゃんですよ。
今は競技会からも引退していますが、大会の度に一緒に同伴しているそうです。
ベルちゃん

Dawn太にとっては「はじめまして」
こんな風に、レディーのお腹の下に潜り込んでしつこく挨拶していたので、最後はベルちゃんから「教育的指導」食らっていました。ベルちゃん、ご指導ありがとう。
ベルちゃんに挨拶するDawn太

競技が1つ終わり、ちょっとリラックスのマーヤくんと。
マーヤくんとDawn太

マーヤくんとDawn太

面倒見の良い優しいお兄ちゃんで、上手にちびっこの相手をしてくれていました。


競技で見せる「キリッ!」と男らしい表情と違って、優しい性格そのままの行動が見られて、みんな笑顔で2頭の行動を見守っていました。仲良くしてくれてありがとう。

ベルちゃんにビビッて(!?)ちょっと遠めな3ショット。
ボーダースリーショット記念写真

マーヤくんは、午後からAGが行われるという話でしたが、我が家はこの後、いつものように、ふらり流れ旅をしながら帰る予定だったので、短い時間でお別れしました。

過去記事2009年は、ベル家のワンコはベルちゃんだけ。
再会した2011年、マーヤくんはまだ1歳で、競技会出場前でした。
ちなみに、2011年の記事には、今は亡きてんちゃんの動画もあります。

犬との生活の中、1年という時が、どれほど大きな時間の経過であるのか…。そういう我が家も世代交代し、ようやく犬連れでお会い出来るようになったわけですが。
今回の再会をとおして、改めて実感しました。

偶然に会場で出会えたアノ子

さて、今回の松本大会、ビッグサプライズ付きでした。

会場に付いて間もなくメールが返信されず、ベル父さんを探しながらふと立ち止まったとあるコート。私の目の前に、ブログ写真で見覚えのある女性そっくりな方が立ってらっしゃいました。

犬連れなら一目瞭然でしょうが、この時、女性はワンコ無しで、お友達とご一緒でした。
隣にいたお友達と話すため、角度を変えたその横顔に「バニままです!」って書いてあるように見え、頭で思うよりも先に「あのぉ~、バニままですよね?」と、口が発していました。
当然、見ず知らずの私に突然声を掛けられたので、相手の女性はキョトンと!
こちらも犬連れでは無い時で、名乗った相手が私であると分かると、あまりの偶然に、さらに驚いておられました。

バニ家も競技会の常連さんですが、今回の松本へは大会でなく、りぼんちゃん繋がりのオフ会でいらしたというのですから、そんな時の初対面となって、なおのこと驚きでした。
バニちゃんとりぼんちゃん

Orionと同じ未年生まれのバニラちゃん(12歳)
バニラちゃん

実際に会ったら、本当に小さくて。この小さな体で、11歳まで現役でがんばっていたんだな。
ずっと会いたい子だったので、実際に目の前にしたら、嬉しくて涙が出てきちゃいました。
Orionと同じ年の子が、元気でいてくれる。それが何よりって思えて。
厚顔無恥なお子様Dawn太は、ここでも軽く唸られていました。

妹の りぼんちゃん(1歳)
りぼんちゃん

つぶらな瞳が可愛いの~!すっごくシャイな子でした。
何処のお宅も、長女の方が強いのかも。

バニままさんに「ウリウリ」されるDawn太
バニママにウリウリされるDawn太

凸凹の記念撮影。全員目線はバニままカメラマンへ!
デコボコのスリーショット

根性なしが伏せて、自主的に高さ調整(!?) 一番年下が一番デカイ!
デコボコスリーショット

記念撮影の間、バックで待機してくれていたりぼんちゃんの親戚さんと。
シェルティーとDawn太

犬も人も好きなDawn太が、大勢の犬や人が集う大会会場へ行ったら、一体どうなるのだろう?と思っていましたが、必要以上にアホにならないことも分かったので、今回の遠征は、また1つの大きな経験になったと思います。

アスリート犬の中に入ると、ポチャッとしたお子様体系のDawn太でしたが、体格的には人並みに育ったことも分かって、ここからまた、大事に次の段階へと進んで行かなきゃ!と思いました。

お世話になったベル父さん、バニままさん、ありがとうございました。

----- Sunday, December 6, 2015 (Dawn太 生後9ヶ月|286日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※