attention admin about comments trackbacks you may also like

竜頭ノ滝♪

2015年10月06日
お出掛け
-

奥日光三名爆のひとつ「竜頭ノ滝」にて

日光滝巡りの2つ目は、日光への行き返りに幾度と無く周辺を通過していた竜頭ノ滝。
華厳の滝、湯滝と共に「奥日光三名爆」のひとつと言われる奥日光を代表する滝です。

実はここ、26年ほど前に、旦那の大学時代のお仲間とも訪れたことのある思い出の地なのです。
竜頭ノ滝とDawn太

竜頭ノ滝は、戦場ヶ原を流れてきた湯川が、男体山の噴火によってできた溶岩の上を傾斜しながら激しい勢いで滑り落ちるユニークな美しさをもつ滝です。

階段状に流れ落ちるこの辺りは、竜のうろこのように見える場所です。
竜頭ノ滝

その全長は210mに及び、幅は10m。白い飛沫をあげて帯状に落ち、大岩を噛むように流れています。
竜頭ノ滝

滝に沿うように遊歩道が整備され、滝上の竜頭の橋まで散策可能です。所どころに撮影スポットも設けられています。
竜頭ノ滝

龍頭之茶屋からの眺め

駐車場近くにあるのは、270年にわたり観光客をもてなしている龍頭之茶屋。この店から入った場所には観爆台が設けてあり、滝の正面を見ることができます。
龍頭之茶屋

滝壷近くの大きな岩によって流れが二分され、その様子が竜の頭に似ていることから滝の名がついたともいわれています。
龍頭之茶屋から見る竜頭ノ滝

これから秋が深まるにつれ、紅葉と滝の景色が見事なことでしょう。

龍頭之茶屋で一休み

ちょっと小腹が空いたので、滝を眺めながらおやつタイム。
ちび子は、龍頭之茶屋名物のみたらしだんご(400円)
龍頭之茶屋_みたらし団子

ちょっと足りずに追加で、ゆばキャン・塩味(400円)
龍頭之茶屋_ゆばキャン

日光湯葉豆乳を練り込んだお餅にウインナーを巻き込んだ、食べ歩きにもぴったりな1品でした。

龍頭之茶屋 旅情庵

龍頭之茶屋_旅情庵

私は隣接するお茶処で、抹茶(400円)
ひぐらし餅と抹茶とDawn太

抹茶に付くお菓子は、龍頭之茶屋の銘菓「ひぐらし餅」
栃木県産小麦粉、ハト麦粉、日光湯葉豆乳を使用した、モッチリ生地でこし餡を包んだ和生菓子です。
ひぐらし餅と抹茶

疲れに甘い餡子とお薄。マイナスイオンもたっぷりで癒されました。

----- Tuesday, September 22, 2015 (Dawn太 生後6ヶ月後半|211日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※