attention admin about comments trackbacks you may also like

【Part14】トコロテンの清水

2015年09月12日
Dawn太と行く名水の旅
-
夏になると食べたくなるのが、程よくヒンヤリ、ツルッと喉越しの良いトコロテン。
ここ数年、毎年訪れるトコロテンの店にこの夏はまだ行っていなくて、何だか忘れ物をしたような気分になっていました。

行商人の舌をもうならせた日本一うまいトコロテン

旅の途中で立ち寄ったのは、明治18年創業 日本一うまいトコロテンさん。
店名の由来は、三代目が営む時代、全国を練り歩いた行商人が、このお店のトコロテンを食べ、「日本一うまいトコロテン」と書いた暖簾を下さったからとか。
日本一うまいトコロテン

現在は若い五代目が、変わらず美味しいトコロテンを作り上げています。
日本一うまいトコロテン

トコロテン(300円) 今シーズンは僅かに値上がりしています。
日本一うまいトコロテン_ところてん

旦那とちび子は、ノーマルに醤油ダレ味で!
途中、テーブルに用意された青じそ風味を追足して食べるのも美味しいんですよ。

こちらのお店のクセの無いトコロテンに限っていうと、私は真っ白な姿のまま提供され、好きなだけ自家製黒蜜をかけて食べるスタイルの方が好みです。
日本一うまいトコロテン_トコロテン

透明感のあるガラス細工のようなトコロテン。
神業で突き出された、乱れを知らぬその流線美が美しいです。
日本一うまいトコロテン_トコロテン

それが、自分のかけた黒蜜で「ハラッ!」と崩れる瞬間が、また良いのです。
日本一うまいトコロテン_トコロテン

今年の夏も美味しいトコロテンをいただけ、「夏の忘れ物」が1つ消えました。

旨いトコロテンを生み出す癖のない岩清水

お店のトコロテンは、厳選された良質な天草を100%使用し、数種類をブレンドして作っていると聞いたことがあります。
海の恵みの天草は、乾燥すれば日持ちもしますし、持ち運びも自由。そこで大切になるのは、清らかで美味しい水ということになります。
日本一うまいトコロテン_トコロテンの清水

店内に導水されている岩清水は、県の名水にもなっている「トコロテンの水」
良い水のあるこの地で作るからこそ、工夫してブレンドした天草が、さらにクセ無く丸みのある美味しいトコロテンとなるのだと思います。
日本一うまいトコロテン_トコロテンの清水
トコロテンの水新潟県の名水
  • 場所 日本一うまいトコロテン私有地内
  • 水量 毎分29L|硬度 30mg/L|PH 6.7|水温 10℃
日本一うまいトコロテン_トコロテンの清水

店内はペット同伴NGなので、Dawn太の飲む名水は容器に頂戴し、駐車場スペースで飲ませました。
冷たくまろやかな水で、良い飲みっぷりでした。
トコロテンの清水を飲むDawn太

----- Saturday, August 22, 2015 (Dawn太 生後5ヶ月後半|180日)-----

日本一うまいトコロテン (明治18年/1885年創業)
上越市大島区下達460-2
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※