attention admin about comments trackbacks you may also like

【Part13】見玉不動尊 延命水

2015年09月10日
Dawn太と行く名水の旅
-
毎年1度はお邪魔している、見玉不動尊でお馴染みの天台宗の寺院、見玉山 正宝院にお参りに行って来ました。
このお寺は、壇ノ浦の合戦で平家が滅びた翌年、平清盛の家臣・宮本清左ェ門がお告げにより、平家の守護神である不動明王を安置し、自ら住職となって開いたお寺です。
見玉不動尊

神仏習合の時代の名残り。お寺なのに鳥居がありますが、Dawn太はここから先の境内に立ち入ることはできないので、旦那と一緒に「めぐすりの木」の下あたりで留守番です。
見玉不動尊

見玉不動尊

金剛力士像の安置された仁王門を抜けると、本堂へと続く70段の石段右手には、清流の七つ滝がゴウゴウと音をたてて流れています。
見玉不動尊_七つ滝

そこに、今回の目的のひとつである「延命水」があります。
見玉不動尊_延命水

何時来ても水量多く、夏場でも天然のクーラーのような場所です。
見玉不動尊_七つ滝

見玉不動尊

本堂には、平家の守護神である不動明王が安置されています。
特に眼病に霊験あらたかなお不動さんとして知られ、古くから、多くの眼病治癒の逸話が残っているそうです。

我が家も、ここ数年毎年のようにお参りに来ていますが、そのご利益あってちび子の眼は、当初に比べ格段に良くなりました。遠視は残るものの、内斜視は平常値内に。それまで年数回あった定期検査も、この夏の検診結果から、年1回に軽減されました。
なので、これまで「眼病平癒」に灯してきた蝋燭も、今回は「身体健全」で。
見玉不動尊

お参りを済ませると、石段を下りつつ「延命水」を汲み、Dawn太の待つ場所へと戻りました。
見玉不動尊_延命水

私たちがいない間、清流へ下りられる箇所が無いか?と、本犬かなり探し回っていたそうですが、何とか大人しく待っていてくれました。
Dawn太_180日

「はい、冷たい『延命水』をどうぞ」
Dawn太_180日

延命水を飲むDawn太

私は今年も、御朱印を頂戴して来ました。
夏休みにお父さんと一緒に御朱印集めをしていた外国人の男の子が、広げ持っていた見玉さまの御朱印のその文字を見て、私も本格的に御朱印を集めてみたくなった、そんなきっかけがこちらです。
見玉不動尊_御朱印

御朱印を書いていただきながらも、清流の水音が心地よい正宝院の境内でした。

----- Saturday, August 22, 2015 (Dawn太 生後5ヶ月後半|180日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※