attention admin about comments trackbacks you may also like

【Part11】雷電様の水

2015年09月06日
Dawn太と行く名水の旅
-

八海山の仕込み水としても使われている雷電様の水

川遊びを満喫したあとは、旦那が非常に興味を持っていた雷電様の水を訪ねました。
日本酒好きさんには、清酒 八海山の仕込み水としても有名。その一部を、水道水源として用いられているものでもあります。
Dawn太_177日

やって来たのは、田園風景の奥にひっそりと佇む藤原神社。

その昔、度重なる落雷と干ばつによる災害を受けた村の人が、祠を建てて雷電様を祀ると、その信仰により、以来この地域に落雷・干ばつの被害が無くなったと伝えられています。その傍らからは懇々と清水が湧き出ていて、以来、この水はどんなに大雨でも濁ることなく、どんなに日照りが続いても変わらず一定量が湧き出し続けています。
天平7年(735年)に聖武天皇の祈願道場として、藤原区にある真言宗智山派の寺院・繁城山法音寺(越後新四国八十八ヵ所霊場 第八十三番札所)を創建した藤原麻呂公(藤原不比等の四男)が、不慮の病により天平9年に死去すると、その訃報を受けた夫人は、亡き夫のために薙髪してこの地に移り住み、妙音比丘尼と称してその後を送ります。
比丘尼はこの霊水を引いて備え、畑に引いて集落をつくり、白山神社を奉祀など、数々の業績を後世に伝えています。
その頃から、この水を飲むと願望が成就するなど、近隣からも水汲みの人々の耐えない場となり、長寿の水、甘い水、雷電様の水と呼ばれ親しまれています。

神社境内は神域なので、Dawn太は脇の林道を歩き、藤原神社内の御神水が噴出している場のみお邪魔しています。
藤原神社

地元の人々の力により、水源地から境内の水祖神にお清めの水として引かれています。
藤原神社_雷電様の水
雷電様の水新潟県の名水
  • 場所 南魚沼市藤原栃ノ木沢
  • 水量 毎分400L(県HPでは270L)|硬度 39mg/L|PH 8.1|水温 年中一定
雷電様の水を飲むDawn太

夏場でも冷たく、角の無い、丸く清らかな美味しい水でした。
このまろやかな水で仕込めば、八海山も間違いなく美味しいお酒になるわけです。
撮影時は私たちだけでしたが、その前後にはポリタンク持参で水を大量に汲む人たちの姿が何組もありました。

雷電様が祀られている地点へ

さて、一旦神社を出て、林道をさらに奥へと進みます。
林道を行くDawn太

6~7分も歩いた頃、その根本に祠を祀った大きな栃の木に出会いました。
この祠が、祀られた雷電様なのですね。
雷電様の祠

そしてその背後の岩肌からは、幾筋もの水の流れを見ることができます。
雷電様水源地

越後山脈に連なる桂山の裾野の巨岩から、滝となって流れ落ちる雷電様の水。マイナスイオンもたっぷりで、とても神秘的な場所でした。
雷電様水源地

水源地の水は、とても渇水時とは思えない程の水量で流れ落ちています。もちろん水源ですので、むやみに触れ、汚すことは出来ません。
雷電様水源地

しかし林道に沿って、冷たい水がチョロチョロと流れる水路が出来ていて、散策の復路でとうとう我慢できずに足を浸し、気持ち良さそうに涼む水飲み隊長でした。
林道の水路でクールダウンのDawn太

----- Wednesday, August 19, 2015 (Dawn太 生後5ヶ月後半|177日)----- 旦那の夏休み3日目
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※