attention admin about comments trackbacks you may also like

茶処 笑家♪

2015年08月19日
美味しいもの
-

松の山のおいしいが詰まったワンコOKのお店「茶処 笑家」でランチ

美人林の中でDawn太のご飯を済ませたので、ブナの森林浴と写真展を満喫した後は、美人林の入り口にある笑家(しょうや)さんで、私たちもお昼にしました。
茶処 笑家

幟旗にある「お茶にしねぇかね」= こちらの言葉で「お茶にしませんか」の意味。
地元農家さんの農産物が楽しめる茶処は、農家カフェともいうべきお店です。
茶処 笑家

いつも美人林側から望んでいましたが、正式には▼こちら側がお店正面なのかも(写真の中にDawn太を探せ!)
茶処 笑家

犬連れ旅になり、気になるのがテラス席のあるお店。
美人林に来る度、横目で通り過ぎていたこともあり、このお店にテラス席があった事も薄っすらと脳裏に刻まれていました。

駐車場に車を停め、美人林へ向かうより先に一度店内に入り、「犬連れなのですが、テラス席の利用はできますでしょうか?」と、お店の方に確認。両手で大きな〇サインをいただいたので、料理の提供時間に合わせ、再びお店へと向かいました。
茶処 笑家

店内はカウンターとテーブル席。松之山の棚田米などの販売もありました。
テラス席には2人掛け用のテーブルが3つ。我が家は3人連れだったので、追加で椅子を1つ用意していただきました。
Dawn太_167日

看板メニューの「中飯」いただきました

メニューはいたってシンプル。自家製の和スイーツが2種類と、アイスクリーム、コーヒーやジュース等の飲み物。
そして、看板メニューの中飯セット。(中飯の提供は11:30~13:30まで)

お腹ペコペコだったので、3人揃って、中飯セット(900円)
茶処 笑家_中飯セット

「中飯」とは、こちらの地域に古くから伝わる、野良仕事の際に持参した食事のことをいいます。
なので、四季折々に旬の食材を使った料理が並ぶのも、このメニューの特徴。

お膳の中の主役は、真っ白なご飯。松之山の自然の中で育った美味しいコシヒカリです。甘みと粘りがあって、とっても美味しいご飯でした。
ご飯にのっているのは茗荷の佃煮。茗荷大好きなのですが、佃煮に仕立てたものは今回はじめての出会いでした。茗荷特有の味をほんのりと残しつつ、ご飯のお供にピッタリな逸品でした。

私はこれだけの量のご飯を食べられないので、ちび子にお裾分けした際、数粒床に落としてしまったのですが、目敏くDawn太が見つけてしまい、初めてご飯の拾い食い。(汗)美味しかったらしく、米粒が無くなったあとも、かなり床に執着していました。

お汁は豆腐となめこ。夏らしい冬瓜の煮物。(煮たものを、冷たく冷やして提供)

茶処 笑家_中飯セット

おかずのプレートの中は、旬の漬物に、わらび、キノコ、キュウリの常備菜。そして、盛りだくさんの夏野菜のフライと、付け合せのキャベツ&プチトマト。

野菜フライは、素揚げのししとう、ナス、かぼちゃ、オクラ。
テーブルにはソースが提供されましたが、お好みで醤油も用意してもらえます。
私は何も付けずにそのままで。どれも採れたてで野菜の味が濃く、サクサクに揚がっていて美味しかったです。

甘味も優しいおふくろの味

大好物がメニューにあり、ちび子だけ、白玉入り冷たいぜんざい(500円)
茶処 笑家_白玉入りぜんざい

お店のお母さん手作りの餡子だと思いますが、氷が浮かんで涼しげ~。
漬物とお茶付きです。

おしまいに

料理はどれも素朴で美味しく、松之山の自然を盛り込んだ旬な優しい味が楽しめます。
季節変われば料理も変わる。美人林散策の後、また立ち寄りたいお店でした。

----- Sunday, August 9, 2015(Dawn太 生後5ヶ月半| 167日)-----

茶処 笑家
十日町市松之山松口字原1225-1
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※