attention admin about comments trackbacks you may also like

蓮と白鳥と孔雀とDawn太♪

2015年08月06日
Dawn太_0-2歳
-

Dawn太、はじめての瓢湖にて

ちび子が大会で不在だった土曜日、Dawn太はじめての瓢湖に遊びに行きました。
Dawn太_152日

瓢湖は、2008年にラムサール条約に登録された人造湖。
春には湖を取り巻く桜、初夏にはあやめ、そして夏のこの時期は湖面一帯を埋め尽くすように咲く、その数20万本ともいわれる蓮の花が見事です。
Dawn太_152日

20万本のハスの花咲く夏の瓢湖

瓢湖

緑濃いバックの山々と蓮の花のコラボは、極楽浄土を想像させるような光景です。
瓢湖のハス

県内各地で野鳥の観察できる場所は多々ありますが、瓢湖では、蓮の花と一緒にヨシゴイの撮影が可能なため、野鳥愛好家たちの絶好の撮影ポイントでもあります。
バズーカレンズの付いた一眼レフ

犬連れで、待ちに待った瞬間を逃しては悪いと思い、大きな望遠レンズの方々には近づかず。。。
Dawn太_152日

本格的な開花シーズンは8月に入ってからでしょう。
まだ少し満開には早い気もしましたが、それでも十分に楽しめました。
瓢湖

瓢湖のハス

あまりの暑さにちょっと休憩

ご覧のとおりに、日差しを遮るものが無いので、水辺とはいっても暑くて。最後はとぼとぼ歩きになったDawn太。
瓢湖とDawn太

一先ず木陰に休ませて。
Dawn太_152日

自販機で購入した冷たい水で、水分補給&クールダウンでした。
Dawn太_152日

Dawn太_152日

冷たい水を飲んで、また元気を取り戻し、もう少し周辺散策してみます。
Dawn太_152日

冬の瓢湖は、県内でも有数の白鳥の飛来地となります。ピーク時には約5千羽もの白鳥が、瓢湖目指して飛来して来ます。
なので、ペットボトルを捨てたゴミ箱も、白鳥のかたちをしていた独特なもので可愛いのです。
Dawn太_152日

そして瓢湖は、日本で初めて、野生の白鳥の餌付けに成功したところとしても有名。国の天然記念物にも指定されているのです。野生の白鳥の保護もしていて、怪我などでシベリアに帰れない白鳥が、ここで夏を過ごしています。
夏の白鳥

夏に出会う白鳥。蓮の花とのコラボは、ちょっと不思議に感じます。

Dawn太、はじめてクジャクに出会う

水辺にいると、大きくて、変わった鳥の鳴き声が何処からとも無く聞こえてきます。その主を探しつつ、声の方に向かって行くと、そこにあったのは「クジャク舎」でした。
Dawn太_152日

舎内では、オスのクジャクが羽をいっぱいに広げて震わせ、求愛ディスプレーの真っ最中でした。
瓢湖のクジャック

ブルブルというその羽音は大きく、長時間、メスが振り向くまでがんばっています。
瓢湖のクジャク

綺麗な色合いの、目玉のような印象的な模様。
クジャクの羽

なのに、お尻は以外と地味なんですよ。
瓢湖のクジャク

どんなにがんばっても、メスクジャクは全く興味なし。
ずっと背を向けたままでしたねぇ~。
Dawn太_152日

しかし、Dawn太は興味津々。
伸び上がって見ていましたが、男の子のアンタに興味示されても。。。ねぇ。

ちなみに、クジャクは羽の美しさでオスを選ぶのではなく、さっき聞いた特徴ある鳴き声(鳴く回数)で選ぶのだそうです。
確かに、このオス君。続けては鳴けないタイプだったかも。

----- Saturday, July 25, 2015 (Dawn太 生後5ヶ月|152日)-----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※