attention admin about comments trackbacks you may also like

キウィジェラート@雪だるま物産館♪

2015年07月27日
スイーツde部
-
せっかく上越まで行ったのなら、是非立ち寄りたいのが、お気に入りのジェラートがいただけるお店。
安塚区にある、雪だるま物産館に立ち寄りました。
雪だるま物産館

前回訪れたのは、春遅い土地にあってまだ春の山菜が楽しめた頃。
売店で販売される農作物にも、すっかり夏を感じる頃になっていました。
雪だるま物産館

お店のジェラートは、三和区にあるご夫婦2人が営む小さな牧場のホルスタイン種から搾った「さんわ牛乳」をベースに、地元安塚産のもち米「こがねもち」の米粉を入れ、自然の甘みを活かしているのが特徴。
合わせる素材も、地元ならではの季節の食材が用いられていて、1年を通して楽しむことができます。

カップジェラートは
  • ミニ 250円
  • シングル 300円
  • ダブル 400円
  • トリプル 500円
コーンは同値段でシングルとダブルのみになります。

ヨーグルト & キウィ(400円)
雪だるま物産館_ジェラート

どちらも酸味があって、夏らしく、さっぱり食べられる味のジェラートでした。
各地でいろいろなジェラートを食べているようで、キウィのジェラートは初めてだったかも。
雪だるま物産館_ジェラート

収穫期とは逆に、ビタミンC豊富な果物なので、この時期に需要が多い果物かも知れませんね。
濃厚なミルクですが、後味もすっきりしているので、暑い日にぴったり。

ところが、気温が30℃を超えるような日になると、どんなに人気ジェラート店でも、おやつ時にも関わらず商品在庫があるのはどうして!?

ジェラートよりかき氷、かき氷より海へということなのでしょうね。
私は年がら年中変わりなく食べられるけど、気温に左右されて食べている人のほうが圧倒的ということなのだと思います。(少数派の私の方が変人ってことです。)

さて、この日はご飯持参での旅だったDawn太。
雪だるま物産館前の日陰で、この日3度目のご飯タイムとなりました。
生後139日のDawn太

自分のご飯が済めば、また静かに待っていてくれる。
生後139日のDawn太

いつもお付き合いありがとね!

--- Sunday, July 12, 2015 --- ジェラート57個目

自然素材ジェラート
上越市安塚区樽田140番地 雪だるま物産館内
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※