attention admin about comments trackbacks you may also like

DAIDOCOさん in 御坊市♪

2015年06月30日
スイーツde部
-

三条別院の御坊市に行ってきました

県のほぼ中央に位置し、打刃物で有名な三条市は、越後の仏都としても有名な地。市民から「ごぼさま」として親しまれている真宗大谷派 三条別院では、6月20日と21日の両日にわたり「御坊市」が開催され、多くの人たちで賑わいました。
御坊市

今回で4回目の開催となる「御坊市」。普段、敷居の高い場所という印象の強いのがお寺ですが、この日ばかりは境内はもちろんのこと、320畳もあるという本堂内も大解放し、飲食店から小物雑貨まで、県内様々なジャンル60店舗余りの出店のほか、ワークショップなどもあり、老若男女を問わずに楽しめるイベントの場となります。
御坊市

出店していたDAIDOCO青果氷店で夏ならではのシロップ

そんな数々の出店の中、我が家の目的は DAIDOCO青果氷店さん!

DAIDOCO青果氷店さんは、「水と土の芸術祭2012」のシェアキッチンプロジェクトで大好評だった 「みずつちかき氷」 を、翌年の2013年からは、移動キッチンカーにて販売しているお店。一流パティシエさんが新潟の食材を使い、無添加で美味しく安心して食べられるよう調理した、自然派シロップで提供するかき氷が楽しめる、夏だけ限定のお店です。
DAIDOCO青果氷店

この日はかき氷のほか、特製ランチBOX、県産ブランド苺の越後姫シェイク、県産果実のサングリアソーダ、焼き菓子やジャムなどの販売がありました。
DAIDOCO青果氷店

朝のうち、我が家の方は少し雨模様だったのですが、イベントが開催される頃には天気も回復し、気温もいい感じに上昇。冷たいスイーツ求め、多くの人や常連さんが列を成していました。

お寺という神聖な場所なので、本来ならば黒いモジャ!は境内散歩厳禁なのですが、この日はイベントということもあり、境内地には下ろさぬよう、抱っこしたままで少々の時間お邪魔しています。
DAIDOCO青果氷店

青果氷は4種類が提供されていましたが、私はその中から、今シーズンはこの日初登場となった、藤五郎梅(500円)
DAIDOCO青果氷店_藤五郎梅

その文字が意味するように、梅雨時期が最盛期になるのが「梅」です。
今年は、県内梅雨入り宣言された日と同じくし、藤五郎梅の収穫が本格的にはじまったとニュースで言っていました。

使用しているのは、新潟市江南区のひかり畑さんの「藤五郎梅」
1粒梅まるごとの青梅の甘露煮と、たっぷりの梅シロップ。
DAIDOCO青果氷店_藤五郎梅

少し食べ進むと、梅ジャムも入っていて、1杯で3通りの藤五郎梅が楽しめます。
梅の酸味もしっかりあって、でも、お砂糖は必要以上に使っていないので、とてもサッパリしていて美味しい!((美^~^味))
DAIDOCO青果氷店_藤五郎梅

昨年もほぼ同じ頃に、旧小澤家で行われた「夏至祭」イベントでいただいています。
今年は小澤家の「夏至祭」と、「御坊市」の日程が重なってしまい、我が家は行ったことの無いこちらを選びましたが、普段はかき氷とコラボも珍しい場所たちなので、出来れば両方で味わってみたかったなとも思いました。

本堂内も覗いてみたかったのですが、モジャ!が暑そうにしているので、かき氷だけいただいて早々に退散でした。

キュートな助六寿司との出会い

お昼にと、三条市内にお店を持つ (有)大橋屋さんの 数量限定販売だった、キュートな助六寿司も1つ購入しました。
り○っくま風のおいなりさんに花模様の太巻き、そして、かんぴょう、しば漬け、きゅうりの3色の細巻きと、見た目の可愛さと味の充実感。旦那と半分ずつ、お昼としていただきました。
キュートな助六寿司

--- Saturday, June 20, 2015 --- かき氷3杯目
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※