attention admin about comments trackbacks you may also like

七七日忌

2015年06月03日
Orion
-
先月末、オリオンが点滴治療に通った際の、医療費のカード利用明細が届きました。今頃は口座引き落としになって、全てが完了した頃だと思います。
私にとっては、もう2年も、3年も前の出来事のように感じますが、ようやく今日が、オリオンの「49日」にあたるです。

これまで、オリオンを思い出さなかった日はありません。初めての月命日後も、相変わらず、残された私たちは週末になるとお山へと出掛け、7日毎の法要の真似事をしながら、ここまでオリオンの供養をして来ました。
最後はDawn太も一緒にお山へ。。。生きた犬は境内地に入れないので、車内で待機させて、交代でお参りしてきました。

そんな様子を心配し、「もうやめなさい」と、ネットの向こうから忠告して下さった人もありました。でも、49日までは、自分たちなりのやり方で供養してあげたかったのです。そしてこれからも変わらず、週末毎にお参りに行くと思います。

当初、ボケや桜が満開だった境内地も、苔の緑も鮮やかに、しっとりと雨の似合う季節へと変わっています。そんな静かな場に身を置きながら、心の整理がついたのか?。。。と問われると、ただ悪戯に、時間が過ぎただけなのかも知れません。。。
七七日忌

人間と同じであるならば、中陰の間、その魂は今生と後生の中間にいるといいます。

振り返ってみればこの49日間、私はただ毎日泣いていただけで、魂がこの辺にさ迷っている間中、家族みんなが笑顔を取り戻せるように、黒いアイツはせっせと気を回して動いていたのだろうと感じ、「最後の最後まで、なんて律儀なヤツなんだ」。。。そんな風に思い、ただただ感謝でいっぱいになり、また涙が出て来ます。
弱虫な飼い主ゆえ、悲しむ度に「元気出して」と傍に現れ、その度に外犬だったオリオンの毛を、家の中で目にしては驚きました。

Dawn太を迎えるにあたって、私たちはもう少し先延ばしで、ゆっくりで。。。と思っていましたが、最後は見えない大きな力が働いた気がしました。決まるはずのない場面で決まってしまったのは、自分がまだこの世をさ迷っているうちに「僕の後継者ですよ」と、オリオンが後押ししていた気がしなくもないし、そんな後継者が、自分のいた場所で暮らし始める様子を、ちゃんと確認してから気配を消したかったのではないか。。。と。
オリオンの49日である今日は、Dawn太生後100日目。こんな悪戯な数字合わせをみても、そんな風に感じずにはいられませんでした。

改めて振り返ってみると、本当に不思議な出来事の多い49日間でした。

六七日忌を境に、私の周囲からオリオンの気配がパッタリと消えた気がしました。呼んでも、泣いても、もう私の目の前にはオリオンの毛は落ちていてくれません。本当に、本当に、もう私たちの周囲からその気配が消えてしまうのだと思うと、また辛く、悲しく、寂しく。。。
しかし、オリオンの新しい旅立ちなのだと思い、お互いもう離れなければいけない時期なのでしょうね。

今年の春は晴れ日が多かったのに、今日はとうとう雨が落ちて来ました。我が家の裏戸には、大嫌いだった雷の日、オリオンが付けた爪痕がくっきりと残っています。安物のドアですが、取り付けて1年もせずに付けた傷だったので、その時は「あ~ぁ、やっちゃったかぁ」とがっかりしたものでしたが、今となっては大事な宝物です。

目に見えるもの、心の中にあるもの。。。
たくさんの思い出と経験を、私たち家族に残してくれた子でした。


ずっと歌なんか聴く気にもなれなかったのですが、最近になり、一人家事をしながら好きな歌を聴けた日がありました。以前から、何度となく良く聴いた曲ですが、びっくりするくらい、今の我が家の状況にぴったりな歌詞だったことに、改めて気が付き驚きました。
明けの星は 空へ帰り 見えなくなるけど 
溢れる光が 迎えにくるから
無限にめぐる愛に包まれ 明日を待とう
歌- home -より抜粋
まさか、オリオン。。。ここまで計算尽くだったの???
今まで、たくさん、たくさん ありがとね。

今度は自分のことだけ考えて、ゆっくり、楽しい世界で暮らしてね。
そしていつかまた、何処かで偶然に出会えたらいいね。


オリオン。。。
ボーダーコリーという犬種の実物を間近で見、実際に触れた最初の子。
私の人生で、初めて迎えた、念願のボーダーコリー。
私の人生で初めて、その命が終わりゆく姿を目の当たりした子。
一生、忘れることのできない大きな存在です。
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※