attention admin about comments trackbacks you may also like

見るも良し、味わうも良し♪

2014年11月07日
スイーツde部
-

加茂水族館 レストラン沖海月にて

クラゲの水族館で有名な加茂水族館は、見るだけでなく、クラゲを食す場所があることでも有名です。
水族館のリニューアルオープンに伴い、ミュージアムショップ奥に設けられたレストランも一新。その名前も、沖海月(おきみづき)となりました。
レストラン沖海月

まずは入店前の券売機で食券を求め、入り口で係りの人にそれを渡してから入店です。

入場口がすでに2階であることから、同じフロアにあるレストランからは、水族館内を上から見下ろせる席と日本海を眺められる席の両方ができました。また、テーブル席だけでなく、カウンター方式の席も設けられているので、平日にサラリーマンが1人でお昼だけもの利用というのも、旧館時代同様にOKなのだと思いました。

私たちは、下にアシカプールの見えるテーブル席で!
レストラン沖海月

水やお茶はセルフです。箸立てに割り箸が用意され、味のある箸袋は廃止されてしまい残念でした。
卓上に用意されていたエビソルトは、ミュージアムショップでも販売されていました。

クラゲラーメン(750円)
誰でも分かり易いよう、以前の「海月ラーメン」から全てカタカナ表記になりました。
レストラン沖海月_クラゲラーメン

クラゲの練り込まれた平打ち麺は以前のままのようですが。。。
木耳は洒落として、本物のクラゲ2種類の部分で、さらにバージョンUPしていました。
レストラン沖海月_クラゲラーメン

細切りにされ、コリコリ食感が楽しい!
レストラン沖海月_クラゲラーメン

う~~ん!こっちは姿のままなのよぉ。
レストラン沖海月_クラゲラーメン

もしかしたら、高級中華食材というレストラン沖海月_クラゲラーメン◀こういう子を食べているのかも???

丼も水族館オリジナルです。
レストラン沖海月_クラゲラーメン

クラゲ水族館で人気デザートといったら、クラゲ入りのクラゲアイス!

もちろん、昨年も食べた、人気商品のクラゲ入りのソフトクリームやアイス類も販売が継続されています。
アイスは11種類から14種類に。ソフトはバニラ、ストロベリー、ミックスの3種類と、それぞれ味も増えています。
加茂水族館_クラゲアイス

売り場は、レストラン入り口横と、レストランの真下にある1階部分のアザラシ、アシカプール前のフードコートでも販売されるようになりました。
フードコートのすぐ横にショーの観覧席があるので。。。
加茂水族館_クラゲアイス

ショー待ちの間に、塩ミルク(300円)
加茂水族館_クラゲアイス

コーンの種類も変わりましたし、何といっても、ディッシャーの盛りも少し大きくなり、受け取ったそのままでクラゲがたっぷり入っているのがしっかり確認できるほど、クラゲが増量になりました。

ちょっとスプーンで掘ると、数mm角のクラゲ粒がびっしりと!塩ミルク味で磯の気分満喫でした。
加茂水族館_クラゲアイス

もういっちょ!クラゲアイス ロイヤルミルクティー(300円)
加茂水族館_クラゲアイス

はっきりしたミルクティーの味で、こちらもとても美味しかったです。

もともとクラゲ自体には味が無いので、そのコリコリ食感を楽しむ感じ。味のバリーエーションが増えましたし、それもベーシックからフルーツ系、ドルチェっぽいものまで。。。その時の気分で選べて良いですね。

その性質上、以前はアイスよりもさらに「何処に入っているの?」っていうくらいクラゲの存在感の薄かったソフトクリームでしたが、こちらも大きく改善され、ソフトの仕上げに大きめクラゲがトッピングされていましたよ。

山形名物もクラゲ仕様

山形という土地柄もあり、こういうものも水族館限定品が。。。
クラゲコンニャク(150円)
加茂水族館_クラゲこんにゃく

味噌味と醤油味と2種類ありました。こんにゃく大好きなちび子は、醤油味の方を選びました。

どれもこれもクラゲ度UPで、2度目のはずなのに1つ1つに「おぉ~っ!」な反応でした。
台風のお陰で、楽しい連休最終日になりました。

----- Monday, October 13, 2014 -----
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※