attention admin about comments trackbacks you may also like

小千谷風船一揆♪(前編)

2010年03月10日
お出掛け
-

2月27日(土)  小千谷 風船一揆にて♪

チロル記事ばかり書いていたので、すっかり記事アップが遅くなってしまいました。 
2月27日、28日は、小千谷市で 毎年恒例になった熱気球のイベント“風船一揆”が開催されるということで出掛けて来ました。
   
白銀の雪原にカラフルな熱気球が浮かぶ“小千谷風船一揆”は、春を呼ぶ風物詩。
日本を代表する熱気球大会「日本海カップクロスカントリー」を兼ねたこのイベントで、全国から約40機の熱気球が参加します。 

私たちが出掛けた初日(27日)我が家地方は朝から少し晴れ間も見られ、青空のなか気球の飛ぶ姿が見られるかも。。。と会場に向かいました。しかし、こちらは生憎雲が覆った暗い空色のままでした。

見に来るのも初めてのこと。。。
気球が上がる予定時刻には、まだまだ時間があるので、車を降りてすぐ目に入った、イベント会場の気球目掛け歩いて来てみました。



会場内の小高くなった場所には、すでにカメラの三脚が幾つも並び、カメラマンの場所取りがされていました。(きっと、ここからも気球の飛ぶ様子が見えるんだな~!)


見渡すと、イベント会場内にはカラフルな雪像が出来ていました。


その雪像の前に出来てる列は、“スノートレイン”を待つ列でした。


カーブに来ると、遠心力で結構振られ、乗っている子供たちの歓声が聞こえます。
それをじっと見ていたちび「私も乗りたい!」って。^_^;


乗りたいというなら仕方ない!乗車券を購入し、3人で列に並びました。


先頭だったので、カーブでも思うほど振られはしなかったのですが、とにかく雪が掛かるぅ~~~。

下の雪が凸凹のところに来ると、お肉いっぱいのお尻なのに響く~~~。
でも楽しかったです♪ 
動画のなか、何度も「落下傘が~」って言ってるけど、これ、落下傘でもパラシュートでもなくパラグライダーが正解でした。m(_ _)m
全く。。。いつの時代の人なんでしょ⁉って、年がバレちゃいますね。

スノートレインで楽しかったあとは、会場内を見てまわることに。
ずっとドラえもん気球のお尻しか見えないので、ドラえもんの顔を見に行こう。。。と歩き出しました。


会場のコーナー部分まで来ると、小千谷の闘牛が2頭来ていました。

県内には小千谷に山古志に。。。と、闘牛が見られる場所がありますが、私はまだ一度も見たことがないんです。
こんなに間近で、闘牛の牛さんが見られるとは!

こちらは “牛太郎”

   
もう1頭は “清松号”


隣に立って記念写真を写したくても、清松号はヨダレも凄いし鼻息も荒い!
目も、ギョロギョロと辺りを見回す感じで、ちょっと怖かったです。      


そっと背後から回り、牛の側を離れようと思ったら、ちょうど関係者が、牛太郎の毛をブラッシングしてるところに遭遇しました。


「それ、牛用のブラシなんですか?!」と声をかけてみると、いろいろとお話を聞くことが出来ました。

今は毛が抜け始める頃で、抜け毛もフケも多くて汚い時期だと仰ってました。
全部夏毛になってしまうと、もっと綺麗になるんだよ。。。と。(オリも、現在は同じ状態ですね。) 

2頭の大きさも全く違うし、一見して性格が違うのが分かります。
「この子は大人しい子なんですね。」と聞いてみると
この性格だから、1勝も出来ないんだ。。。と仰っていました。 
闘牛として生まれてきて、こんなに立派な角があっても優しい性格が災いして、ちょっと気の毒。。。
大きく膨らんだお腹もカチカチのアスリート体系で、この優しい性格の闘牛、たくさん触らせてもらいました。

次第にお天気が良くなり、随分日が差すようになって来ました。
やはり、青空に気球がよく似合う!!

ちび。。。今度は気球に乗りたいと言っています。


旦那が「俺は無理。。。」というので、「んじゃ、私が!」と券を2枚購入。


ドラえもんは人気があって待ち時間も長いので、別の気球に並びました。
ドラえもんに乗ったら、ドラえもん見えなくなっちゃうしね。

それでも、実際に乗るまで20分くらい待ちました。


太陽が眩しくて、照り返しも強いので、私は帽子被って待っていました。


一勢に乗客が降りちゃうと、軽くなった気球が上がってしまうので、乗客の交代も2人くらいずつ。。。   


「では、いってきま~~~す!」


無事に離陸したようです。。。
私はバーナーの真下付近に乗っていたので、燃やすたびに頭が熱い!また帽子被りました。


隣にドラえもんを見ながらの頃。。。


お天気も良くなって、いい眺めでしたよ~!


バーナーの音はかなりしますけど、上がる時も降りる時も、エレベーターより振動も無く、スムーズで楽しかったです。
ここでしか出来ない、貴重な体験でした。


熱気球から降りてくると、ちょうど2時になり花火が鳴りました。
別会場から気球が上がる合図だな。。。と思いましたが、遊びにはまってまだここにいるので、この辺から見えるだけで我慢しようと思いました。
   
丁度、会場内の一角では小千谷ちぢみの“雪晒し”の実演が始まったところでした。


この“雪晒し”をすることで 白地がより白く、綺麗になるそうです。
※強い紫外線が、融けた雪から出る水蒸気に当たることで、光化学反応によりオゾンが発生し、そのオゾンの効果によって布地が白くなるという原理だそうです。

実演者。。。 足には「かんじき」を履いています。


すっかり遊びに夢中で、お昼がまだでした。
会場内には出店がたくさんあったので、この日はここでお昼にしました。

私の目にとまったのは、川口やな場から出店のこのお店。 
昨年夏、ちびを連れて行ったら喜ぶだろうな。。。と思いながらもお城巡りばかりで、すっかり時期を逃してしまった場所です。   


真冬の鮎だから、きっと冷凍ものだと思いますが、炭火で焼かれて美味しそう~♪
鮎の手前で一緒に焼かれてるのは、かじか酒用のかじかだと思います。   

鮎は、身に甘みがあって、凄く美味しかったです。

これが、やな場で自分で掴み取りした鮎でそのまま炭火焼だったら、さらに!さらに美味しいのかも知れないですね。
今年は行ってみたいな~!

 
あとは、郷土料理の “のっぺ汁”  
鮭がたっぷり入って、これも温まって凄く美味しかった~♪
ちびは、蕎麦打ち体験が出来る。。。という金倉蕎麦道場出店の“けんちん蕎麦”を
 

旦那は、小千谷蕎麦の “かき揚げ蕎麦” でした。  
 

何処に行っても麺類があると食べてるこの2人。。。
やはり似たもの親子ですよね。 ^_^;
同じ布海苔使用の小千谷の蕎麦なのに、見た感じが違うのも面白い。

はて⁉お腹はいっぱいになったけど、肝心の熱気球があがった気配がない。。。
あんなにたくさん陣取っていたカメラマン席も半数以上が空になっていました。
   
あとで知ったのですが、この日の午前、午後ともに予定されていた熱気球のフライトは中止になったそうです。
午前中は結構霧も出ていたので納得ですが、午後からも。。。とは、私が体験気球に乗った時間、あんなにいいお天気だったのに。
思う以上にデリケートな乗り物だっていうことなんですね。
次回へつづく。。。
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※