attention admin about comments trackbacks you may also like

ひこざぇん。。。って何?

2008年11月18日
美味しいもの
-
八木ヶ鼻登山を終えると、時刻はすでに午後1時を回っていました。
時間的なものと、無事に下山出来た安堵から一気にお腹が空いて来て。(グゥゥゥ~~~!)
このまま家に戻ると、2時過ぎには何かに有りつけるかな?!と思いましたが、それまでちびが持たないかも。。。
来る途中で見掛けた道の駅で、何かつまめる物を物色してから帰ろう!という事になりました。


道の駅もいろいろで。。。いざ下田の道の駅内に入ってみると、ここには食堂があるだけ。
その食堂の片隅で、この地域の特産物が少し売られている感じでした。

特産物。。。と言っても、地元で採れた野菜が殆ど。。。当てにしていた、すぐ食べられそうなものは置いていませんでした。
なら、食堂で何か食べる?

メニューを見てみると、ラーメンやお蕎麦と一緒にコシヒカリ定食があったり。。。
米どころだしな!と思っていると、聞き慣れない「ひこざぇん定食」の文字に目が釘付け。

旦那に聞いても「知らない!」と言うし。。。これは是非食べてみないと!

待つことしばし。。。これがひこざぇん定食です。
お出掛け写真

ひこざぇんは、この五平餅のようなものを指します。

この他に 
* 煮物(車麩・里芋・人参・牛蒡・ぜんまい・ブロッコリー・舞茸・油揚げ etc...)* お味噌汁  * 大根の酢の物  * 香の物  * 水菓子(梨・柿)

初めて食べたひこざぇんは、つぶされたモチモチのお米の食感にエゴマ味噌が香ばしくて、程よい甘さを感じました。
煮物に使われている車麩は、新潟では有名な特産物。。。大事なタンパク源を含む、昔の保存食でもあったと思います。
季節の野菜を使って作るので、時期が違うと煮物や付け合わせの野菜も変わるようです。

どれも、味付けが上品で美味しかった~♪
普段、外出先では小食になる私ですが、久し振りに定食完食しましたもん!!!

   
お腹が満たされたところで、ちょっと『ひこざぇん』の勉強です! φ(..)

※ひこざぇんという食べ物。。。
古くはマタギや炭焼きの携帯食として重宝された食べ物だそうです。 板状のくしに張り付けたご飯にエゴマみそを塗り、炭火で軽く焦げ目が付くぐらいに焼いて食べる。秋の収穫祝いや帰省した家族を迎えるときなど、この地域の山間部でごちそうとして作られてきた食べ物なのだそうです。

※このユニークな名の由来は。。。
「ひこざえもん」という人が、山へ狩りや炭焼きなどに出かけた際の携帯食として作ったことが由来。ひこざえもんが徐々に略され、「ひこざぇん」と呼ばれるようになったという説があります。

【作り方】
  1. うるち米を固めに炊く。
  2. 炊き上がったご飯をすりこ木棒で押しひねるようにしてつぶしていく。
  3. 次に、板のくしに草履形に張り付けていく。(昔のひこざぇん1本には、米が2~3合は使われていてすごく大きかったそうですが、最近のは程よく食べられるように、使われるご飯の量も加減して作られているそうですよ。) 
  4. くしに成形したら、炭火で軽く焦げ目がつく程度に焼く。   
  5. ご飯の準備と並行してエゴマみそを作る。
  6. エゴマを炒ってすり鉢でつぶし、みそ、酒、みりん、砂糖などを加えてよく練る。
  7. このエゴマみそをご飯にまんべんなく塗り、もう一度焼く。
  8. 軽く焦げ目が付いたら出来上がり。

こんなに近くに居ながら私は全く知らなかった食べ物でしたが、ひこざぇんは深い山里で親しまれているふるさとの郷土食だったんですね。^ー^


勉強したら脳が疲れました。。。
ちょっと休憩して、甘いおやつとコーヒーでも飲んで回復しましょう!


この日は本当によく食べました。
山登りでお腹が空いていた事はもちろん、先に食べたご飯がいい味付けで、しかも、すべてがお母さんたちの手作りだったのが何より嬉しくて、メニューで気になった「スイートポテトセット」まで追加注文です~♪(先日の『焼きりんご』みたいに食べなかった(食べられなかった)事で後々まで後悔したくないし。。。)

さつまいもと、紫芋で作られた2種類のスイートポテトが楽しめます。  
甘さも上品で、お芋の甘さそのままに作れていました。
   
   
あとで調べて分かったのですが、ここは地元のJA関係の元気なご婦人8人で運営されているそうで、食材の野菜は、きっと各農家で作られたものを使ってるのでは!?と思いました。
生産に関わった人が調理するから、食材の味を生かす調理がされ、客の「美味しかったよ!」の顔と声が実際に生産者に届く。。。こういう姿って、流通の理想ですよね。
   
注文したものはすべて食べ終えたのですが。。。
最後に飲んだコーヒーの味があまりにまろやかで!このコーヒーは『千年悠水を使用しています。。。』と。

千年悠水って何!?
どこに湧いてるの?
さらなる疑問を抱いてしまった私。。。さて、このあとは何処へ。

あぁ~~~、だんだんお家が遠くなるぅ~~~
明日へ続く。。。

農家レストラン 庭月庵悟空 (道の駅 漢学の里しただ内)
住所:三条市庭月451-1
営業時間:10:00~16:00
定休日:4月~12月までの期間を除く月曜日 / 年末年始
駐車場:完備
関連する記事
そふぃあ
Posted by そふぃあ
最後までお読みいただきありがとうございます。
※撮影した写真の著作権は放棄しておりません
画像のお持ち帰りは固くお断りしております※